美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.05.31

作成:2017.05.30

ネイリスト

大胆なデザインが楽しめるアクリリックネイルとは?

アクリリックネイルとは?

アクリリックネイルとは、爪の長さを出すためにつける人工爪のこと。アクリルリキッドとアクリルパウダーを混ぜ合わせたものが自然に固まる「重合反応」を利用して、長く美しい爪を人工的につくります。この技術を「スカルプチュア」というため、アクリリックネイルはスカルプチュアネイルと呼ばれることも。すでに形作られた人工爪を貼り付けるつけ爪とは違って、自爪にフィットする人工爪を自由に作れるところが魅力です。

アクリリックネイルの特徴

ネイル

 

アクリリックネイルは、自爪を伸ばしたい人や3Dネイルなど凝ったデザインのネイルを楽しみたい人にぴったり。そんなアクリリックネイルの特徴を詳しく見ていきましょう。

長さも形も思いのままにつくれる人工爪

アクリリックネイルは、アクリルリキッドとアクリルパウダーを混ぜ合わせた「ミクスチュア」を使って人工爪をつくっていきます。

ミクスチュアを何度も塗り重ねて自由に長さと厚みを作ることができ、またミクスチュアで立体的な3Dアートも作れます。ミクスチュアは始めのうちはクリーム状ですが、時間が経つと自然に固まるのが特徴。早めに形成しいと不格好のまま固まってしまうので注意しましょう!

アクリリックネイルの注意点

定期的なお手入れが不可欠

アクリリックネイルをつければ、自爪では表現できない大胆なネイルアートを楽しむことができます。しかし、アクリリックネイルには定期的なメンテナンスが欠かせません。もしネイルが自爪から浮いてしまった状態で放置すると、自爪と人工爪の隙間に水分が入りこんでカビが繁殖し、グリーンネイルと呼ばれる症状が現れることも。その名の通り爪が緑色に染まってしまい、激しい痛みを覚えます。そうならないためにも、メンテナンスはしっかり行うようにしてくださいね。

自爪へのダメージが大きい

アクリリックネイルは爪に対する負担が大きいのもデメリットです。ネイルが長持ちするように、あらかじめファイル(爪やすり)で自爪を削るので、だんだんと爪が薄くなってしまいます。また、アクリリックネイルをオフするときに使われるリムーバーは「アセトン」という刺激の強い溶剤。地肌につくと肌荒れや乾燥肌の原因になります。

爪がネイルに耐えられるかどうかネイリストに確認をしてもらってから、アクリリックネイルをつけてもらう方がより安全に楽しめます。一度つけたネイルが浮いてしまっても無理にはがしたりせずに、必ずネイルサロンで見てもらうようにしてくださいね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。