美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.06.01

ネイリスト

フットネイルに必要な物とは?

フットネイル

 

フットネイルに必要な物を集めよう!

足のネイル

 

フットネイルを行う時にどのようなアイテムが必要なのかをまとめてみました。どれも安価で手に入るものばかりなので、ぜひ揃えてみてくださいね。

トゥセパレーター

フットネイルを行うときの定番アイテム。足の指と指を広げて固定しておくことができ、指どうしが触れないようにしてくれます。プラスチックタイプやシリコンタイプなど、素材や形はさまざま。ペディキュアのときだけでなく、冷え性やむくみ改善としても利用できるそうですよ。

マニキュア

フットネイルもハンドネイルも同じマニキュアを使用できます。やりたいデザインに合わせてカラーを集めてみて。

ベースコート、トップコート

色持ちを良くするために欠かせないのがこのふたつ。ベースコートには自爪の色素沈着ダメージを防いで長持ちさせる効果が、トップコートには仕上げのツヤ出し効果があります。特にフットネイルはハンドネイルと違って放置しがちになってしまうため、必ず用意しておきましょう。

除光液

マニキュアを落とすときに使用します。爪のダメージとなるアセトンが含まれているものが主流ですが、最近ではノンアセトンの除光液も発売されていますよ。

ネイルパーツ

ラインストーン・スタッズ・シールなど、好みのネイルパーツを使うとデザインの幅が広がります。シーズンごとに発売されるデザインが変わるので、こまめにチェックしましょう。化粧品コーナーや100均で購入できますよ。

ネイルアート用の筆

細かいデザインを描くときに必要な筆。「マニキュアについている筆だと大きすぎる…」というときに使用してくださいね。

コットン、オレンジスティック(つまようじ)

はみ出したマニキュアをオフしたり、ネイルパーツをつけたりと色々な用途があります。必ずあった方が良いというわけではありませんが、あったらとても便利。買い揃えていても損はありませんよ。

こんなものも?フットネイルに使える意外なアイテム

上記の定番アイテムの他にも、意外なアイテムがフットネイルに使えます。試しに使ってみてはいかがでしょうか?

墨汁

習字をするときの必需品・墨汁。意外にもネイルアートに使えると評判です。墨汁はすぐ乾く性質があり、トップコートを塗ってもにじまないのだそう。マニキュアの粘度が気になってうまくラインを描けない方は使ってみては?

折り紙

折り紙を使ったネイルアートを楽しむ人が増えているといいます。やり方は、オーロラタイプの折り紙を三角に切って乗せるだけ。100均でも手に入るお手頃さが嬉しいですね。

必要な物を集めてフットネイルを始めよう

いかがでしたか?簡単に手に入るもので始められるので、今すぐにでもできそうですね!「パンプスや靴で隠れて見えないから…」と言わず、フットネイルにトライしてみましょう!

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。