美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.06.14

作成:2017.06.13

ネイリスト

ネイルの常識を覆す!剥がせるネイルとは?


剥がせるネイルとは


「サロンに行くと、ネイルオフだけでお金や時間がかかるから…」「セルフネイルだと、定期的に落とすのが面倒」というそこのアナタに朗報です!今話題の剥がせるネイルをご存知ですか?

「ネイルを塗るまでは楽しいけど、落とす手間はキライ…」「仕事上、平日は派手なネイルができないのが悩み」という人にももってこいのアイテムです。除光液代も要らないから、コスパもいいんですよ。

気になる“剥がせるネイル”の特徴と使い方について、チェックしていきましょう。

剥がせるネイルの特徴と使い方


剥がせるネイルは別名「ピールオフネイル」とも呼ばれています。その名の通り、皮のようにぺらっと剥がれるネイルです。剥がす時は水やぬるま湯に軽くつける、もしくは端の方から爪で擦るとペロンとめくれます。刺激の強い除光液を使わなくてもオフできるので、爪へのダメージも少ないのが嬉しいポイント。とくに、ぬるま湯で落とせるタイプの剥がせるネイルは、透明感のある物が多く、女の子らしい指元に仕上げられますよ。また、ネイル独特の刺激臭がないのも特徴です。匂いが苦手でネイルを避けていた人にもおすすめしたいアイテムですね。

最近では「剥がせるジェルネイル」も登場しています。通常のジェルネイルのように、UV・LEDライトを当てて硬化するのですが、なんと端を掴んで引っ張るだけでするっと剥がせちゃうんです。ジェルネイルは、剥がす際に自爪を傷つけてしまったり、爪が薄くなったりという難点があるため、その負担を軽減できるのは嬉しいですよね。

また、剥がせるネイルには、通常だとネイルオフが大変なラメ・グリッタータイプも登場しているから見逃せません。除光液を使ってオフする際、拭っても拭ってもなかなか落ちないラメ・グリッターネイル。しまいには、落としたラメが手についてしまい、洗ってもなかなか落ちなくてうんざり…なんて経験あるのではないでしょうか?剥がせるネイルなら、そんなラメ・グリッターネイルでもツルンと剥がせちゃうから、オフの心配はナシ。思う存分、ラメの重ね塗りを楽しめちゃいますよ。

もし、剥がれやすいと感じる場合には、塗った後に部分的に傷をつけて補強すると◎。傷をつけると言っても、上から押さえ込むようなイメージです。剥がれやすい部分は、面積の広い「親指の爪の根元」と各指の「爪先端」。小さな爪の人なら、もともと剥がれにくいため補強せずとも大丈夫でしょう。

休日限定ネイル

毎日仕事で忙しく、効率的におしゃれを楽しみたい!と考えている人にぜひ取り入れていただきたい「剥がせるネイル」。

「休日ぐらいは好きなようにおしゃれを楽しみたい!でも、たった1日・2日だけのネイルを月曜の朝にオフすることを考えると…」と思っているなら、コレを使わない手はありません!しかも、剥がせるネイルには爪をケアする効果もアリ。セルフネイルとケアを同時進行できるなんて、効率バッチリですよね。

ただし、長保ちしない剥がせるネイルは、2~3週間同じデザインのネイルを楽しみたいという人には不向きです。長くても、爪が伸び始めるまでの1~2週間ほどしか保ちません。あくまで短期間、手軽にネイルを楽しみたいという人向けです。保ちをよくする方法もあるのですが、そうすると一発で綺麗に剥がれなくなってしまうため、あくまで短期間ネイルとしての活用をおすすめします。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。