美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.08.08

作成:2017.08.04

ネイリスト

派手すぎ!を防ぐための上手な引き算ネイルのコツ

“引き算する”とは

ファッションにおいて、引き算ができるものはおしゃれ上級者といわれています。では、“引き算”とはどういうことなのでしょうか?それは、シンプルでバランスがいいことを指します。流行しているもの同士をただ組み合わせても、ごちゃごちゃしてしまい、おしゃれとはいうことができません。ボリューム感のあるトップスに対して、ボトムは細身のものを、派手なスカートには無地のTシャツなど、まとまりのよさが“引き算”のキーポイント。これをネイルで考えたものを、引き算ネイルといいます。

引き算ネイルを失敗しないためのポイント

イメージ画像の通りにデザインする

ネイルサロンに行くと見本やデザインが豊富にあり、いつの間にかプラスでパーツや色味を追加して、仕上がりが本来イメージするものと違うことも。見本として出ているネイルは、デザインが確立しているので、自分であれこれアレンジするよりも、サロンがおすすめする通りにやると失敗することはありません。

色味を抑える

シンプルなネイルをする場合は、色味を抑えることでまとまり感を出すことができます。基本的に引き算ネイルでは、濃い色同士の組み合わせはNG。一つ濃い色を選んだら、あとはベージュやグレー、ホワイト、ブラックなどどの色でも合う色をチョイスするとまとまり感が生まれるでしょう。

手持ちの洋服との組み合わせを考える

自分の手持ちの洋服、「すべて」に合うネイルとは?を考えてみましょう。流行の服や、柄の入っている服など、すべてに合わせるためにはシンプルなネイルにしなければならないという結論に至るはずです。

もっときれいに仕上げるために!引き算ネイルのポイント

引き算ネイルを上手に仕上げるためのポイントを紹介しています。

パーツは1点に集中

ネイルにはいろんなパーツがあり、どれも可愛いものばかり。しかし可愛いからと言ってパーツを盛り込みすぎてはいけません。引き算ネイルを上手く仕上げるには、使用するパーツは1点に集中しましょう。おすすめは大きめのラインストーンやメタルパーツなど。

ワンカラーがベター

一度にいろんなカラーが楽しめるマーブルは華やかに見えますが、全て同じ柄にすると派手に見えすぎることがあります。カラーの派手さを防ぐためには、10本のうち、6割をシンプルなワンカラーにすること。カラフルカラーを楽しみながら、まとまりのある落ち着いた印象を与えてくれます。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。