美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.08.25

作成:2017.08.24

ネイリスト

お役立ちネイルアイテム!液体マステとは?

液体マステとは?

液体マステとは、その名の通りマスキングテープの役割をする液体のこと。マスキングテープは、ネイルアートをする際のお役立ちアイテムとして有名ですが、細かくカットして使うのは手間になります。それを解決してくれるのが「液体マステ」です。液体なので、爪の隙間や甘皮まで塗りやすく、マニキュアがはみ出すのをしっかり防いでくれる優れもの!

ここでは、液体マステの使い方を詳しく紹介していきますね。

液体マステの活用法

「液体」を活かして自由なラインを引き放題!

液体なので、真っ直ぐなラインだけでなく、曲線も引きやすい液体マステ。その性質を活かして、マスキングテープを切らなくても好きな柄のネイルができます。

まず、液体マステで好きな柄を爪に描きましょう。コツは、ひと続きの模様を指まではみ出すように描くこと。液体マステが乾いたら、上からカラーマニキュアを塗ります。マニキュアが乾いたら、指まではみ出すように描いた液体マステを引っ張って剥がしましょう。

あまり細かい柄だとマニキュアの粘度のほうが勝ってしまい、上手く剥がれないことも。太めの曲線やスカルプを描くのが初心者にはおすすめです。

上手く剥がれなかった人は、粘度の低いマニキュアを使ってトライしてみてください。

お気に入りのマニキュアが「剥がせるマニキュア」に大変身!

液体マステは、塗った後1か所を引っ張るだけで剥がれます。その性質を活かせば、普通のマニキュアが「剥がせるマニキュア」に大変身するんです!

活用方法はとっても簡単。マニキュアを塗る前に液体マステを塗るだけ。乾いたら、上から好きなカラーマニキュアを塗ります。除光液を使わなくていいので、爪に与えるダメージも大きく軽減!

普段は仕事で派手なネイルができないけれど、休日だけ遊び心があるネイルにしたい!という人にもおすすめの活用方法ですよ。お試し感覚でやりたいネイルデザインを、液体マステを使ってトライしてみては?

ネイル向きの液体マステはどれ?

液体マステがネイルアイテムとして使われるようになったのは、ここ最近の話。もともとは、プラモデルを塗装する際のカバー液で使用されていました。

液体マステの種類は「ゴム系」と「非ゴム系」に分かれます。ゴム系の液体マステのほうが剥がしやすいので、ネイルに使用する際はゴム系の液体マステを選びましょう。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。