美容スペシャリストな自分になるために

2017年5月1日更新

特集

「ビックリするぐらい声かけられた!」“大和なでしこ”が大好きな国は意外と多い!

女性の皆さんはこれまでの人生で“モテ期”を経験したことはありますか?「1度もない。そんなの迷信」「一度でいいからモテてみたい!」という人は、日本でなく海外に目を向けてみるといいかも。日本人女性がやたらとモテる国があるようですよ。

街を歩いているだけで声をかけられるイタリア

陽気で社交的な人の多いイタリアで日本人女性はモテモテ。そもそもイタリアは「綺麗な女性を見かけたら声をかけないと失礼」というスピリットがあるほどのナンパ大国で、特に日本人女性は好まれるみたい。イタリアは大柄な女性が多いのに対して、日本人は小柄で童顔な人が多いため「可愛らしい」と思うようです。またイタリアの女性は、男性に対して意見を言ったり「あれをして」と頼むなど気が強い人が多いのですが、日本人は控えめで大人しい“大和なでしこ”というイメージがあるためつい声をかけたくなってしまうとか。ネット上には「ビックリするぐらい声かけられた! モテるってこういう気分か~」「イタリア人の男性に和服のウケがめちゃくちゃ良かった」といった声も上がっています。
 
ただ日本人女性は流されやすく、「声をかければすぐについてくる」と思われている節もあるので、アプローチされてもしっかり自分の意思を持って対応してくださいね。

親日国トルコでは超肉食系男子が猛アプローチ!

日本人に好意的な国民性で知られているトルコでは、抜群に日本人の女性がモテると言われています。トルコは色黒の女性が多いのですが、色白で小柄な女性がタイプだという人が多いそうで、特別に美人でなくても、標準的なスタイルであればモテモテ体験ができるとか。
 
トルコ人男性のアプローチはかなり積極的で、親切にしたり甘い言葉を囁いたりとあの手この手で距離を縮めようとします。ただハグやキス、ボディタッチなどのスキンシップが激しく、女性がはっきりと拒否をしないとエスカレートしてしまうので注意しましょう。

金の切れ目が縁の切れ目!? インドネシアでのモテ事情

インドネシアは「色白」「黒髪」「小柄」な女性を魅力的に感じる男性が多いようで、日本人女性はドストライク。特にバリ島では日本人女性に声をかける男性が多く、旅行で訪れた女性たちはかなり“モテ気分”を満喫しているみたい。SNS上には「人にはモテる国が1つはあるっていうけど、インドネシアだったんだ!」「こんなにモテモテならバリに引っ越してしまおうかしらwww」といった声も。
 
ただ、バリ島でモテる理由としては日本人に対して“お金持ち”というイメージを持っていることも上げられます。観光で訪れる人が多いうえ、バリ島は物価が安いのでたくさんお金を使うことが原因みたい。お金を持っていないとすぐ離れていくというシビアな面もあるので、あまり本気にしない方が吉かも?
 
他にもイギリスや韓国など日本人女性がモテやすい国があるので、たまには足を伸ばしてひととき夢のような気分を味わってみては?