美容スペシャリストな自分になるために

2016年9月24日更新

特集

男性経験ゼロ・モテない・喋れない・あか抜けない…そんな「喪女」を抜け出す秘策とは!


 モテない女、略して「喪女」。“喪”なんてなんだか暗い漢字をあてられてしまうことからも分かる通り、「喪女」は男性経験がほとんどないだけじゃなく、ネガティブだったり自虐的だったりするのが特徴だ。見た目も何となくあか抜けていなくて、パッとしない…そんな喪女から見事に脱出した先輩たちは、どんなテクニックを使ったのだろうか?
 
 まず大事なことは、なによりオシャレをすること。なかでも髪を染めたり、髪型を変えたことがきっかけで喪女を抜け出したという人が多いようだ。今だって髪も染めてるし、美容室でちゃんとカットしてもらっているという人でも、なぜかあか抜けないという人は多いはず。オシャレとされている髪型をしていたって、大事なのは似合うか似合わないか。
 
「喪女は自分とずれてる理想を追いかけがち」「憧れの髪型にしても、結局似合う髪型にはかなわなかった」という声もあるように、一度美容師さんにおまかせしてみて、いつもの自分とは違う髪型にチャレンジしてみてもいいのでは!?
 
 続いて聞かれたのが、「パステルカラーを身にまといすぎ」「ミリタリーすぎもフリフリもNG」という声。こちらもやっぱり自分の好みや理想にこだわり過ぎて、ちょっとズレた格好になってしまっているというパターンがよくあるみたい。「服と顔がずれてる人って、喪女の確立高いよね」「喪女は顔が浮いてることあるんだよね」という指摘もあるように、フリルやレースの沢山ついた服をどうしても着たい人は、メイクや髪型もきちんと合わせなきゃダメ。
 
 内面や行動では、はきはきと丁寧に話すことが大事。とはいえ、いきなり喋りはハードルが高いという人は、聞き方を工夫してみよう。「そうなんですか!?」「すごーい!」などよくある“モテテク”のようだけど、それで相手が気持ちよく喋ってくれるならしめたもの。喪女のなかにはいろんな知識もあってこだわりも強い人が多い分、会話をしていても「そんなこととっくに知ってるんだが…」とそっけないリアクションをしてしまいがち。そこをぐっとこらえて大袈裟な反応をしてみれば、意外とすんなり会話が弾むはず。
 
 他にも、「積極的に合コンに飛び込んでみる」「外に出て男性と関わるところから!」という助言もあるが、はじめてのステップにしてはこちらもハードル高すぎなので、まずはできそうなことからコツコツと積み上げていってみよう。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント