美容スペシャリストな自分になるために

2016年4月29日更新

特集

ばっちりきまった髪型であなたもイケメン!? 顔の形から似合うヘアスタイルを知ろう


初対面の人と会った時や街中でふと目に留まった人を見る時、いちばん最初に見てしまうのは、やはり顔や髪型ですよね。女性ならメイクなどで顔の雰囲気を変えることができますが、男性には難しいので、手っ取り早く髪型を一新してみましょう。ヘアスタイルを変えるには、自分の顔の“形”を知ることが大事。まずは鏡とにらめっこ。自分がどのタイプに入るのかチェックして、自分に似合うヘアスタイルを探しましょう。

つるんとした卵顔

卵顔は、いちばん理想的な顔の形といえます。横にも縦にも広がりすぎず、ちょうど良いのが特徴です。どんな髪型も似合うので、やったことがない髪型でもじゃんじゃんチャレンジ! 新たな自分の魅力を発見できるかもしれませんよ。
 

ほっそりな面長顔

面長顔は縦に伸びた楕円形の形なので、トップにボリュームを持たせたり、ツーブロックにしてサイドをすっきりさせるような髪型はNG。パーマをかけるか、耳の横あたりに外ハネの髪の毛が見えるようにカットしてもらうのがオススメ。ワックスをつけて、髪の毛がある程度まとまって束のようになった状態を出すとバランスが良く見えます。
 

ふんわりイメージな丸顔

卵顔より少し横に広がっている丸顔の男性は、やわらかい印象を与えますが、それが子どもっぽく見えてしまうことも。縦長感を演出するために、トップを長めに持ち上げる髪型にしてみましょう。また、ツーブロックを入れてサイドのボリュームを落とすのもひとつの手ですよ。
 

がっちりしているベース顔

アゴのラインがくっきりと出ているベース顔のひとは、少し硬質な印象を与えてしまいがち。おでこをすっきりと出すカットで、目線が上に行くようにするとエラがカバーできます。そこにパーマをかけて、顔まわりにゆるやかなラインを作り出せばさらに良し。アゴのラインよりも長めにするとエラが強調されてしまうので、気をつけましょう。
 

シャープですっきりな逆三角顔

現代人に多いと言われる逆三角顔の人は、アゴが細く、耳の少し上のハチマキをまく部分のハチが張っています。繊細なイメージであるがゆえに、輪郭を強調する髪型にしてしまうとキツイ印象を与えてしまうことに。なるべくハチ部分のボリュームをなくして、耳の下あたりに遊びの髪の毛を残すと良いですよ。ベリーショートよりも、少し長めのヘアスタイルがオススメ。
 

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント