美容スペシャリストな自分になるために

2016年11月7日更新

特集

リップメイクを長持ちさせるコツが満載! リップ落ちを防ぐ方法とは?


 女性らしさを際立たせたり、メイクの印象を大きく変えることができるリップメイク。メイクの要でもあるが、ベースメイクやアイメイクに比べて落ちやすいのが悩みどころ…。今回はそんなリップメイクを格段に長持ちさせるための方法やコツを紹介する。
 
 まずは落ちにくいリップメイクの下準備から。いきなりリップを塗るのではなく、リップ用の下地やリップクリームを使って唇を保湿することから始めよう。うるおいのある唇ほどリップと密着しやすくなるので、最初に保湿をしておくだけでもリップ持ちの良さを実感できるはず。普段からケアを行うことで唇のうるおいが高まるので、メイク以外の時にも唇のケアは欠かさないように。
 
 唇の準備ができたら、いよいよリップを塗っていこう。メイクカラーを目立たせるため必要以上にリップを塗る人もいるが、実は多く塗れば塗るほど落ちやすくなってしまうので、リップの量は少なめが基本。また、口紅の色が歯についてしまうという人は、唇の中までリップを塗ってしまっているのが原因なので、外から見える部分だけにとどめておこう。
 
 そして肝心の塗り方は、直塗りよりもリップブラシを使うのがオススメ。ブラシならリップラインをキレイに縁取ることができて、量も調節しやすい。さらに、リップを一通り塗ることができたら、ティッシュを口元に軽く当てて余分な口紅を取り除いておくのもポイント。ティッシュオフすることで油分も一緒に取り除くことができるので、リップがより定着しやすくなる。その後もう一度軽くリップを塗るか、グロスで仕上げれば完成だ。
 
 リップを正しく塗るだけでも効果抜群だが、つけた後の行動に気を付けることでより長持ちさせることができる。たとえば唇を舐めたり、上下の唇をすり合わせるという癖はリップが落ちやすくなってしまうので絶対に厳禁。また、ドリンクを飲む時はコップに直接口をつけるのではなくストローを使う、食べ物は細かくしてから口に入れるなど、唇への接触を極力抑えることでリップ落ちを防止することができる。普段の行動をちょっと変えるだけでも格段にリップが長持ちするようになるので、ぜひお試しあれ。
 
画像出典:Sara O’Malley / Red Lips (from Flickr, CC BY 2.0)

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント