美容スペシャリストな自分になるために

2016年11月8日更新

特集

ニキビだけどできるとうれしい「想われニキビ」、その本当の意味を知ってる?


 ニキビができた時、多くの人が「やってしまった…」と思うことだろう。だが、そんな時に「おでこのニキビは片思い」「眉間のニキビは失恋ニキビ」とニキビのできた場所で恋愛を占う「ニキビ占い」を思い出せば、元気を取り戻せるかもしれない。中でも、アゴにできる「想われニキビ」を見つけた際には、「誰かに好かれちゃってる!?」とテンションがあがる人も多いのではないだろうか。しかし悲しいことに、そんな想われニキビには実は別の原因があるのだ。
 
 そもそもニキビ占いとは、「想い、想われ、振り、振られ」の4つをそれぞれおでこ、アゴ、右頬、左頬に振り分けて、ニキビのできた場所で異性との関係を占うもの。いつから言われ始めたのかは不明だが、知っている人は多いだろう。4つの中でもとくに嬉しいのは、人から想われてできる想われニキビだが、その正式名称は「大人ニキビ」という。
 
 大人ニキビとはアゴ周辺にできるニキビのことで、その名の通り20歳以上の人にできやすいと言われている。不規則な生活やストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れや乾燥、新陳代謝の悪化などが原因で生じることが多く、鼻やおでこ、頬のニキビに比べて治りにくいことが特徴。つまりカラダが疲れていることを示すサインなのだ。誰かに想われているどころか、何とも悲しい理由でできるニキビだと言える。
 
 ちなみに、おでこにできる「想いニキビ」は、思春期にありがちな皮脂やホルモンバランスの乱れが原因。10代の頃に生じることが多く、おでこにニキビができる時期と異性を好きになりやすい甘酸っぱい青春時代が重なっているので、そういう意味ではニキビ占いもあながち間違ってはいないのだろう。
 
 想われニキビの正体が大人ニキビだと知って、今すぐに治したい! と思う人もいるだろう。だが大人ニキビは他の場所にできたニキビより治りにくく、ニキビ跡が残ったり、シミにもなりやすい。きちんと治すためには毎日の洗顔と保湿を徹底することが大切だ。また、普段の生活習慣を改善することはもちろん、ストレスを避けて生活することも有効。やっぱり自分が誰かから想われてる! と思って生きるポジティブさが重要なのかも。
 
画像出典:Marie-Claire Camp / Owen’s terrible baby acne (but he’s happy nonetheless) (from Flickr, CC BY 2.0)

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント