美容スペシャリストな自分になるために

2016年11月15日更新

特集

たったこれだけでデキる女に!? 私服を“制服”化するメリットとポイントとは!


 あなたは毎日仕事場にどんな服装で通っているだろうか。制服? それとも私服? 服装が自由という人のなかには、「今日はなにを着ていこう…」「この組み合わせは派手すぎるかな?」と出勤前に悩んでいる人も多いはず。そんな人は思い切って、自分が持っている服で“制服”を作ってみてはどうだろう?
 
 「私服から制服を作る」というのは、仕事に着用する服を決めておくということ。たとえば、襟付きのシャツやブラウスにスカートという組み合わせを決めて、それに合うアイテムをローテンションさせるという方法がある。仕事用の服や組み合わせを決めておくことで、毎日服のチョイスで悩む必要がなくなり、朝の支度時間を短縮することもできる。私服の制服化にはほかにもメリットがあるので、ひとつずつご紹介していこう。
 
 まずひとつ目は、余計なアイテムの処分ができるということ。仕事の時に着る服が決まっているので、着ない服が分かりやすくなる。あとは制服用の服以外のものから、私服として着ないものを処分していけばラクに断捨離ができる。クローゼットがスッキリするのと同時に、毎回似たようなものを買ってしまうという無駄遣いも減るので、お財布に優しいのが嬉しいところ。
 
 そしてふたつ目は、気持ちの切り替えができるということ。仕事をする時にいつも同じ服を着ていると、その状態にカラダが徐々に慣れていく。すると自然に、仕事用の服を着ると体がビジネスモードに切り替わるようになっていくのだ。
 
 節約にも仕事の効率を上げるためにも役立つ“私服の制服化”。実行する時のポイントは、職場の雰囲気に合わせて清潔感のあるファッションにすることだ。シャツやブラウス、カーディガン、タイトスカートやスーツパンツなどのオーソドックスなデザインなら流行に流されないので、比較的長期にわたって着ることができる。また、カラーもホワイトやベージュ、ブラック、グレーなどの落ち着いた色合いのアイテムを選べば、トップスとボトムスを組み合わせやすい。
 
 そして、カジュアルファッションでもOKという職場の人は、Tシャツやジーンズなどのラフな服装が動きやすいのでオススメ。制服とはいっても、何を着るかが自分の中で決まっていれば良いので、組み合わせは無限大だ。職場の雰囲気や仕事内容に合わせて、ぜひチャレンジしてみてほしい。
 
画像出典:Rubbermaid Products / Rubbermaid Homefree Series Closet Kit 3H11 (from Flickr, CC BY 2.0)

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント