美容スペシャリストな自分になるために

2016年7月4日更新

セラピスト

楽しく汗をかいてダイエット! ストレス解消にも最適なボクササイズ


楽しくダイエットができて、ストレス解消の効果も得られる…そんな夢のようなエクササイズがあるのを知っていますか? ボクササイズなら、汗を流して体を鍛えながら、日々のストレスを発散することもできるんです。
 
ボクササイズは無理のない運動をするエクササイズですが、運動量がとても多く、様々な効果が期待できます。ここではボクササイズとは一体どんなものなのか、どういう効果があるのか、また具体的な方法についてもご紹介します。

ボクササイズとは

ボクササイズとはボクシングのパンチの動きを取り入れた有酸素運動エクササイズのこと。ボクシングとは違って相手と戦うのではなく、音楽に合わせて体を動かすものです。ただ、基本的な動きはボクシングと同じなので、高い運動効果が得られて、体の引き締めや減量にも最適です。女性でも気軽に始められ、楽しさから長続きするのが魅力。また、特別な道具が必要なく、1畳ほどのスペースがあれば行えるというのもうれしいところですね。
 

ボクササイズで得られる効果

運動効果が高いボクササイズですが、具体的には体にどんな影響があるんでしょうか。スタイルキープやダイエット、心の健康など、その様々な効果を見ていきましょう。

脂肪燃焼

ボクササイズはジョギングやウォーキングなどと同じ有酸素運動。20分以上続けることによって脂肪の燃焼が始まります。音楽に合わせて行うため、走ったり歩いたりするよりもリズミカルで楽しく、長時間続けても苦になりません。また、様々な動きをするので飽きにくく、ダイエットは単調になりがちで苦手…という人にもうってつけです。

筋肉増強・体の引き締め

ボクササイズでは日頃あまり使わない筋肉が活きる動きをするため、体が引き締まります。筋肉がつくことでさらに脂肪燃焼の効率が上がり、美しいプロポーションを保つことができますよ。

体幹が鍛えられる

ボクササイズではパンチを前に向かって繰り出す動きをするため、体の中心に負荷がかかり、体幹を効果的に鍛えることができます。体幹とは頭部と四肢を除いた、人間の体の中心となる部分。体幹を鍛えることによって、姿勢や動きを美しいものにすることができるんです。

ストレス発散

普通に日常生活を送っているだけでも、色々とストレスが溜まってくるもの。ただ、ストレスが溜まったからといって人やモノに当たるわけにはいきません。ウォーキングやジョギングも気持ちいいですが、パンチを繰り返すボクササイズの動きは、ストレスを解消するのに最適です。
 

ボクササイズの具体的な方法

やり方さえ覚えてしまえば、ボクササイズはちょっとしたスペースや空き時間にも行うことができます。そこで、ここではボクササイズの基本的な構えや動き、こぶしの握り方などについてご紹介します。

基本の構え方

足を肩幅に開き、片足を後ろに40センチほど下げて半身の体勢になります。それから両腕を顔の高さに上げ、顎から鼻のあたりにこぶしが来るように保ちましょう。さらにヒザを軽く曲げて、重心を少し落とします。右利きの人は右足を後ろに下げ、右ヒジでわき腹をガードするようなイメージを持つと良いですよ。

こぶしの握り方

じゃんけんのグーの形とほぼ同じなのでとくに難しくはないのですが、親指の位置だけ気をつけてください。親指は人差し指の第二関節の上に乗せるのではなく、人差し指と中指の第二関節と第一関節の間に置くようにしましょう。

パンチ

ボクササイズにおけるパンチは基本となるジャブ、ストレート、フックの3種類を覚えておきましょう。ジャブは、速さがポイントのパンチ。右利きの人であれば基本の構えから左拳をまっすぐ前に突き出し、すばやく元の位置に戻すとジャブになります。また、ストレートは重みのあるパンチです。基本の構えから右拳を前に打ち出し、元の位置に素早く戻しましょう。早さよりも強いパンチを打つイメージで、体の回転を意識するといいですよ。フックは横からのパンチです。右フックなら右手を左斜め前に、左フックなら左手を右斜め前に出します。ヒジを曲げたままなのがポイントです。
 

注意するべきこと

ボクササイズをやっていると、次第に熱が入ってきて力任せにパンチをしそうになりますが、ヒジを傷める原因になるので、力を入れすぎないように注意しましょう。またハードな運動でもあるので、夢中になって長時間続けて行うと無酸素運動になって、体に負担がかかっていまいます。音楽1曲分で小休止を入れて、呼吸を整えるようにしましょう。

ボクササイズのできる場所

ボクササイズは一人でもできますが、もちろん専門家に正しい方法を教わりながら行うのも効果的です。どういったところでボクササイズができるのか、ご紹介します。

スポーツクラブ・トレーニングジム

様々なエクササイズを取り扱っているスポーツクラブや、運動器具の置いてあるトレーニングジムでボクササイズを教えている場合が多いです。インストラクターが分かりやすく教えてくれることや、大きな鏡の前で正しい姿勢を確かめながらできるのがメリットです。また大人数で音楽に合わせて体を動かすので、楽しく感じられます。

ボクシングジム

本格的なボクシングを行っているボクシングジムでも、ダイエット目的のボクササイズを行っているところがありますよ。減量や筋力トレーニングに精通している選手やトレーナーがいるため、本格的なトレーニング方法や食事方法も教えてもらうことができます。また、少人数で行っている場合が多いため、深いアドバイスをもらえるのもメリット。本気のダイエットを望んでいる人にはオススメです。
 


 
 
ボクササイズは音楽をかけて楽しく運動できる上、ストレス発散にもなるなど、メリットがたくさんあるとわかりましたね。やり方がいまいち掴めないという人は、見学や一日体験などを行っているジムもあるので、試しに覗いてみるのもいいかもしれません。

セラピストの関連求人

セラピストになるための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!