ブライダル業界の就活に役立つ!知っておきたい志望動機のポイント

ブライダル業界の就活に役立つ!知っておきたい志望動機のポイント

お二人の幸せの瞬間に立ち会うことのできるブライダル業界は、憧れの職業です。

そんなブライダル業界に転職したい!と思ったら、まず考えなくてはいけないのは志望動機。なんとなく憧れているから働きたい、だけでは採用してはもらえません。

今回は、ウエディングプランナーだけでなく、ヘアメイクやドレスコーディネーターなどの職種の志望動機も一緒に見ていきましょう。

採用担当者が志望動機を聞く理由

ブライダル業界では現在、大きく分けて挙式にお金をかける方とかけない方とで二極化しています。そうしたことを背景に、ブライダル業界では今、独自性や個性が求められてきています。当然、企業が採用したい人材にも独自性が求められる傾向にあります。したがって、採用担当者はその人の感性の豊かさや独自の考え方があるかどうかもみています。志望動機を聞かれた際は、あなたならではの経験や考えを交えて、アピールするようにしてみてください。

やってはいけない志望動機の答え方

NG例

「きっかけはいつも仕事ばかりで、髪や服装には気を使わない友人の結婚式でした。結婚式当日、今までに見たことのないほど素敵な友人の姿を見て、結婚式は女性が一番輝くと日だと実感しました。今後はお仕事を通じてそのお手伝いをしたいと思い、ブライダル業界を志望しました。」

 

この例文のNGなところは、自分の経験だけを語っている点です。これでは作文と同じ。ライバルと差をつけるためには、たとえばご友人の結婚式で感動したあと、何を学んできたか、また、それをどう活かしていきたいか、あるいは企業研究を通じてその会社のどこに共感したのかなど、一歩踏み込んだ内容を伝える必要があります。

職種別の志望動機

ブライダル業界といっても結婚式のプロデュースをするプランナーだけでなく、ヘアメイクやドレスコーディネーターのようにいくつかの職種に分かれています。

ブライダル業界の志望動機を、職種別にいくつか見ていきましょう。

ウエディングプランナーの志望動機

例文①アルバイトでの経験

御社で働くことで、お客様の「人生最高の1日」を創り出すお手伝いが出来ると感じるからです。学生時代に、結婚式場でサービススタッフのアルバイトをしていました。そこで幸せそうに微笑むお客様の姿や、感動で涙を流す親族の方の姿を見て、ブライダル業界を目指そうと決意しました。

 

御社は、ブライダル業界の中でも海外・国内挙式からハネムーン、ドレス、映像事業など、ブライダルに関するあらゆるサービスを多角的に展開しておられます。ここでなら、多様なお客様のニーズに応えることができ、「人生最高の1日」を過ごしていただくお手伝いが出来ると感じて志望いたしました。

例文②感動をプロデュースしたい

私は学生時代から人に喜んでもらうことを計画、実行するのが好きでした。友人の誕生会でのサプライズの企画や、学園祭の実行委員での取り組みなどを通じて、将来は人の感動をプロデュースする仕事に就きたいと考えるようになりました。就職活動を進める上で、説明会での社長の熱意やお言葉に心を打たれ、御社に興味を持ちました。会社見学の際にも、従業員の方々の心遣いや、アットホームな雰囲気に惹かれ、「この方々と一緒に働きたい」と強く思い、志望いたしました。

ドレスコーディネーターの志望動機

例文①豊富なプランがあるから

学生時代はホテルの宴会部門でアルバイトを経験しました。新郎新婦の幸せそうな笑顔を見るたび、自分もドレスを通して、この幸せの一部を作り出すことができたらと思うようになり、ドレスコーディネーターの道を目指すようになりました。私が御社を志望した理由は、何より御社がブライダル業界の中でも特別豊富なプランを用意しており、新郎新婦の心に寄り添った結婚式を挙げられると感じたからです。私が入社した際には、お客様にとって最高のドレスを選び、最高の一日を過ごしていただけるお手伝いがしたいと思い、志望いたしました。

例文②輝く瞬間に寄り添いたい

私がドレスコーディネーターの仕事に就きたいと思ったのは、女性が1番輝いて見える瞬間に寄り添うことができるお仕事だと思ったからです。お客様との関わりが深いという点から、相手の心に残る接客がしたいと感じ、志望しました。私が御社を志望した理由は、デザインや素材などこだわりのあるウエディングドレスと、スタッフの徹底したサービス精神から来る、質の高い接客や情熱に惹かれたからです。私も情熱を持って、お客様の夢のお手伝いをしたいと考え、志望いたしました。

ヘアメイクアーティストの志望動機

例文①美しくする技術に感動

中学生のころテレビでタレントさんやモデルさんを綺麗に変貌させるヘアメイクの仕事を見ていて、人を美しくするその技術に感動し、高校を卒業してからヘアメイクスクールに通いました。特に私の夢だったステージメイクに力を入れている点に惹かれ、御社を志望いたしました。

 

俳優さんやモデルさんの個性を引き立て、人をはっとさせる前衛的な美を追求したいと思っています。入社したら、一刻も早く即戦力になれるよう、先輩スタッフの方々から多くの知識とスキルを学んでいきたいと考えております。

例文②幸せの瞬間をサポートしたい

私が御社を志望する理由は、人生で最も輝くことができる幸せな日を、最高の美しさで迎えることができるようサポートしたいと考えたからです。特に、人生の中でも特別な日と位置づけられている結婚式のヘアメイクに挑戦し、より多くの方々の幸せな時間をさらに素晴らしい1日にしたいと考えています。結婚式では、式以外にも写真撮影があり、当日は記念撮影もたくさんあります。その日を一番納得のいく、最高に美しく見えるヘアメイクで臨むために、事前の打ち合わせをしっかりと行い、お客様の気持ちに寄り添えるようなヘアメイクになりたいと思っています。

 

御社は、洋装にも和装にも幅広く対応されており、様々な角度からお客様をより美しくさせるためのサービスを数多く行っています。私自身もよりお客様を美しくさせるため、あらゆる視点から提案を行いたいと考え、御社を志望いたしました。

ブライダルエステティシャンの志望動機

例文①キレイになるお手伝いをしたい

私が御社のエステで働きたいと思ったきっかけは、女性が綺麗になるお手伝いをしたいと考えたからです。私には姉がいるのですが、結婚式前に御社のブライダルエステを受けておりました。結婚式が近付くにつれてマリッジブルーになっていた姉は、御社に通うようになって笑顔が多くなり、ネガティブな言葉も少なくなりました。そのような姉の姿を見て、女性が綺麗になることは心のケアにもなるのだと感じました。私が御社に入社しましたら、晴れやかな気持ちで結婚式を挙げて頂けるよう貢献したいと考えております。

まとめ

今回はブライダル業界における職業別の志望動機について、例文を中心にみてきました。志望動機を答える上で大事なのは、あなたがどのような経緯で、何に関心を持ち、何を学び、今後はそれを会社の中でどのように活かしていきたいかなど、他の候補者にはない、あなたならではの回答です。こうしたポイントを押さえ、採用担当者にあなたの情熱をしっかり伝えていきましょう。

ブライダルになるための情報まとめ

お役立ちコンテンツ

就活講座

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
  • 岡山県
  • 広島県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州・沖縄
その他