ブライダル業界の就活に役立つ!知っておきたい志望動機のポイント

ブライダル業界の就活に役立つ!知っておきたい志望動機のポイント

お二人の幸せの瞬間に立ち会うことのできるブライダル業界は、憧れの職業です。

そんなブライダル業界に転職したい!と思ったら、まず考えなくてはいけないのは志望動機。なんとなく憧れているから働きたい、だけでは採用してはもらえません。

今回は、ウエディングプランナーだけでなく、ヘアメイクやドレスコーディネーターなどの職種の志望動機も一緒に見ていきましょう。

採用担当者が志望動機を聞く理由

ブライダル業界では現在、大きく分けて挙式にお金をかける方とかけない方とで二極化しています。そうしたことを背景に、ブライダル業界では今、独自性や個性が求められてきています。当然、企業が採用したい人材にも独自性が求められる傾向にあります。したがって、採用担当者はその人の感性の豊かさや独自の考え方があるかどうかもみています。志望動機を聞かれた際は、あなたならではの経験や考えを交えて、アピールするようにしてみてください。

やってはいけない志望動機の答え方

NG例

「きっかけはいつも仕事ばかりで、髪や服装には気を使わない友人の結婚式でした。結婚式当日、今までに見たことのないほど素敵な友人の姿を見て、結婚式は女性が一番輝くと日だと実感しました。今後はお仕事を通じてそのお手伝いをしたいと思い、ブライダル業界を志望しました。」

 

この例文のNGなところは、自分の経験だけを語っている点です。これでは作文と同じ。ライバルと差をつけるためには、たとえばご友人の結婚式で感動したあと、何を学んできたか、また、それをどう活かしていきたいか、あるいは企業研究を通じてその会社のどこに共感したのかなど、一歩踏み込んだ内容を伝える必要があります。

職種別の志望動機

ブライダル業界といっても結婚式のプロデュースをするプランナーだけでなく、ヘアメイクやドレスコーディネーターのようにいくつかの職種に分かれています。

ブライダル業界の志望動機を、職種別にいくつか見ていきましょう。

ウエディングプランナーの志望動機

例文①アルバイトでの経験

御社で働くことで、お客様の「人生最高の1日」を創り出すお手伝いが出来ると感じるからです。学生時代に、結婚式場でサービススタッフのアルバイトをしていました。そこで幸せそうに微笑むお客様の姿や、感動で涙を流す親族の方の姿を見て、ブライダル業界を目指そうと決意しました。

 

御社は、ブライダル業界の中でも海外・国内挙式からハネムーン、ドレス、映像事業など、ブライダルに関するあらゆるサービスを多角的に展開しておられます。ここでなら、多様なお客様のニーズに応えることができ、「人生最高の1日」を過ごしていただくお手伝いが出来ると感じて志望いたしました。

例文②感動をプロデュースしたい

私は学生時代から人に喜んでもらうことを計画、実行するのが好きでした。友人の誕生会でのサプライズの企画や、学園祭の実行委員での取り組みなどを通じて、将来は人の感動をプロデュースする仕事に就きたいと考えるようになりました。就職活動を進める上で、説明会での社長の熱意やお言葉に心を打たれ、御社に興味を持ちました。会社見学の際にも、従業員の方々の心遣いや、アットホームな雰囲気に惹かれ、「この方々と一緒に働きたい」と強く思い、志望いたしました。

ドレスコーディネーターの志望動機

例文①豊富なプランがあるから

学生時代はホテルの宴会部門でアルバイトを経験しました。新郎新婦の幸せそうな笑顔を見るたび、自分もドレスを通して、この幸せの一部を作り出すことができたらと思うようになり、ドレスコーディネーターの道を目指すようになりました。私が御社を志望した理由は、何より御社がブライダル業界の中でも特別豊富なプランを用意しており、新郎新婦の心に寄り添った結婚式を挙げられると感じたからです。私が入社した際には、お客様にとって最高のドレスを選び、最高の一日を過ごしていただけるお手伝いがしたいと思い、志望いたしました。

例文②輝く瞬間に寄り添いたい

私がドレスコーディネーターの仕事に就きたいと思ったのは、女性が1番輝いて見える瞬間に寄り添うことができるお仕事だと思ったからです。お客様との関わりが深いという点から、相手の心に残る接客がしたいと感じ、志望しました。私が御社を志望した理由は、デザインや素材などこだわりのあるウエディングドレスと、スタッフの徹底したサービス精神から来る、質の高い接客や情熱に惹かれたからです。私も情熱を持って、お客様の夢のお手伝いをしたいと考え、志望いたしました。

ヘアメイクアーティストの志望動機

例文①美しくする技術に感動

中学生のころテレビでタレントさんやモデルさんを綺麗に変貌させるヘアメイクの仕事を見ていて、人を美しくするその技術に感動し、高校を卒業してからヘアメイクスクールに通いました。特に私の夢だったステージメイクに力を入れている点に惹かれ、御社を志望いたしました。

 

俳優さんやモデルさんの個性を引き立て、人をはっとさせる前衛的な美を追求したいと思っています。入社したら、一刻も早く即戦力になれるよう、先輩スタッフの方々から多くの知識とスキルを学んでいきたいと考えております。

例文②幸せの瞬間をサポートしたい

私が御社を志望する理由は、人生で最も輝くことができる幸せな日を、最高の美しさで迎えることができるようサポートしたいと考えたからです。特に、人生の中でも特別な日と位置づけられている結婚式のヘアメイクに挑戦し、より多くの方々の幸せな時間をさらに素晴らしい1日にしたいと考えています。結婚式では、式以外にも写真撮影があり、当日は記念撮影もたくさんあります。その日を一番納得のいく、最高に美しく見えるヘアメイクで臨むために、事前の打ち合わせをしっかりと行い、お客様の気持ちに寄り添えるようなヘアメイクになりたいと思っています。

 

御社は、洋装にも和装にも幅広く対応されており、様々な角度からお客様をより美しくさせるためのサービスを数多く行っています。私自身もよりお客様を美しくさせるため、あらゆる視点から提案を行いたいと考え、御社を志望いたしました。

ブライダルエステティシャンの志望動機

例文①キレイになるお手伝いをしたい

私が御社のエステで働きたいと思ったきっかけは、女性が綺麗になるお手伝いをしたいと考えたからです。私には姉がいるのですが、結婚式前に御社のブライダルエステを受けておりました。結婚式が近付くにつれてマリッジブルーになっていた姉は、御社に通うようになって笑顔が多くなり、ネガティブな言葉も少なくなりました。そのような姉の姿を見て、女性が綺麗になることは心のケアにもなるのだと感じました。私が御社に入社しましたら、晴れやかな気持ちで結婚式を挙げて頂けるよう貢献したいと考えております。

まとめ

今回はブライダル業界における職業別の志望動機について、例文を中心にみてきました。志望動機を答える上で大事なのは、あなたがどのような経緯で、何に関心を持ち、何を学び、今後はそれを会社の中でどのように活かしていきたいかなど、他の候補者にはない、あなたならではの回答です。こうしたポイントを押さえ、採用担当者にあなたの情熱をしっかり伝えていきましょう。

ブライダルになるための情報まとめ

結婚式の裏舞台!ブライダルシーンを支えるお仕事とは!?

今回取り上げるのは、花嫁と花婿の「美」をトータルでコーディネートする「ブライダルビューティースタイリスト」。ブライダルのスタイリストは結婚式場でどういった仕事をしているのか、その内容を覗いてみましょう。

お休みはちゃんと取れる!?ブライダル業界の休暇事情

誰もが一度は憧れるブライダル業界。ひとくくりにブライダルといっても、結婚式をプロデュースするウエディングプランナーだけではなく、お二人の介添えをするアテンダーやドレスコーディネーター、ブライダルヘアメイクなど様々な職業があります。

ブライダルに関わるお仕事の給与事情

ブライダルに関わるお仕事には「ウエディングプランナー」「ドレスコーディネーター」「ヘアメイクアーティスト」「ブライダルエステティシャン」「フラワーコーディネーター」「アテンド」「バンケットスタッフ」「テーブルコーディネーター」

ウエディングプランナーに向いているのはどんな人?

ウエディングプランナーは数ある仕事の中でも最上級のマナーを求められる仕事です。そのため、「自分に向いているのかな…」と不安に思っている人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、ウエディングプランナーに向いている人の特徴をご紹介します。

コーディネートの違いを学ぼう!ブライダル業界の服装

お二人にとって最高の結婚式をご用意するためのブライダル業界。一体どんな服装をすれば良いのか、悩む人も多いでしょう。かっちりとスーツのイメージも強いですが、実は職種によってもするべき服装は異なります。

夢のブライダル業界に入るために!スクールや専門学校の種類や選び方

ブライダル業界で働くために「まずは学校に通って勉強しよう!」と思っても、いざ学校を選ぶ段階になるとたくさん数があるし、どの学校が一番いいのか、なかなか判断が難しいですよね。

ウエディングプランナーの資格を取るための勉強法

ブライダルプランナーの資格を取りたい人向けにおすすめの勉強方法を紹介。通学や通信講座、独学のそれぞれのメリット・デメリットについて記載しているので、ぜひ知っておいて下さい。

未経験者歓迎のブライダル求人一覧

ブライダル業界は研修制度がしっかりしている場所が多く、未経験でも安心して仕事に就くことができるのが特徴。ゼロからのスタートでも、「お客様を喜ばせたい」という気持ちさえあればスキルアップしていくことが可能です

ブライダル業界の人必見!スキルアップに必要な要素とは?

ブライダル業界でスキルを磨くにはどうしたらいいのでしょうか?職種別のスキルアップの方法や資格についてまとめました。スキルや資格を手に入れてブライダル業界でマルチに活躍できるようになりましょう。

教えて!ブライダル業界のやりがい

人生の一大イベント「結婚式」。その結婚式に関わることが出来るのがブライダル業界のお仕事です。ここでは、ブライダル業界の仕事上でのやりがいについて職種別にみていきましょう。

ブライダル業界で働く人の本音とは

華やかなイメージのあるブライダル業界。幸せな瞬間に立ち会える仕事として人気が高いのも納得です。一方で、仕事内容は簡単ではなく、本気度が高くなければ仕事を続けていくことは難しいイメージも持たれています。

ブライダル関係のお仕事って大変なの?

結婚式・披露宴という人生のうちで最も大切なイベントの一つを担うブライダル関係のお仕事には、ブライダルならではの大変なことやヤリガイ・魅力があるようです。ここでは、そんなブライダル関係のお仕事の「やりがい・大変さ」について見ていきましょう。

ブライダル業界。起きたトラブルや困ったことあるある

新郎新婦お二人の幸せに瞬間に立ち会える、ウエディングプランナー。感謝の言葉や喜びの言葉をもらうことはもちろんとても多い魅力的な仕事ですが、お二人の結婚式に対する想いが強い分、思い通りに進まないとクレームになってしまうこともあります。

未経験者歓迎のブライダル求人一覧

ブライダル業界は研修制度がしっかりしている場所が多く、未経験でも安心して仕事に就くことができるのが特徴。ゼロからのスタートでも、「お客様を喜ばせたい」という気持ちさえあればスキルアップしていくことが可能です。

研修制度ありのブライダル求人一覧

【研修制度あり】ブライダル関係の求人・転職・募集の一覧ページ。ブライダルの求人情報探しなら【美プロ】。研修制度ありのブライダル求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

歩合ありのブライダル求人一覧

【歩合あり】ブライダル関係の求人・転職・募集の一覧ページ。ブライダルの求人情報探しなら【美プロ】。歩合ありのブライダル求人一覧から給与・こだわりなど希望条件で絞り込が可能!

ブライダル業界、転職するのにおすすめの時期は?

憧れのブライダル業界への転職を考えている、だけどどの時期に転職活動をしたら良いのかを迷っている人も多いはず。どうせなら選考に有利になる時期に活動を始めたいですよね今回はそんな方のために、ブライダル業界でおすすめの転職時期を見ていきましょう。

ブライダル業界を志望する方必見!履歴書の書き方

華やかなイメージのブライダル業界。志望者も多く、競争率が高い業界のため、書類審査で採用担当者の目に留まるためにも履歴書には力を入れたいところ。そこで今回は、ブライダル業界を志望する人に向けた、履歴書の書き方をご紹介します。

ブライダル関係のお仕事に必要な職務経歴書の書き方

結婚式はいつの時代も女性の憧れ。ブライダルのお仕事はいつも人の幸せや感動に関わることができる素敵なお仕事です。そんなブライダル業界に就職したいと思う人は結構多いようです。ここでは、そんなブライダル関係のお仕事に必要な「職務経歴書」の書き方

コレでばっちり!ブライダル業界の面接対策

人の幸せを支えるブライダル業界のお仕事。新郎新婦を最高に輝かせる仕事に就きたいと、この業界を志望される方も多いと思います。面接ではどのような部分が判断基準になるのかなど、気になる方も多いのではないでしょうか。

ブライダル業界の就活に役立つ!知っておきたい志望動機のポイント

お二人の幸せの瞬間に立ち会うことのできるブライダル業界は、憧れの職業です。そんなブライダル業界に転職したい!と思ったら、まず考えなくてはいけないのは志望動機。なんとなく憧れているから働きたい、だけでは採用してはもらえません。

ブライダル職種の面接で重要な逆質問のポイント!

ブライダル関連の職種には「ウエディングプランナー」「ドレスコーディネーター」「ヘアメイクアーティスト」「ブライダルエステティシャン」「フラワーコーディネーター」「アテンド(介添人)」「バンケットサービス」「テーブルコーディネーター」など多種多様な職種があります。結婚式・披露宴という幸せの溢れる空間でのお仕事なので、華やかな業界で大変人気のある職業です。

面接を制す!ブライダル業界の自己PR

面接で自己PRを聞かれないということはほとんどありません。今回はブライダル業界における自己PRを、一つひとつの例文から見ていきましょう。そこには、面接を制す自己PRの秘訣やポイントなどが詰まっています。面接の前にしっかりと準備をして、面接に臨みましょう。

憧れのブライダル業界!面接でよく聞かれる質問って?答え方も教えます!

お二人の華やかな結婚式をプロデュースするブライダル業界。女性なら誰でも一度は憧れる仕事ですよね。ウエディングプランナーをはじめとしたブライダル業界に就職するために、まず通らなくてはいけないのは面接という難関です。