ウエディングプランナーの資格を取るための勉強法

ウエディングプランナーの資格を取るための勉強法

 

結婚を控えたお二人の幸せな結婚式をプロデュースする仕事、ウエディングプランナー。誰もが一度は憧れるであろう仕事ですが、ウエディングプランナーになるためには資格が必要なのでしょうか?

また、一体どんな種類の資格があるのでしょうか?

ヘアメイク・フラワーコーディネーターなど職種ごとに分けて見てみましょう。

ウエディングプランナーに関する資格の種類

全米ブライダルコンサルタント協会(ABC協会)

全米ブライダルコンサルタント協会は半世紀以上の歴史を誇り、ブライダル業界で活躍する方々のためのプロの組織として、現在、42ヶ国において計約7,000名の資格認定協会員が加盟しています。母体はアメリカのコネチカット州で、現在は日本にもオフィスがあります。

 

日本オフィス主催の認定資格としては、「ブライダルプランナー検定1級、2級」があります。この検定試験はブライダル業務において実務経験のない人などが対象で、初心者向けとなっています。誰でも試験を受験することが可能なため、学生や転職希望の方たちが多数受験しているようです。

 

ブライダルプランナー検定1級に合格すると、ABC協会が認定するプロフェッショナル資格への最初のステップとなる「アシスタント・ブライダルプランナー」の試験を受検することができます。さらにその上をめざす資格として、「プロフェッショナルブライダルコンサルタント資格」があります。こちらは3年以上の実務経験者が対象で、プロとしてのサービス・応対・実務を提供する能力を問われます。

 

ABC協会が認定する資格は世界のブライダル業界に認識された国際的な資格ですので、取得すれば大きな武器となるでしょう。

日本ブライダル事業振興会(BIA)認定資格

BIAが指定した学校やブライダル業界、ホテルで働いている人が対象となる資格です。

 

アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定(ABC検定)

これは主に専門学校の学生が受検する資格です。実技はなく、実務知識の理解力が試されます。この試験に合格すると「BIAブライダル・コーディネーター」の資格を受検することができます。

 

BIAブライダル・コーディネーター検定

これは、ブライダル業界への就職を目指す学生や社会人向けの検定です。ブライダルの仕事をするうえで必要な実務知識や具体的な接客技術を問われます。ペーパーテストのほか、論文や面接などが行われます。

 

TOEIC

たとえば、新郎新婦やゲストの中には外国人の方もいらっしゃいます。英語ができると、このようなお客様のニーズにも応えることができ、きめ細やかなサービスが提供できるようになります。また、企業によっては海外での挙式や結婚パーティーのプロデュースを行っていることもあり、現地の支社や会場とのやり取りに英語を使う場面もあるでしょう。採用試験を受ける際に有利になるだけでなく、このように、仕事で活用できるチャンスが沢山ありますので、ぜひ高得点を目指してみてください。

フラワーデザイナーに関する資格

結婚式には花嫁が持つブーケや会場の装花など、たくさんの種類の花を使います。専門的なことは花屋やフラワーコーディネーターが決めるにしても、ウエディングプランナー自身にも知識があったほうがお客様のイメージを掴んだ提案をしやすいという強みがあります。フラワーデザイナーに関する資格を詳しくみてみましょう。

国家資格「フラワー装飾技能士」

国家資格の「フラワー装飾技能士」は、業界認知度が高い資格です。フラワーデザイナーに関連する唯一の国家資格であるため、フラワーデザイン関係で最高峰の資格と見なされる傾向があり、1級の取得はフラワーデザイナーとしてステータスがあります。

 

試験には花に関する仕事の実務能力を証明するための試験が設けられています。学科試験と花束やブーケ、アレンジメント等の製作を行う実技試験があります。受験に必要な実務経験の年数は、3級は6ヶ月、2級で2年、1級で7年です。ただし、関連する学校の学歴によっては短縮されます。就職にも有利とされているので、ぜひチャレンジしたい資格の一つです。

フラワーデコレーター協会

フラワーデコレーター協会(FDA)では、「フラワーデコレーター」をはじめ、フラワーデザイン関連のライセンスの認定試験や検定を行っています。「フラワーデコレーター」資格には1級から3級があり、3級は指定講座を受講すると、無試験で取得できます。

 

1級や2級の受験には指定講座の受講に加え、筆記と実技による試験への合格が必要です。2級はフラワーアレンジメントの基礎技術力を問うもので、合格後は3級の資格取得が可能な認定教室を開くことができます。1級に合格すると、2級ライセンス取得のための認定校を設けることが可能です。同協会では、花の色彩の専門家を示す「フラワーカラーコーディネーター」、生花を取り扱う仕事に就く際に技術力の証明となる「フローリスト検定」も実施しています。

ヘアメイクアーティストに関する資格

ウエディングプランナーの中には必要性を感じてヘアメイクアーティストに関する取得を目指す方も少なくありません。ヘアメイクに特化した資格というのは今のところありませんが、専門学校では、美容に関する各団体の作った資格を取得できます。取得する資格で多いのが、「JMA(日本メイクアップ技術検定試験)」、「色彩検定」「着付けに関する資格」などです。

 

「JMA(日本メイクアップ技術検定試験)」は、メイクアップに関する最もメジャーな検定で、1級?3級まであり、スキンケアやメイクアップ方法、カウンセリングなど、メイクアップの基本技術を習得するための資格です。「色彩検定」は、色に関する知識を得られる内容です。 「着付けに関する資格」は、ブライダルヘアメイクに就きやすくなることもあり、取得する人は多いようです。

テーブルコーディネーターに関する資格

新郎新婦の理想の披露宴会場になるようにコーディネートをすることに魅力を感じ、テーブルコーディネーターを目指す道もあります。テーブルコーディネーターになる為に、必要な資格はありません。バンケットサービスで様々なテーブルコーディネートを学ぶこともでき、いろんな披露宴会場に派遣で行くことで多方面から情報を得ることもできます。

 

またこだわりがあるレストランで食事をすることも、テーブルコーディネートの参考になります。結婚式に限らずいろんなテーブルコーディネートを見る事で、知識の幅も広がり、一部分を取り入れるなど、提案の幅も広がります。テーブルコーディネーターとしてより有利に就職をするためには、食空間コーディネーターの資格を取得するのも一つです。食空間コーディネーター3級資格を学ぶことにより、古今東西で築かれてきた「テーブルコーディネート」の基礎的な知識と技能を習得することができます。

 

幅広い文化によって構成されている食空間に関する知識を勉強することにより、感性が豊かに磨かれ、「おもてなしの心と感謝の気持ち」が理解でき、スペシャリストになるための基礎的な準備が整います。2003 年に始まった『食空間コーディネーター資格』ですが 2008 年までは『テーブルコーディネーター資格』と呼ばれていました。名称を変えた理由は、食卓を囲んで皆で食を愉しみ、会話をはずませ、心を通い合い、絆を深めることは、単にテーブルの上だけではなく、食空間全体が「おもてなしの気持ちに満ち溢れたしつらえ」であることから、現在の「食空間コーディネーター」になったそうです。

ドレスコーディネーターに関する資格

ドレスコーディネーターは、コスチュームコーディネーター、ドレススタイリストなどとも呼ばれます。

ドレスコーディネーターはコスチュームだけでなく、ヘアスタイル、メイク、アクセサリーすべてをトータルにコーディネートしていきます。ドレスコーディネーターとしてただ働くだけなら、必須と言える資格は特に存在しません。しかし、ブライダル業界で長く活躍したい方は、次にご紹介する資格がオススメです。

 

ドレスコーディネーターを目指す方の多くが、まず前述した「アシスタント・ブライダル・コーディネーター(ABC)検定」の取得を目指します。この検定では、1時間で100問出題され、7割以上解けると合格となります。この業界で働くための基礎知識が凝縮されていますので、ぜひともチャレンジして下さい。また、「WBJ認定ドレスコーディネーター」も洋装や和装の知識に関する実践的な内容で、就職の際にも大変有利な資格になります。本気の方は、こちらの資格取得も目指してみましょう。

まとめ

ブライダル業界で働くためには、必ずこれが必要!という資格はありません。

もちろん知識をたくさん身に着けておくことは必ず仕事にも役立つので、自分のやりたい仕事に合った資格を取るのも良いでしょう。

また、ブライダル業界は常に移り変わる流行も取り入れて提案をしていく必要があるため、アンテナを立てて最新のトレンドをきちんと知っておくこともとても大切。資格の勉強だけでなくて、他の式場ではどんなプランを取り入れているのか、今流行っているものは何なのかもチェックしておきましょう。

ブライダルになるための情報まとめ

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
  • 岡山県
  • 広島県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州・沖縄
その他
  • 海外

関連記事