美容スペシャリストな自分になるために

2016年6月23日更新

エステティシャン

美しいプロポーションを手に入れるために! 正しい下着のつけ方


ほとんどの人は下着をつけるとき、何となく自分の知っているやり方を選んでいると思います。ですがその方法、本当に合っていますか? もし間違ったつけ方をしていて、それをずっと続けていると、プロポーションが悪くなってしまう可能性もありますよ。
 
美しいプロポーションを保つには、正しい方法で下着をつけることが必須です。また、それによって外から見ても普段よりスタイルが良いという印象を与えられるようになるはず。ブラジャーとガードル、ボディースーツの正しいつけ方を見てみましょう。

一番気になる!? ブラジャーのポイント

下着をつける際には、そもそも自分に合った下着を見つけておくことが大前提です。自分の体に合わない下着では、いくらがんばってもフィットしませんし、プロポーション崩れの原因にもなってしまいます。そのためブラジャーに関しても、選ぶときにきちんと採寸してもらっておきましょう。
 
なお、ブラジャー選びで重要なのはサイズだけではありません。バストはトップとアンダーの差でサイズが決まりますが、バストの高さや形、やわらかさなど、そのほかにも様々な情報が必要になるのです。下着選びの専門家であるランジェリーショップの店員に、色々な情報を計測してもらっておくのが良いかもしれませんね。面倒がらずに試着もして、それが本当に自分に合った下着なのか確認してから購入しましょう。

正しいブラジャーのつけ方

バストを支えているのは、クーパー靭帯というコラーゲン組織で構成されているとても繊細な組織です。クーパー靭帯は大きな伸び縮みができない上に、いったん伸びたり切れたりするともう修復されず、バストの形を支えることができなくなってしまいます。そのためブラジャーをつける際には、クーパー靭帯に負担をかけないことが大切なんですね。
 
具体的な方法としては、まずストラップを両肩にかけて上半身を前かがみにし、カップ下をアンダーバストに合わせた状態でホックを止めます。その姿勢のままカップに手を差し入れ、バストを中央部分に寄せていきます。無理な力で寄せるのではなく、やさしく持ち上げるイメージで行いましょう。このとき、バストトップがブラジャーの中央に収まるようにするのがポイントです。バストがきちんと収まったら、ストラップを自然に止まる位置まで持ち上げ、長さを調整。体を動かしたり腕を上げ下げしてもカップが浮き上がらないか、ストラップやアンダーバスト、バージスラインに食い込みがないかをチェックして、痛みや胸の苦しさを感じなければOKです。
 
このときストラップをあえて短くして、胸に谷間を作る方法もありますが、そうしたつけ方は絶対に厳禁! ストラップを短くするとその分アンダーベルトが持ち上がるので、ブラジャーが前に垂れ下がって、胸も垂れてしまいます。キレイなバストラインを保ちたいという人は気をつけてくださいね。
 
また、バストサイズを底上げするためにパッドに頼る人も多くいますが、これにも注意が必要。というのも、パッドでバストを圧迫することによって、血液やリンパの流れが悪くなって胸の成長が阻害されてしまうからです。パッドは左右で大きさが違う場合に、小さい方のバストに使用するような形で、サイズをそろえるために使うのが良いとも言われています。
 

美尻メイクに役立つガードルのポイント

パンツスタイルだと、ヒップ周りへの視線が気になりますよね。きゅっと持ち上がったキレイなヒップラインには誰しも憧れるもの。ウエストとヒップを計測し、ぴったり合ったガードルを履けば、ヒップ周りの悩みはかなりカバーできます。小尻に見せたいからといってキツいものを履いたり、苦しいからといって緩めのものを履いたりしてしまっては、“美尻に見せる”というガードルの効果は得られません。おなかやヒップにかかる圧力が適度で、クロッチ部分が食い込まないものが体に合ったガードルとなります。

正しいガードルのつけ方

ガードルの上半分を外側に丸めるか二つ折りにし、両手で持ちます。そこに足を入れてガードルを少しずつ上の方へずらしながら、無理に引っ張らないようにゆっくりと腰まで引き上げていきます。腰まで履けたら前後を持ち、おへその位置に中心を合わせ、丸めていた(もしくは折っていた)ガードルを伸ばして整えます。そして足を一歩後ろに引き、後ろに手を入れて太ももに流れているお肉をヒップの方に入れ込みます。最後にもう一度裾とウエスト部分を整えましょう。屈伸運動や足を上下に動かしてみて、ズレを感じなければ完成です。ガードルは正しく着用すれば、ウエストやヒップラインの補正に高い効果を得られます。上手く活用して、理想のプロポーションを作っていきましょう。
 

スタイルアップ! ボディスーツ

バストからヒップまで1つでカバーする下着がボディスーツです。バストトップ・アンダーバスト・ヒップを事前に計測して購入するボディスーツは、トータルなプロポーションメイクをするときに役立ちます。
 
つけ方は、ガードルとブラジャーのつけ方を合わせたようなもの。まず、クロッチ部分のホックを留めてからボディスーツを折り返し、ウエストまで引き上げます。続いてガードル部部にヒップ周りのお肉を入れ込み、安定させてください。また、上半身はブラジャーの着用方法と同じ要領でバストを調整しましょう。最後にクロッチを引っ張り上げたり、ヒップ下を整えたりすれば完成。
 


 
 
今回はブラジャーとガードル、ボディスーツの正しいつけ方を見てきました。せっかくかわいい下着を選んでも、上手く着用できなければ魅力が半減してしまいます。美しいプロポーションを実現するためにも、毎日の下着の着用方法に気をつかってみましょう。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。