美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.04.08

作成:2017.09.13

エステティシャン

男性の尻毛処理について紹介

後ろ向きで立っている裸の男性

 

尻毛を処理したい理由

最近では女性だけではなく、男性でも毛の悩みが問題になっています。そのなかでも増加傾向にある「尻毛」について紹介していきます。まずは、尻毛が濃いと困ってしまうポイントを見ていきましょう。

単純に恥ずかしい

夏は自然と肌の露出が増え、体毛が気になる季節です。普段人に見られることがない部位ではありますが、男性は体毛が濃くなりがちなので気にしている人も多いのです。

不潔に見られがち

誰でも生えている尻毛なのですが、あまりに濃いと目立ってしまい、毛があることによって不潔という印象を抱く人もいます。

とにかく邪魔

尻毛がお尻に刺さって痒くなってしまう人や、トイレの時にキレイにお尻を拭けないなど、多くの場面で邪魔だと感じる人も多くいます。体の一部が不快に感じると集中力も低下してしまうので、思い切って処理してしまうのもひとつの手です。

尻毛の処理方法について

処理方法は大きく4つ。自分に合う尻毛処理の方法をみていきましょう。

脱毛クリーム

「どうしても自宅で処理したい」という人におすすめなのは脱毛クリームです。薬剤を使って除毛をしていくため、カミソリやシェーバーと異なり刃物で肌を傷つける心配は一切ありません。また、塗ってお湯で落とすだけなので衛生的な処理方法だといえます。

ブラジリアンワックス

脱毛したい部分にワックスを塗り、シートを乗せて一気に剥がす脱毛方法です。2~8週間はツルツルの肌が持続します。ですが、痛みが発生するのも事実。一瞬の痛みではありますが、一気に剥がすため、かなり勇気がいる脱毛方法だと言えます。

カミソリ

一番単純な方法はカミソリを使う処理方法。多くの人のお家には常備されているため、すぐに処理ができます。ですが、お尻はカーブなどがあるため肌を傷つけずに剃ることは難しいと言えるでしょう。また、2~3日で生えて来てしまうので、濃い毛であればチクチクしてしまうのも難点。何度もカミソリでの処理を繰り返すと、お肌にダメージを与えてしまうのも事実。手軽にできる処理ですが、デメリットも多いですね。

サロン

「尻毛を確実に改善したい」と思う方は、毛根に直接アプローチして弱らせていく方法「レーザー脱毛」「光脱毛」などをやってみるのもおすすめ。

施術を重ねていく内に尻毛も生えてこなくなるため、定期的に自己処理をするのが面倒な人にぴったりです。

男性サロンで脱毛した場合の相場費用

クリニックによって脱毛費用は異なり、コースや回数も違いご自身が脱毛したい部分とセット価格になっている場合もあるので、事前に情報を調べておいてから行くようにしましょう。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。