美容スペシャリストな自分になるために

2016年7月15日更新

エステティシャン

夏の大敵! 生活習慣を見直して“肌のベタつき・テカり”対策をしよう!


夏は日差しが強くなる季節なので、日焼け止めやUVコスメなどで美肌の大敵である紫外線対策をしている人も多いと思います。しかし、紫外線以上に気になってしまうのが肌の“べたつき”や“テカり”ですよね。
 
朝バッチリ化粧ができていても、外に出ると肌がベタついてきたり、テカってきてファンデーションが崩れてしまう…ということがよくありますよね。今回はそんなベタつきやテカりの対策方法をご紹介します。正しい対策法を知っていれば、エステサロンでお客様にアドバイスすることもできるので、エステティシャンを目指す場合にも有利になりますよ。

肌のベタつきやテカりが起こる原因とは?

肌のベタつきやテカりは、皮脂が過剰に分泌されることで起こります。皮脂とは肌表面にある角質層を細菌から守る役割を果たしている液体のこと。ホルモンの影響を大きく受けていて、女性なら20代、男性なら20~40代にかけて皮脂の分泌量が多く、また女性の場合は月経周期に合わせて分泌量が変化するので、人や時期によって皮脂の量が変わってきます。
 
また、皮脂は手の平と足の裏以外の全身に分布していますが、頭皮や顔、特におでこや鼻の周辺に多く存在しています。そのため、おでこやTゾーン、鼻部分はメイクが崩れやすくなってしまうんですね。皮脂が必要以上に分泌されてしまう肌のことを「オイリー肌」や「脂性肌」と呼びますが、オイリー肌がひどくなるとニキビができやすくなったり、アトピー性の皮膚炎になってしまうことも。普段のスキンケアや生活習慣を見直して、お肌のベタつきやテカりを予防してみましょう。
 

オイリー肌のためのスキンケア

皮脂の分泌を抑えるにはお肌を清潔に保つことと、お肌に潤いを与えてあげることが大切です。お肌を清潔に保つために、洗顔料や石鹸を使って朝と夜の2回、洗顔しましょう。洗顔した後は必ず化粧水と乳液を使って保湿します。オイリー肌の人の中には、皮脂の量を少なくしようとして保湿をしない人もいますが、これはNG。皮脂は角質層を守るための役割を果たしてくれますが、保湿効果はほとんどありません。肌の水分量が少なくなると、皮脂とのバランスが崩れて肌荒れの原因になってしまうので、オイリー肌の人も忘れずに保湿してくださいね。
 
また、お肌に刺激を与えないことも皮脂の分泌を抑えるポイントのひとつ。余分な皮脂を落とそうと、洗浄力の強い洗顔料で強めに洗ってしまいがちですが、オイリー肌専用のスキンケア用品を使ったり、ネットを使ってやわらかい泡で顔を洗うようにしてみましょう。
 

生活習慣の改善でオイリー肌と決別!

皮脂の分泌はホルモンの影響を強く受けているので、オイリー肌を改善するためにはホルモンバランスを整えることが一番の近道と言えるかもしれません。ホルモンバランスを整えるためには、規則正しい生活を送ることが大切です。

バランスの取れた食生活

揚げ物やジャンクフードはカロリーが高いだけでなく、脂質や糖質が多分に含まれているので、ファーストフードや外食ばかりの食生活を送っていると皮脂の分泌量が増加。また、野菜不足やビタミン不足などで栄養バランスが偏ってしまい、日常生活に必要な栄養分が足りなくなってしまいます。なるべく、栄養バランスの整った食生活を送るようにしましょう。

十分な睡眠

疲労回復や美肌に必要な成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。睡眠不足になると十分な量の成長ホルモンが分泌されないだけでなく、男性ホルモンの分泌が増えて皮脂量も増加してしまいます。しっかりと睡眠をとることを心掛けると良いでしょう。

ストレスを溜めない!

ホルモンバランスが崩れてしまう大きな原因が“ストレス”です。ストレスを溜め込んでしまうと自律神経の働きが鈍くなり、ホルモンがうまく分泌されません。肌を健康に保つためにも、日頃からこまめにストレスを発散するようにしてください。
 

肌のベタつき・テカりを抑えるためのベースメイク

普段のベースメイクを一工夫するだけでも、ベタつきやテカりを抑えられます。まずは化粧水と乳液で保湿をします。保湿がしっかりできたら、そのままメイクをスタートするのではなく、ティッシュペーパーを使って余分な脂を取っておきましょう。
 
次に化粧下地を塗り、ファンデーションをのせます。オイリー肌の人にはパウダーファンデーションがオススメなので、できるだけパウダータイプを選んでみましょう。最後におでこやTゾーン、あごなどのテカりが気になりやすい部分にフェイスパウダーを塗れば完成です。
 
夏はメイクが崩れやすいので、ベースメイクを厚塗りしている人も多いですが、厚く塗れば塗るほど崩れやすくなってしまいます。ファンデーションはなるべく薄めにして、気になる部分だけコンシーラーでカバーするようにしましょう。
 


 
 
オイリー肌は普段の生活習慣を見直すことで改善できることが多いです。お肌を清潔に保ったり保湿をしっかりと行うだけではなく、栄養バランスの整った食事や十分な睡眠も心掛けるようにして、肌のベタつきやテカりとおさらばしましょう!

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。