美容スペシャリストな自分になるために

2016年7月5日更新

エステティシャン

紫外線の脅威は日陰や室内でも発生する! 美肌の大敵“紫外線”の特徴とUV対策


美肌の大敵とも言える“紫外線”。太陽の光は本来、人間の生活に欠かせないものですが、何の対策もしないまま日光を浴び続けていると紫外線の影響でシミやそばかすなど、様々な肌トラブルが引き起こされてしまうことがあります。
 
今回はそんな紫外線の特徴に注目して、紫外線の種類や肌にもたらす影響を見てみましょう。また、正しいUV対策の方法を紹介しているので、この機会に普段のUV対策を見直して、美しい肌を手に入れてみてくださいね。

紫外線が肌にもたらす影響とは?

紫外線には「紫外線A波(UVA)」と「紫外線B波(UVB)」の2種類があります。紫外線の約90パーセントを占めるUVAは肌の奥深くまで浸透することで、またUVBは肌の表面に強く作用することで肌トラブルを引き起こします。

日焼け

UVBを浴びると肌の色素を黒くするメラニンの働きが活発になり、日焼けをしてしまいます。日焼けした肌はターンオーバーが進めば本来の肌色に戻りますが、年齢を重ねるとターンオーバーがスムーズに進まなくなるので、元の色に戻るのに時間がかかってしまいます。また、ひどい日焼けの場合には皮膚ガンの原因ともなってしまうので、注意が必要です。

シミ・そばかす

UVBは肌表面に強く作用して炎症を起こし、部分的に肌を黒くしてしまう色素沈着を引き起こします。シミやソバカスは一度できてしまうと肌のターンオーバーが進んでも治らないこともあるので、きちんと紫外線対策をして発生を防ぎましょう。

シワ・たるみ

UVAは肌の奥深くに浸透することで、肌の弾力を保つ細胞を破壊します。このダメージが蓄積されると、シワやたるみなどの肌トラブルが老化現象とともに表面に現れてきます。

乾燥

UVA・UVBはともに肌の表面や細胞を傷つけ、肌本来が持っているバリア機能を破壊してしまいます。これにより肌は潤いを保つことができなくなって、乾燥肌が引き起こされてしまうことも。肌が乾燥した状態が続くと、シワやくすみなどの肌トラブルをさらに悪化させてしまうのです。

髪にも悪影響!

紫外線は肌だけでなく髪にも大きなダメージを引き起こします。髪の表面を傷つけて乾燥を引き起こしてツヤやコシをなくし、髪の色褪せの原因になってしまうのです。また、ヘアダメージが進むと枝毛や切れ毛なども多くなって、健康な髪を維持することが難しくなっていきます。
 

いつでもUV対策

晴れの日や夏の日差しが強いときに紫外線対策をする人は多いですが、紫外線は天候や季節に関係なくいつでも地表に降り注いでいるので、年間を通しての紫外線対策が必要。以下のようなときにも紫外線対策をしっかりとしておきましょう。

くもりや雨の日

「今日は日の光が強くないから、日焼け止めは塗らなくても大丈夫」なんて考えている人はいませんか? 紫外線は太陽の光に関係なく地表に届いています。晴れの日に比べて、くもりの日は約60パーセント、雨の日でも20~30パーセント程度の紫外線が届いているので、天候に関係なくUV対策をしておきましょう。

日陰

紫外線は直接肌に当たるだけでなく、地面に当たって反射した紫外線も同じように肌に届いています。地面の状態にもよりますが、アスファルトや砂浜では約10~30パーセント、水面や新雪の場合は約80~90パーセントもの紫外線が反射しています。そのため海やプール、スキーなどのレジャーではUV対策が特に必要なのです。

室内

紫外線の大半を占めるUVAはガラスを通り抜けてしまうので、室内でも紫外線の影響を受けてしまいます。家の中やオフィスの中にいるからと油断せずに、室内で過ごす場合でも日焼け止めを塗るなど、しっかりとUV対策をしておきましょう。
 

UV対策の方法

夏や日差しの強いときだけ紫外線対策をしているという人は、年間を通してUV対策をするようにしましょう。冬や雨の日でも、肌が露出しているときには日焼け止めを塗るなどして紫外線を浴びないことが大切です。また車を運転する人は、腕部分のUV対策が必須。日常的にアームカバーを使用するようにしましょう。また、肌だけでなく髪へのダメージを防ぐためには、髪にも使用できるスプレータイプの日焼け止めや帽子を被るのがオススメですよ。
 


 
 
紫外線はシミやシワ・たるみなどの原因になるだけでなく、乾燥肌などの肌トラブルやヘアダメージを引き起こしてしまうこともあります。また、天候や季節に関係なく、紫外線の影響は室内にも及ぶので、美白や美肌のために日頃からUV対策に力を入れてくださいね。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。