美容スペシャリストな自分になるために

2016年8月22日更新

エステティシャン

これで凹凸お肌とオサラバできる! セルライト解消マッサージのポイントとは


セルライトとは何か、あなたはご存知ですか? 脂肪のかたまりと言われるセルライトは、お尻や太ももといった下半身につきやすく、お肌に凸凹ができてしまうため見た目も良くないんです。思わぬところにセルライトができて水着が着られなくなってしまった…なんて困っている人もいるかもしれませんね。
 
一度セルライトがついてしまうと解消するのは中々難しいもの。できることなら未然に防いでいきたいところです。今回はセルライトができる原因や、それを防ぐために有効な方法をご紹介。効果的なセルライト解消マッサージのポイントも取り上げるので、自宅でセルフマッサージしたいという人や、エステティシャンとして施術したいという人はぜひ参考にしてみてください。

凸凹お肌の原因!

そもそもセルライトとは、脂肪に体の中の水分や老廃物がくっついて固まったものだと言われています。太ももやお尻といった下半身につくことが多いのですが、お腹や腕などにできるのもよくあること。セルライトがつくとお肌に凸凹が生じて見栄えが悪くなるので、キレイな体を保ちたい! という女性にとっては大敵とも言える存在なんですね。
 
それでは一体何が原因で、セルライトが生じてしまうんでしょうか? それは新陳代謝と大きな関係があります。生活リズムの乱れや運動不足などによって代謝が悪くなると、脂肪が燃焼されにくくなり、さらに肥大化していくんです。そしてその脂肪細胞に老廃物などがくっつくことで、セルライトが生まれると考えられているんですね。また、血行が良くない冷え性の人や、不摂生な食生活の人などもセルライトがつきやすいと言われているほか、年を重ねて代謝が悪くなっていくことが原因になることもあります。
 

セルライトができるのを防ぐには?

セルライトは一度生じてしまうと、対処するのが大変。できることなら、体につく前に防いでいきたいところですよね。そこで意識したいのは、何より運動不足を避けるということです。皮下脂肪を放置するとセルライトに変わっていくので、普段から体を動かすことを意識して、できるだけ早く脂肪を燃焼させていきましょう。また、筋肉が衰えるとその分基礎代謝も悪くなってしまうので、ほどほどの筋肉量を維持できるようにジムでのトレーニングなどを取り入れてみてはいかがでしょうか。
 
そして、血行を促進することも重要なポイント。体の中の血流が悪くなると、新陳代謝も妨げられてしまいます。とくに人体の仕組みとして、下半身は上半身よりも血行が悪くなるものなので、意識的に改善してあげることが必要なんです。血行改善には様々な方法がありますが、自宅でもお手軽にできるという意味では入浴がオススメ。アロマオイルをお湯に垂らしたり、半身浴を取り入れたりと美容に良い入浴法を行えば、セルライトを防げるだけでなく美肌やストレス解消といった効果も期待できてお得ですよ。
 
そのほか食生活の改善や、ストレスを溜め込まない生活を心掛けることも大切ですね。脂肪がつきやすい食事ばかり摂っていては、いくら運動して脂肪を燃焼させても追いつきません。また、ストレスが溜まると血行が悪くなるので、自分に合った方法でストレス解消に努めてみてください。
 

セルライト解消マッサージのポイント

とはいえ、いくら対策してもセルライトを完全に防ぐのは難しいものです。気になるところにセルライトがついてしまったら、エステサロンでボディケアを受けるなどして解消していきましょう。ここでは自宅でも行えるセルライト解消マッサージのポイントをご紹介するので、エステサロンに行く時間がなかなか取れない…という人はぜひ試してみてください。

リンパの流れを良くする

まずは上半身よりも血行が悪く、セルライトがつきやすい下半身にリンパマッサージを行っていきましょう。土踏まずを中心に、足の裏を親指で揉んでみてください。その上でふくらはぎからヒザに向かってリンパが流れるようにマッサージを施していけば、下半身への美容効果が期待できますよ。なお、マッサージをするタイミングとしては、体が温まっていて血行も良くなっている入浴後などがオススメです。

セルライトを解消する

セルライトを解消するマッサージは、揉みほぐすイメージで行うのが基本です。たとえば太ももに行う場合、ヒザから足の付け根に向かって両手で揉みあげるように行っていくと良いでしょう。ふくらはぎも同様で、足首からヒザに上がっていくように、両手で揉んでいくのが効果的だと言われています。また、意外とセルライトがつきやすいのがお腹まわり。これを解消するには両手を使って、おヘソ付近で円を描くように脂肪を揉みほぐしていくのが効果的です。
 


 
 
美しさを追求する女性にとっては、永遠の敵とも言えるセルライト。とくに年を重ねるごとにセルライトが生じやすくなっていくので、きちんとした対策を用意しておきたいですね。普段の生活習慣を改善したり、セルライト解消マッサージを行ったりして、いつまでも美しい体を保っていきましょう。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。