美容スペシャリストな自分になるために

2016年8月21日更新

エステティシャン

自宅でお手軽デトックス! お財布にもやさしいセルフリンパマッサージの方法とは


“リンパの流れを良くすれば美しさをキープできる”ということをたまに耳にしますが、どうすれば効果的にリンパの流れを良くすることができるのか知っている人は、残念ながらまだまだ少ないようです。
 
リンパの流れを良くするためには、きちんとした手順でマッサージを行うことが大切です。そこで今回は、自宅でもできるセルフリンパマッサージの方法をご紹介します。エステサロンでも使える方法なので、知っておけばエステティシャンを目指す場合にもきっと強みになるはずですよ。

そもそもリンパマッサージにはどんな効果があるの?

体中を流れているリンパ液ですが、血液とは違って、心臓のように流れを生み出してくれるポンプが存在しません。流れも血液より遅く、ゆっくりゆっくりと移動していくそうです。だからこそ、詰まったり流れが滞ったりしやすいと言われているんですね。
 
そこでリンパマッサージを施してリンパの流れを良くすると、体の老廃物を外に出しやすくなってデトックス効果が得られます。老廃物を溜め込むとお肌の調子が悪くなったり、体のむくみやたるみにつながったりと百害あって一利なし。脂肪と老廃物のかたまりである憎きセルライトも、リンパが詰まっていると生じやすくなるようです。リンパマッサージでリンパの流れを良くして、体内の不要なものをどんどん捨てていきましょう。
 

セルフマッサージのメリット

そんな美容にうってつけのリンパマッサージですが、サロンなどで行うと60分で大体6,000~8,000円くらいの金額がかかってしまいます。もちろん、施術時間が増えれば金額はもっとアップしていきますよね。しかし自分でマッサージを行う場合にはマッサージ用のオイルやクリームを準備するだけで済むので、お財布にもやさしいんです。美容にはとかくお金がかかりがちですが、ちょっとした努力や工夫を行うだけでも大幅なコストカットが期待できます。
 
また、セルフリンパマッサージなら、その時に自分が必要だと感じる場所だけをマッサージすることができます。リンパマッサージは体が温まっている時の方が効果が出やすいと言われていますが、お風呂上がりなどに手軽にできることもメリット。ぜひリンパマッサージの方法を知って、自宅でエステサロン気分に浸ってみましょう。
 

セルフリンパマッサージのやり方

リンパには流れがあるため、その流れに逆らってマッサージを行うと体を傷つけてしまう恐れもあります。そのため、どこをマッサージするにしても、リンパ節に向かうようにマッサージをするのが鉄則。また、摩擦によって皮膚が傷つくことを避けるためにも、マッサージをする時にはオイルやクリームを必ず使うようにしてください。
 
そして力加減も大きなポイント。力強く押せばいいというものでもないので、ほんのりと刺激が伝わる程度の圧力で揉みましょう。体内のリンパ液は静脈角と呼ばれる鎖骨下の部分に戻ってくるため、マッサージをする際はまずここから始めるようにしてくださいね。

顔周り

顔周りのリンパマッサージには、小顔効果やむくみの解消などが望めます。まずはフェイスライン、頬骨、目の上から耳の前のリンパ節に向かって指の腹でゆっくりと揉んでいきましょう。目安としては、3~5分程度で15~20回ほど流すぐらいのスピードで行うのが良いと言われています。それが終わったら、今後は耳の前のリンパ節から鎖骨下のリンパ節に向かってリンパを流していってください。

肩こりを解消したいなら、肩のリンパマッサージがオススメ。首の後ろ側から肩に向かって手のひらで撫でるようにマッサージをして、次に肩から鎖骨下へ向かって引っ張るように揉んでいきます。デスクワークで猫背になりがちな人は肩のリンパが詰まりやすいので、ぜひ試してみてくださいね。

脇~腕

ポヨポヨした二の腕がコンプレックスという人は、ぜひ二の腕のリンパマッサージを行ってみましょう。脇の下のくぼんだ部分を揉んだ後、リンパの流れを意識して手のひらで手首から脇の下に向かってさすっていきます。腕に溜まった老廃物がしっかりと流れていけば、二の腕がスリムになったりたるみの解消につながりますよ。

リンパを流すためにはその周りの筋肉を動かせば良いため、歩いて動かすことの多い足のリンパは詰まりにくい…と思いきや、そうではないんです。人間には体液循環のバランスというものがあり、心臓から遠い場所のリンパや血液はどうしても動きがにぶくなってしまいます。むくんでしまった足のリンパを流すためには、ヒザからヒザの裏に向かって円を描くように少し強めに撫でて、次に足首からヒザの裏に向かって4本の指で持ち上げるように揉んでいくと良いでしょう。
 
太もものサイズが気になる人は、ヒザから鼠蹊部に向かって握りこぶしで揉みあげていった後、上半分から下半分に向かって半円を描くように、手のひらでマッサージするのがオススメです。
 


 
 
方法さえ知っていれば簡単にできるセルフリンパマッサージですが、食後すぐや生理中、妊娠3カ月までなど、行わない方が良い期間もあります。また、心臓病や腎臓病などの疾患がある人はお医者様に相談してから行うようにしてくださいね。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント