美容スペシャリストな自分になるために

2016年9月22日更新

セラピスト

AKB48を卒業しても美ボディは健在! トレーニングなしでアクションシーンに臨む大島優子


かつてアイドルグループ・AKB48で1位2位を争う人気を誇った大島優子。AKB48を卒業した現在も女優としてドラマや映画に出演し、幅広い層から支持を集めています。そんな大島が映画『真田十勇士』の公開直前イベントに出席しました。
 
そこで大島は、アクションシーンの多い同作に参加するにあたって特別なトレーニングを行っていなかったと明かしました。これには驚きの声が続出しましたが、どうして彼女はトレーニングなしでアクションシーンをこなせたんでしょうか? 今回は大島の引き締まった体つきの秘密について掘り下げていきましょう。

トレーニングしていない発言に驚きの声!

『真田十勇士』では“くノ一”の火垂(ほたる)役を務めておりアクションシーンにも挑んでいる大島。その身のこなしはスタッフからも称賛されているそうですが、なんと彼女は特別なトレーニングをしていなかったと告白。にも関わらず、現場では次々と台本にないアクションや殺陣の場面が追加されていったようです。トレーニングなしで挑んだアクションシーンでスタッフを驚かせたということで、「時代劇の殺陣って何カ月も前から練習するってよく聞くけど、優子ちゃんすごい!」「アクションなんて普段鍛えていないと絶対できないはず!」「さすがだわ! 昔から筋肉すごかったもんね」といった声が上がりました。
 

引き締まった肉体の秘訣は?

かわいらしい大島ですが、意外にも肉体派であることが知られています。AKB48のメンバーだった頃から、そのアスリートのような引き締まった体が話題になっていました。お腹を出す衣装の際はメンバーの中でも腹筋の割れ具合がすごいとファンが大注目。
 
そんな大島は、AKB48卒業後もスタイルを維持するために色々な努力をしているようです。まず行っているのはホットヨガ。室温40度前後、湿度60%前後のサウナのような部屋の中でヨガのポーズや呼吸を行うホットヨガは、穏やかな動きながら高い新陳代謝の促進効果が得られ、インナーマッスルも鍛えられるのでスタイルキープにもってこいなんです。
 
さらに、お尻の引き締めのために、四つん這いになり足を後ろや横に上げるエクササイズも行っています。高校時代から3日おきに、お風呂上りに行うのが習慣になっているようで、大島自身もヒップラインには自信を持っているそうです。そして、お風呂では美容に良い半身浴を取り入れていて、その際にお腹のマッサージも行っています。まず脇腹からお腹の中央に向かって肉を寄せるようにし、ヘソから胸に向かって、またヘソから足の付け根に向けても肉を流すイメージで手を滑らせるそうです。これによってお腹のくびれがキープできているとか。普段から体づくりに励んでいるからこそ、特別なトレーニングをしなくても健康的なキレイな肉体を保てているんですね。
 

セラピストの関連求人

セラピストになるための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!