美容スペシャリストな自分になるために

更新:2020.05.28

作成:2017.05.31

美容師

雨続きでボサボサ…から解放される!?TVでも紹介された梅雨時の髪の広がりの原因と対策とは?


 

これから梅雨を迎えますが、湿度が上がってくると気になるのが「髪の広がり」。せっかく外出前にヘアセットしても、時間が経つにつれていつの間にかボサボサに…。ではなぜ梅雨は髪が広がってしまうのでしょう?その原因と対策を掘り下げてみましょう。

 

また、梅雨の時期に行うスタイリングのコツもご紹介します!憂鬱な季節ですが、上手にヘアケアとスタイリングをして湿気に負けない髪の毛を作りましょう。

 

INDEX
■梅雨に髪が広がる原因とは?
■キューティクルを傷めないための対策とは?
■【髪のお悩み別】ヘアケアの仕方
■梅雨の時期に取り入れたいスタイリング術
■おわりに

一年で一番憂鬱な季節!?梅雨に髪が広がる原因とは?


 

梅雨が近づき、ネット上では「髪の毛が爆発する憂鬱な季節がくる」「梅雨は毎年広がるしうねるしで面倒なんだよね」「一年で一番苦手な季節だわ。髪が言うことを聞いてくれないんだもん」といった声が溢れています。そんな人はまず原因をしっかり押さえて対策しておくことが大切。

 

昨年放送されたバラエティ番組『この差って何ですか?』では、梅雨時期に髪が広がる人と広がらない人の違いを調査。その差は髪の毛の表面を覆う“キューティクル”が、剥がれているかどうかにありました。キューティクルは髪の表面を保護する役割をしており、キューティクルが剥がれてしまうことで、その剥がれた部分から髪が水を吸収してしまいます。水を含んだ髪は、うねるように曲がり、その結果大きく広がってしまうことに。逆に言えば、キューティクルが剥がれないようにすれば髪の広がりも抑えられるのです。

 

キューティクルが剥がれてしまう原因としては、何度も繰り返すカラーやパーマなどによるダメージも大きく影響しているようです。ストレートアイロンやコテなどの熱ダメージや紫外線ダメージなども考えられます。このような、外的要因による髪へのダメージは毛髪の内部を守るキューティクルが傷付いたことで、水分を吸収しやすくなってしまうのです。

 
【キューティクルが剥がれる原因】

  • カラーやパーマによるダメージ
  • 日光による紫外線ダメージ
  • ストレートアイロンやコテによる熱ダメージ
  • ブラッシングや枕によって生じる摩擦ダメージ

 

 

キューティクルを傷めないための対策とは?


 

キューティクルをはがさないために気を付けるポイントとして、「髪を洗ったら寝る前にしっかりブローして乾かすこと」。濡れたままで寝ると髪が枕とこすれてキューティクルが剥がれてしまいます。ドライヤーで髪を乾かす前に必ずヘアオイルをつけるようにして下さいね。ドライヤーの熱から髪を守ります。また寝る前にヘアオイルをつける事も推奨されています。特にアーモンドオイルは、髪の毛と同じ成分のオレイン酸を含むため、髪に馴染みやすく、しっかりキューティクルを保護してくれるとのこと。髪の中間から毛先にかけて毛の流れに沿ってつけると、キューティクルが剥がれている部分をカバーし、うねりを効果的に抑えられます。

 

また、お風呂上りに洗い流さないタイプのトリートメントをつけるのも有効。髪を洗ってタオルで水気を吸い取ったあとに塗布し、ドライヤーで乾かした後にもう一度つけるとより保護力がアップします。

 

その他、一番手軽な方法としては“ブラッシング”するのも良い手でしょう。こまめにブラッシングをすることによって、偏った髪の中の水分が均等に広がり、水分バランスが整うため、うねりを防ぐことができます。手軽にできる対策も多いので、ぜひ実践して梅雨のうねりと広がりの悩みから解放されましょう。

 
【ポイント】

  • 髪をブローしながら乾かして寝る
  • ドライヤーを使う前にヘアオイルをつける
  • 流さないトリートメントをつける
  • ブラッシングで水分バランスを整える

【髪のお悩み別】ヘアケアの仕方


 

みんなそれぞれ顔が異なるのと同じで、髪質も人それぞれです。生まれつきで髪がクルクルとパーマがかかっている人もいればまっすぐ直毛な人もいます。パーマがかかっているような髪質の人はストレートヘアーに憧れ、カラーやパーマがかかりにくい直毛の人は、ふわふわと柔らかい髪の毛に憧れます。

 

髪質に合わせたヘアケアをして、理想のヘアスタイルに近づけましょう。髪の毛の悩みで多いのが「髪の広がり」「くせ毛」「ぺたんこな髪」。このような悩みを抱えている人が多く、梅雨の時期は特に症状が現れスタイリングに苦戦します。自身の髪質に合ったヘアケアをして行きましょうね!

髪が広がりやすい方

髪が広がりやすいという人は、髪に潤いを与える事で広がりを抑える効果を期待できます。髪を洗う際に、しっかりとトリートメントをするようにします。シャンプーの後に水分を軽く取り、髪にトリートメントを揉みこんで浸透させます。この時に、蒸しタオルで髪全体を覆っておくのも効果的。

 

10分くらい待ってから洗い流しましょう。すすぐ時は、トリートメントを完全に流してしまわないようにし、余分なぬるつきが取れるくらいでOK。お風呂からあがってドライヤーをかける前に、流さないトリートメントを付けるのも忘れずに。

髪のくせが強い方

くせ毛で広がってしまったりボサボサに見えてしまったりするという人は、全体的に水分量が足りていない事が原因でもあります。ドライヤーで髪を乾かす時には、乾かし過ぎに注意してください。また、スタイリングをする際にウォータースプレーを使って髪に水分を与えてあげるのも効果的。

 

ドライヤーをかける仕上げに冷風で表面を乾かすのもポイントです。いつもはまとまらなかった髪も、まとまりやすくなりますよ。「何をやっても直らない!」とストレスを抱えている人は、美容室で縮毛矯正をかけるのも一つの手です。髪を傷ませてしまう原因でもありますが、毎日ストレスを抱える事もなくなり朝のスタイリングの時短にも繋がります。

髪がぺたっとつぶれやすい方

髪の毛が細く、ぺたっとつぶれてボリュームもでないという人は、ヘアオイルの重みでより悪化させている場合もあるので注意が必要です。オイルがそうさせているのかも…と感じたら、オイル以外のスタイリング剤を使ってみてはいかがでしょうか。

 

また、ドライヤーで髪を乾かすときに少し工夫をするだけで改善するかもしれません。ドライヤーをあてる時は、髪の毛を軽くつまみ「下から上(内側)へ」と風を流します。髪の毛をふんわりとさせるイメージで髪の間に空気を入れていきましょう。

梅雨の時期に取り入れたいスタイリング術


 

雨が多い梅雨の時期は湿気が多く、朝スタイリングをしても会社に着くころには元通り…なんてことも少なくありません。コテでカールを付けてきたはずなのに、ストレートヘアーになっている事も。

 

カラッと晴れた日には問題なく出来ていたスタイリングも、梅雨の時期はそうはさせてくれません。湿気が多い時だからこそ、巻き方にも工夫が必要なのですね。普段との違いは、まず毛束に注意してみてください。朝は時間がないから大ざっぱに掴んで巻いていませんか?幅3cm程度を薄めに掴んで丁寧に巻いて行きましょう。

 

また、髪の毛にコテをあてている時間は3~5秒。これを髪全体で繰り返し、巻き終わったらしばらく放置します。間違っても、一束ずつほぐしておくような事はしないでくださいね。というのも、髪の毛は熱を加えて冷めた時に形状を記憶するからです。熱が冷めないうちにほぐしてしまえば、カールの持続が難しくなってしまいます。家の外に出れば、湿度が高いところに飛び込む事をお忘れなく。梅雨の時期はスタイリング剤も、クリームタイプオイル系のものを使い、ミストのような水分量が高いものは使わないようにしましょう。

 
【ポイント】

・毛束少なめで巻いていく!

※幅3cmで薄めにスライスする

・熱を与える時間は3~5秒!

・巻き終わりは、ほぐさず冷ます!

※ドライヤーの冷風を使用しても良い

・スタイリング剤は水分控えめのものを使う!

おわりに


 

梅雨の時期に限らず、髪の毛にダメージを与えないように心がけてみてくださいね。シャンプーの仕方やトリートメントを怠らないなど、さまざまなポイントで髪を労わってあげられます。

 

髪の毛が綺麗だと、その人の印象も大きく変わりますのでツヤのある美髪を目指してくださいね。普段、美容室で縮毛矯正をかけている人やブリーチで髪を明るくしている人は、ダメージを受けやすいので、季節を選んで行なってみるのも良いでしょう。

 

紫外線の強い夏の時期にも容赦なく髪を攻撃してきます。髪の水分量をしっかり保ち、補充をして閉じ込める、この動作を繰り返すようにヘアケアをして行ってくださいね。

Author:美プロ編集部

美容師の関連求人

美容師の仕事に就くための情報まとめ

美容師とお客様が恋に落ちる!? 時間のない美容師の恋愛事情

美容師ってモテそうなイメージがありますが、土日の休みが取りづらく、朝早く夜遅い職種なので、恋人を作る時間もないという人も多いようです。

空いた時間で学べる「通信制度」の秘密とは? 美容学校の「通信課程」について徹底分析!

美容学校と聞くと専門学校のように学校に通って、仲間達とヘアカットやスタイリング、カラーリングなどの実技を磨いていくイメージが強いですよね。かなり忙しいし、お金がかかるとも耳にした人もいるかもしれませんが、ちょっとお手ごろな「通信課程」があるのをご存知だったでしょうか?

ハサミは形だけじゃない! 切れ味や長く使えるかどうかは素材が重要

美容師の腕を大きく左右する仕事道具の“ハサミ”。ハサミの形や大きさによって切れ方や特徴が変わってきますが、実はハサミの“素材”にも大きな違いがあることを知っていますか? 素材によってハサミの切れ味が変わったり、どのぐらい持つかということが大きく変わっくるのです。

美容師のハサミってどこで買えばいいの? その疑問にお答えする“美容師のハサミの購入方法”

みなさん、普段ハサミってどこで買っていますか? 「いやどこでも売ってますよ」っていう返事が返ってきそうですが、実は美容師が使うハサミはどこでも売っていないんです! 最近では通販やネットオークションなどで比較的簡単に買えるようになってきましたが、基本的に美容師用のハサミって一般の人は購入できないんです。

自分にぴったりのシザーケースを選ぼう! 選び方とオススメブランド

美容師が仕事をするために必要不可欠な“ハサミ”。カットやヘアスタイルに合わせてハサミの種類を変えることも多いので、何本かを使い分けている人がほとんどですよね。でも、ハサミを変える度に収納場所まで行って取り替えるとなると、ちょっと面倒くさい…。

美容師に必要な最終学歴

美を扱う仕事というのはいつの時代もあこがれの職業。その中でも特に人気なのが美容師です。しかし、美容師という職業は美容室に勤務するだけではなれません。美容師として仕事をしていくためには、美容師としての免許が必要なのです。

美容師になるためには専門の資格が必要です! 資格や取得条件など事前に確認しておきましょう

美容師として働くには、国家資格が必要です。そのためには、美容学校へ入って勉強しなければなりません。でも、美容学校に入るには中卒でも大丈夫なのでしょうか?そこで、美容師になるために必要な学歴についてお伝えします。

美容師になるには -美容師のお仕事

美容師というと華やかなイメージのある職業。 一方、生活に欠かせない身近な存在でもあり、人をキレイにする美容のプロとして、代表的な職種といえるでしょう。

美容師免許取得編 -美容師になるには

美容師になるための必須条件は、美容師国家資格を取得しなくてはいけません。受験者数は年々減少傾向にありますが、合格率は上がっています。

「美容師免許をなくした…」そんな時はすぐに再発行! 美容師免許の再交付や変更などの方法とポイント

美容師という仕事をするにあたって、美容師免許は不可欠です。国家試験合格後に申請手続きをしてやっと免許が交付されるので、初めての美容師免許の申請を困惑しながら行ったという人もいるかもしれません。

美容師試験に合格したらすぐに美容師免許の申請スタート! 初申請の方法やポイントとは?

美容師になるにはスキルやセンスを磨くことも大切ですが、まずは美容師の国家試験に合格することが大切です。厳しい練習や勉強の末に試験に合格できれば、晴れてアナタも美容師に。「これからがんばるぞー!」と意気込むのは良いですが、美容師免許の申請はお済みですか?

美容師のお給料が安いってホント!? 役職別に給与・年収の実態を知ろう!

体力仕事の上、お給料も安いと言われている美容師ですが、その給与が実際にどのくらいなのか正確な数字を知らない人も多いのではないでしょうか? ある程度きちんとした数字を知っておけば、自分の将来計画も立てやすくなりますよ。

国際化の波が美容師にも押し寄せる!? 転職にもプラスになる美容院での接客英語

美を扱う職業として大人気の美容師という仕事。自分の技術を高めるために、ヘアメイクアーティストとして海外に留学・就職する人も多いですね。そんな時に必要なのが“英語力”。

ここでのミスが一番の痛手!? 美容師国家試験当日の持ち物&服装に気をつけろ!

試験対策もばっちり済ませて自信満々! という状態でも、怖いのが“忘れ物”ですよね。学校の近くまで来て「あっ、あれ忘れた…」なんて思っても、戻るのには時間が無くて間に合わない…なんて、誰もが一度は経験したことがあるのでは無いでしょうか?

毎年2万人以上が受験する「美容師国家試験」の合格率や基準を大公開!!

毎年2万5千人以上もの人が受験する“美容師国家試験”。この中の多くの人が、美容師国家試験を受けて、4月からそれぞれのサロンで働き始めています。しかし、実際に全員が全員受験するわけでも、合格するわけでもありません。

実力が今、試される!「美容師国家試験・実技試験」について詳しく解説!

美容師国家試験の本髄とも言える「実技試験」。限られた時間の中で自分の納得いくものを仕上げるのは中々難しいもの。しかも、試験官の厳しいチェックが入っていると思うと余計に緊張しますよね。

過去問つきで解説! 美容師国家試験の“筆記試験”の詳しい内容をチェックしよう!

美容師になるために避けては通れない「美容師国家試験」。その関門のひとつ“筆記試験”は、まさに記憶力との勝負です。2年間、美容学校でみっちり覚えてきたことを何回も復習して覚えなければいけないので、勉強が苦手な人はちょっと憂鬱かもしれません。