美容スペシャリストな自分になるために

2019.10.29

美容師

お子様の晴れ舞台を彩る七五三ヘアメイク&フォトスタジオのお仕事


 

一生に一度の晴れ舞台「七五三」。7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝う年中行事で、小さな子どもが真っ赤な口紅を塗り、着物を着て神社にお参りに行く姿は見ていて微笑ましくなります。

 

子どもが7歳、5歳、3歳になった年の11月15日にお祝いするのが慣例となっています。色とりどりの着物に包まれて、我が子の晴れ舞台を一生残しておきたい。子どもの成長を記録するといった意味で活用されているのが「フォトスタジオ」。

 

当日は、お参りで慌ただしくしていたりお天気に恵まれるとは限りません。フォトスタジオでは、着物を着付けてヘアメイクを施し、事前に写真を撮っておきます。今回は、フォトスタジオでどんな仕事がおこなわれているのかをご紹介します。

フォトスタジオでの仕事は大きく分けると3つの役割がある


 

フォトスタジオでのお仕事は大きく分けると3つの役割があり、各分野でのプロによって大切な一枚を作り上げて行きます。

  • カメラマン
  • カメラマンアシスタント
  • 衣装選び、着付け、ヘアメイク

カメラマンのお仕事

カメラマンは、七五三だけでなく結婚式や成人式、入学式や卒業式など様々なお祝いごとに合わせて撮影していきます。最近では、子どもに特化したフォトスタジオや成人式や結婚式に特化したフォトスタジオがあるため、得意とする分野で勤めて行くのも良いですよね。

 

七五三での撮影は、子どもがメインとなるので大人の様にはスムーズにはいきません。ポーズを決められるわけでもないし、じっとしている事ができないお子様もたくさんいます。その中で、一番の笑顔や素朴な表情を引き出すのもカメラマンの腕の見せ所。シャッターチャンスを逃さずに、欲しい場所に目線がくるように工夫する必要があります。

 

カメラマンのお仕事はカメラの準備や光の当て方などの撮影準備も行いますが、写真を良く見せられるように背景の設定や構図を検討していきます。

カメラマンアシスタントのお仕事

カメラマンアシスタントは、その名の通りカメラマンをアシストします。まだ、カメラを取り扱う技術が備わっておらず勉強する期間でもあります。はじめから髪を切ることのできない美容師がまずはアシスタントとして修業するように、カメラマンにもカメラマンアシスタントという仕事が存在するのです。

 

一生に一度の記念写真なので、お客様にとって特別な物になります。そのためにもカメラ撮影の技術をあげて喜ばれるアルバムを作りたいですね。

 

カメラマンアシスタントのお仕事は、カメラマンがカメラや照明の準備をしている間に、スタジオの背景や小物などの準備をおこないます。また、お客様を誘導し立ち位置やポーズの指示をして、衣装のチェックや光の当たり方なども確認します。アシスタントの時期に、沢山、子どもと接し笑顔の引き出し方も学んでおくと良いかもしれませんね。

衣装選び、着付け、ヘアメイクのお仕事

お宮参りや百日祝い、七五三など赤ちゃんや子どもメインのフォトスタジオでは、衣装選びや着付け、ヘアメイクが主な仕事となります。

 

衣装には着物やドレスの他に、着ぐるみなども用意しています。衣装に合わせて小物もたくさんあり、日本髪に合わせたかんざしや洋風ドレスに合わせたティアラなど全体のバランスを見て決めて行きます。

 

子どもへのメイクは、アイシャドウとチーク、口紅などのポイントメイクをおこないます。繊細なお肌にメイクをしていくことになるので、より一層慎重におこなうようにしましょう。メイクを嫌がるお子様もいるのでカメラ撮影と同様、短い時間でどれだけ良い仕上がりに出来るかが勝負となります。

 

衣装選びは、お客様の意向を聞きながらスタジオで用意している物の中から選んでいくので、ただ好きな色というだけでなくその子の魅力を引き出せる衣装を選んであげられるように経験を積んでいきましょう。

 

また、着物やドレスは衣装自体が派手なため、普段着とは違い顔の写り方が変わってきます。事前にパーソナルカラーや色彩を学んでおくことで、的確なアドバイスができ衣装選定をするにあたっても役立つ技術となるでしょう。

フォトスタジオでの1日


 

カメラマンやアシスタント、着付けやヘアメイクと役割分担されているフォトスタジオもありますし、少人数で全てを担当するスタイルのフォトスタジオもあります。

 

お客様がご来店してからどのような流れで撮影まで行われているのかを見て行きましょう。

お出迎え

お子様を連れてご来店されるので、一日のはじまりとして接客の基本「笑顔」でお出迎えします。子どもが苦手という方だと親御さんだけに挨拶してしまいがちです。苦手だからどう接して良いかわからず、無意識に避けてしまうこともあります。ですが、撮影を成功させる鍵はお子様です。

 

どれだけリラックスして過ごしてもらえるかで、写真の仕上がりが全然違います。泣き顔で写真に写るより、せっかくなら笑顔の写真を残したいものです。ご来店された瞬間からお子様の心を掴んで、撮影時にはたくさんの笑顔を引き出してくださいね。

衣装選び

事前に衣装を決めておく場合もありますが、衣装部屋に案内しお子様に似合う衣装を決めて行きます。七五三の写真撮りでは、家族写真を撮る事が多くお子様だけでなく親御さんの衣装も依頼されることがあります。

 

衣装選びのお仕事はあまり目立たない仕事ではありますが、何年後かにアルバムを見返してみても後悔のない衣装を選んであげることが大切。お客様が納得いくまで意見を聞きながら決めて行きましょう。

着付けヘアメイク

着付けやヘアメイクは、専門的な技術を要し着付けに関しては資格を持っている人も多いでしょう。フォトスタジオでは、資格を保持した着付け師さんを募集しているところもありますので、既に資格を持っている人は大いに技術を活かしていきましょう。

 

着付けも、成人式や結婚式で大人に着付けるのと七五三で子どもに着付けるのでは違い、動きが多い子どもには特に崩れないようにしないといけません。また、着付けの技術を身に付けておくと、毎年の成人式で仕事の依頼が入るなどとても役立ちますよ。

 

ヘアメイクでは、日本髪風やドレスに合う髪型など毎年流行りも変わっていくものです。ヘアアレンジだけでなくアイシャドウやチークの色にも流行があるため、今流行っているからOKと言うことではなく、いつ見てもおかしくないメイクをするように心がけましょう。

撮影

衣装を着付けて、ヘアメイクも完了すれば撮影の準備は整いました。着付けやヘアメイクをしている間にカメラや照明の準備を済ませておくので、お子様の準備が出来次第すぐに始めて行きます。

 

撮影は時間勝負。迷っている暇はありません。この数分間のために、笑顔の引き出し方を学び、シャッターチャンスを作りだします。

写真選び

写真撮影が終われば親御さんと写真選びをします。何度も見返したくなる写真を選んでもらうのがポイント。ずっと残るものなので、お客様の反応もしっかり見ながら決定します。

 

この時に、写真を入れる額やキーホルダーなどの小物、アルバムや台紙などの説明をおこないます。

お見送り

「ここを選んでよかった!」「下の子(弟や妹)の七五三も絶対ココ!」と思ってもらえるような接客をし、お見送りをしましょう。

 

フォトスタジオでの写真撮影は何度も経験できる事ではありません。そのため、フォトスタジオでの時間は特別なものになります。お見送りの際に、「おめでとうございます」の気持ちを出しながら笑顔で送り出すことで、お客様は良い印象のフォトスタジオとして記憶に残してくれるでしょう。

フォトスタジオで働く前に勉強しておきたいこと


 

フォトスタジオで働くにあたり、事前に学んでおくと役に立つ事があります。カメラやヘアメイク、着付けの技術を学ぶことは大前提ですがその他にも知っていると良い事もあります。

日本の行事

フォトスタジオには、結婚式の前撮りや誕生祝いなどで撮影に来ることもありますが、子どもの行事が関係する撮影が多いのも事実。

 

お宮参り、百日祝い、端午の節句、桃の節句、そして七五三。子どもの行事は数多くあり、全てを把握している人は少ないのではないでしょうか。フォトスタジオで働きたいと考えているのであれば、予備知識として頭に入れておくと入社後もスムーズに取りかかれます。

子どもについて

一日中、子どもと接するフォトスタジオでの仕事。赤ちゃんから小学生まで、もともと子どもと接するのを得意としている人は子どもの笑顔を作り出すのに、さほど苦労しないでしょう。

 

ですが、慣れない撮影で緊張している親御さんやお子様がどうしても心を開いてくれないという事はよくある事です。お子様だけでなく親御さんが身構えている場合には、普段通りの笑顔を引き出すことは難しくなります。

 

あまり子どもと接する機会がない人は、何歳くらいのお子様が来るのか頭に入れておき子どもの目線になって話しかけられるように準備をしておきましょう。長く働くことで経験値が上がり慣れて行くかもしれませんね。

フォトスタジオでやりがいを感じるポイント


 

フォトスタジオは、「おめでとう」「ありがとう」に溢れた職場環境です。赤ちゃんのお宮参りから始まり、七五三や成人式と人生の大きなイベントで写真を残す家族が多く、お客様としてもとても大切なこと。お客様の大切な日を残すため失敗はできないのです。

 

ですが、突然泣き出してしまうお子様をあやしたり、最高の笑顔を引き出した時にはその笑顔に癒されます。思い通りにいかず苦労する事もありますが、お子様がなついてくれて「また、あのお店に行きたい」と言ってくれる時には全ての疲れが吹き飛びます。嘘のない子どもからの意見だからこそ、最高にうれしい瞬間となります。

 

記念日ごとに写真を残してくれる家庭では一緒に成長を見守れるのもやりがいとなります。長く勤めていれば、お宮参りで初めてご来店されたお客様も七五三や成人式などと成長を見続けられるのです。

美容師の関連求人

美容師の仕事に就くための情報まとめ

美容師とお客様が恋に落ちる!? 時間のない美容師の恋愛事情

美容師ってモテそうなイメージがありますが、土日の休みが取りづらく、朝早く夜遅い職種なので、恋人を作る時間もないという人も多いようです。

空いた時間で学べる「通信制度」の秘密とは? 美容学校の「通信課程」について徹底分析!

美容学校と聞くと専門学校のように学校に通って、仲間達とヘアカットやスタイリング、カラーリングなどの実技を磨いていくイメージが強いですよね。かなり忙しいし、お金がかかるとも耳にした人もいるかもしれませんが、ちょっとお手ごろな「通信課程」があるのをご存知だったでしょうか?

ハサミは形だけじゃない! 切れ味や長く使えるかどうかは素材が重要

美容師の腕を大きく左右する仕事道具の“ハサミ”。ハサミの形や大きさによって切れ方や特徴が変わってきますが、実はハサミの“素材”にも大きな違いがあることを知っていますか? 素材によってハサミの切れ味が変わったり、どのぐらい持つかということが大きく変わっくるのです。

美容師のハサミってどこで買えばいいの? その疑問にお答えする“美容師のハサミの購入方法”

みなさん、普段ハサミってどこで買っていますか? 「いやどこでも売ってますよ」っていう返事が返ってきそうですが、実は美容師が使うハサミはどこでも売っていないんです! 最近では通販やネットオークションなどで比較的簡単に買えるようになってきましたが、基本的に美容師用のハサミって一般の人は購入できないんです。

自分にぴったりのシザーケースを選ぼう! 選び方とオススメブランド

美容師が仕事をするために必要不可欠な“ハサミ”。カットやヘアスタイルに合わせてハサミの種類を変えることも多いので、何本かを使い分けている人がほとんどですよね。でも、ハサミを変える度に収納場所まで行って取り替えるとなると、ちょっと面倒くさい…。

美容師に必要な最終学歴

美を扱う仕事というのはいつの時代もあこがれの職業。その中でも特に人気なのが美容師です。しかし、美容師という職業は美容室に勤務するだけではなれません。美容師として仕事をしていくためには、美容師としての免許が必要なのです。

美容師になるためには専門の資格が必要です! 資格や取得条件など事前に確認しておきましょう

美容師として働くには、国家資格が必要です。そのためには、美容学校へ入って勉強しなければなりません。でも、美容学校に入るには中卒でも大丈夫なのでしょうか?そこで、美容師になるために必要な学歴についてお伝えします。

美容師になるには -美容師のお仕事

美容師というと華やかなイメージのある職業。 一方、生活に欠かせない身近な存在でもあり、人をキレイにする美容のプロとして、代表的な職種といえるでしょう。

美容師免許取得編 -美容師になるには

美容師になるための必須条件は、美容師国家資格を取得しなくてはいけません。受験者数は年々減少傾向にありますが、合格率は上がっています。

「美容師免許をなくした…」そんな時はすぐに再発行! 美容師免許の再交付や変更などの方法とポイント

美容師という仕事をするにあたって、美容師免許は不可欠です。国家試験合格後に申請手続きをしてやっと免許が交付されるので、初めての美容師免許の申請を困惑しながら行ったという人もいるかもしれません。

美容師試験に合格したらすぐに美容師免許の申請スタート! 初申請の方法やポイントとは?

美容師になるにはスキルやセンスを磨くことも大切ですが、まずは美容師の国家試験に合格することが大切です。厳しい練習や勉強の末に試験に合格できれば、晴れてアナタも美容師に。「これからがんばるぞー!」と意気込むのは良いですが、美容師免許の申請はお済みですか?

美容師のお給料が安いってホント!? 役職別に給与・年収の実態を知ろう!

体力仕事の上、お給料も安いと言われている美容師ですが、その給与が実際にどのくらいなのか正確な数字を知らない人も多いのではないでしょうか? ある程度きちんとした数字を知っておけば、自分の将来計画も立てやすくなりますよ。

国際化の波が美容師にも押し寄せる!? 転職にもプラスになる美容院での接客英語

美を扱う職業として大人気の美容師という仕事。自分の技術を高めるために、ヘアメイクアーティストとして海外に留学・就職する人も多いですね。そんな時に必要なのが“英語力”。

ここでのミスが一番の痛手!? 美容師国家試験当日の持ち物&服装に気をつけろ!

試験対策もばっちり済ませて自信満々! という状態でも、怖いのが“忘れ物”ですよね。学校の近くまで来て「あっ、あれ忘れた…」なんて思っても、戻るのには時間が無くて間に合わない…なんて、誰もが一度は経験したことがあるのでは無いでしょうか?

毎年2万人以上が受験する「美容師国家試験」の合格率や基準を大公開!!

毎年2万5千人以上もの人が受験する“美容師国家試験”。この中の多くの人が、美容師国家試験を受けて、4月からそれぞれのサロンで働き始めています。しかし、実際に全員が全員受験するわけでも、合格するわけでもありません。

実力が今、試される!「美容師国家試験・実技試験」について詳しく解説!

美容師国家試験の本髄とも言える「実技試験」。限られた時間の中で自分の納得いくものを仕上げるのは中々難しいもの。しかも、試験官の厳しいチェックが入っていると思うと余計に緊張しますよね。

過去問つきで解説! 美容師国家試験の“筆記試験”の詳しい内容をチェックしよう!

美容師になるために避けては通れない「美容師国家試験」。その関門のひとつ“筆記試験”は、まさに記憶力との勝負です。2年間、美容学校でみっちり覚えてきたことを何回も復習して覚えなければいけないので、勉強が苦手な人はちょっと憂鬱かもしれません。