美容スペシャリストな自分になるために

2016年5月13日更新

ブライダル

夢のブライダル業界に入るために! 学校の種類や選び方


ブライダル業界で働くために「まずは学校に通って勉強しよう!」と思っても、いざ学校を選ぶ段階になるとたくさん数があるし、どの学校が一番いいのか、なかなか判断が難しいですよね。
 
また、ブライダルの仕事をやってみたくなったけど、今は別の仕事をしていたり大学に通っていたりして、学校には通えないという方もいるかもしれません。そんな方でも大丈夫! ブライダルの学校には、がっつり学べる専門学校から自宅でも学べる通信講座まで、幅広い種類があるのです。

専門学校

昼課程の専門学校

将来はブライダルの仕事がしたい! とすでに目標が決まっていて、毎日学校に通う時間がある方には昼課程の専門学校がおすすめです。期間の方は、他の専門学校と同じく2年間が一般的。学校によっては1年間で修了するコースや、3年間をかけて学ぶところもあります。また、昼課程の学校では専門学校以外にもブライダル系のコースを備えている短期大学もあるので、なかなか条件にあった学校が見つからないという方は、短期大学も視野に入れて探してみると良いかもしれません。
 

夜課程の専門学校

専門学校に通ってしっかり勉強したいけど、仕事や学校で昼間は時間がない…という方は夜課程の学校で学ぶ方法も。時間帯は、18時~22時頃までが一般的。平日は座学のみになりますが、土日には結婚式の現場での実習を設けている学校が多いので、ブライダル業界に必要な実践的な能力を身につけることができます。
 

スクールや通信講座

短期集中のスクール

専門学校では2年間でみっちり実践的な勉強ができますが、ある程度まとまったお金が必要になります。学校で勉強したいけど経済的には少し厳しい…という方には短期集中のスクールで学ぶという道がオススメ。ブライダル系のスクールは全国で数百校あるとも言われ、期間も3カ月や6カ月、9カ月と幅広くあるので、自分にあったスクールを選びましょう。アルバイトや派遣社員の方、長期休暇を利用して通う学生の方が多いようです。
 

通信講座

ブライダル業界に転職したいけど、仕事が忙しくて平日の夜も土日も時間が作れないという方も中にはいるでしょう。仕事を辞め、思い切って業界に飛び込んでしまうのもありかもしれませんが、なかなか踏ん切りがつかないものです。そんな方にも、通信の講座で空いた時間を使って学ぶ方法があります。しかし、一人で勉強するのはモチベーションが保ちづらいもの。通信講座でブライダル業界への就職につなげるには、強い意志が必要かもしれません。
 

学校ではどんなことを学ぶの?

プランナー、ビューティーコーディネーター、フラワーコーディネーター、バンケット、音響照明などの技術スタッフと、様々な職種が協力して働くブライダル業界。しかし、学校を卒業していざ式場やホテルに就職するとなったときに、必ずしも希望の職種に就けるというわけではないようです。特に結婚式を総合的にプロデュースし、お客様と打ち合わせも行うプランナーの場合は、就職してからも下積みの期間が必要です。そのため、学校ではまず、ブライダル業界で全ての職種に共通して必要になる幅広い知識を学びます。

専門学校

専門学校の場合は、1年次にビジネスマナー・接客術・ドレスコーディネート・着付け・業界情勢などを学び、2年次から希望の職種に応じたコースを選択する形の学校が多いようです。コースは「プランナーコース」「コーディネーターコース」の2種類が用意されている学校が多く、プランナー・バンケット・アテンダーなどは「プランナーコース」を、コーディネーター・ネイリスト・エステティシャンなどは「コーディネーターコース」を選択して学ぶことになります。フラワーコーディネーターや音響照明などの技術スタッフのコースは設置されていない学校もあるので、入学する学校のコースはしっかり確認しておきましょう。

養成スクールと通信講座

養成スクール・通信講座の場合は、何個か用意されているコースを自分が希望する職種に応じて選択し、受講するコースごとに料金を払っていく形のスクールが多いようです。学ぶことが限定されたコース、基礎からしっかりと学んでいくコースと様々なものがあるので、こちらも自分に合ったものを選びましょう。
 
また、英語や宗教の講義が充実している学校も。宗教を学ぶというとちょっと意外に思うかもしれませんが、ブライダル業界で働くのに宗教の知識は欠かせません。
 

学校を選ぶポイント

希望の職種がはっきりしていれば、その職種のコースが充実している学校を選べばいいのですから、学校を選ぶのにもそんなに苦労しませんよね。しかし、職種はまだわからないが「とにかくブライダル業界に入りたい!」という方もたくさんいると思います。そんな方は、まずは専門学校がオススメかもしれません。専門学校では全ての職種で必要になる基礎を2年間でみっちり学び、実習で現場に触れる機会も多いので、幅広い知識を身につけながら希望の職種を見つけられるのではないでしょうか。
 
希望の職種がはっきりしている方は、専門学校に通う必要がないかもしれません。例えば
「絶対にフラワーコーディネーターになりたい!」などと決まっている方は、スクールでフラワーコーディネートのコースを集中して学んだり、通信講座を受けながら花屋さんで働く道もあります。
 


 
 
大切なのは、専門学校なのか養成スクールなのかという学校の形ではなく、自分が何をしたいのかということです。学校選びは将来の自分を思い描いて真剣に行いましょう!

ブライダルの関連求人