美容スペシャリストな自分になるために

2016年5月16日更新

エステティシャン

必要なのは勇気だけ? サロンに直接就職してエステティシャンになろう!


エステティシャンとして働きたい! と思った時、専門学校やスクールでまず資格をとらないといけないと考えてしまいがちですが、実はエステティシャンは未経験での募集もたくさんあるんです。
 
まず飛び込んでみることも、エステティシャンになるための方法の一つ。研修や実践経験を積むことで、現場で着実に自分のスキルを上げていくことが出来ます。今回は、エステサロンに直接就職して、エステティシャンになる方法を紹介していきます。

エステサロンに直接就職するメリット・デメリット

専門学校やスクールで資格を取得することだけが正解ではありません! サロンに直接就職してエステティシャンを目指すからこそのメリットを挙げてみましょう。

メリット

メリットは、なんといっても現場で知識をつけていくことが出来るということ。習うより慣れろというように、体験に勝る学習方法はありません。また、働いているのですから、お給料をもらいながら勉強することができます。学校やスクールに通うためにはどうしてもお金がかかってしまうので、お金も貰えるし、経験も積めるしで言うことなしですよね。もちろん、メリットばかりではありませんよ。

デメリット

デメリットは、最初はどうしても知識が足りずに、サポートや事務といった施術以外の仕事からのスタートとなってしまうこと。また、知識をつけていくためには、勉強やサロンでおこなう講習会への参加が必要になるので、しばらくはとても忙しい日々が続くことになります。しかし、エステティシャンとして働くために必要不可欠なことなので、ポジティブな姿勢で取り組んでいきましょう。
 

どうやって知識を学んでいくの?

どのような方法で知識や技術を学んでいくのかを知ることで、エステサロンに就職するための一歩が踏み出しやすくなりますよね。次は、就職後の勉強方法です。
 
未経験での就職後、エステサロンでは研修をおこなっているところが多くなっています。サロン業界は未経験での就職・転職が多く、サロン側もすぐにエステティシャンとしては活躍できるとは思っていません。勉強や実習が必要なことは承知の上です。勤務しているサロンの先輩が研修を担当、他にはサロン経営元が主催する研修会に参加するという形が一般的です。また、資格取得サポートをおこなっているサロンも多く、受験対策研修の開催や、受験費用の補助、必要な休暇を有給扱いにしてくれる制度などが完備しているところもあるので、就職先を探す際には参考にしてみましょう。
 

未経験での就職ってどういうサロンがオススメ?

「未経験歓迎」でエステサロンの求人を検索すると、想像よりたくさんの求人があります。しかし多すぎてどのサロンがいいのか、選ぶのって大変ですよね。そんな人のために、エステサロンを選ぶポイントを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

研修や資格取得サポートがあるかどうか

先ほども紹介した通り、未経験の就職では研修や勉強が必須です。きちんとした研修制度があるところがいいですよね。サロンによってどの程度力を入れているかは変わってくるので、求人にきちんと記載してあるサロンを選ぶことがオススメです。また、内容について分からないときは電話して聞いたり、面接の時に尋ねて、自分のスキルをつけていくことが出来るか確認しておきましょう。

キャリアアップが見込めるかどうか

未経験の応募で正社員となれる場合もありますが、アルバイトや派遣社員からスタートという場合は、正社員登用の制度があるのか、また実際に正社員になった人はいるのかどうか、ということも確認しておきましょう。
 
せっかく知識や技術を身につけて、エステティシャンとして活躍できるようになったのに最初と同じ給料や待遇ではモチベーションも上がりません。自分の目標とするところを決めるためにも、自分がキャリアアップしていける環境であるかどうかを知ることも大切ですよ。
 
また、エステサロンを選ぶ際には実際にお客様として足を運んでみるといいでしょう。お金はかかってしまいますが、サロンで施術を受けて、雰囲気を感じてみることで自分が働いていけるか判断することができますし、こんなサロンで働きたい! と思えればモチベーションもあがります。それに、どんな仕事でも人間関係が悪ければ楽しくなくなってしまいます。施術してもらっている間に、サロン内の人間関係についてさらっと聞いてみるのもいいかもしれませんね。

 


 
 
未経験、しかも知識も技術もない状態で新たな業界に飛び込むということはとても勇気が必要なことです。しかしサロン業界は、飛び込んできたあなたを立派なエステティシャンにするために様々な制度を用意してくれています。エステティシャンになるには、あとはあなたが一歩踏み出すだけかもしれませんよ。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。