美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.06.15

エステティシャン

ワキトラブルに悩む女性必見! 女優・菜々緒が美ワキを披露

夏はノースリーブや水着など、ワキを見せる機会が多くなりますよね。でもムダ毛処理が甘かったり、ワキにコンプレックスがあると堂々としたワキ見せが難しくなるもの…。そんな中、モデルで女優の菜々緒がSNSで美ワキを披露しました。

ワキトラブルとは無縁の菜々緒

菜々緒は5月28日のInstagramに1枚の画像を投稿。その中で菜々緒は、ドラマ『ボク、運命の人です。』で共演している満島真之介とともに、両手を頭の上に置いてワキを大胆に披露していました。菜々緒のワキにはムダ毛はもちろん、黒ずみなども一切見当たりません。
 
一方でSNSを中心に、「私は脇がとても汚くて悩んでいます」「夏が怖い…ノースリーブ着れる人がうらやましい」「わきの黒ずみやブツブツが治らない」「毛穴が埋まってる」という声が多く上がっています。ワキトラブルに悩んでいる女性は多いようなので、菜々緒のような美ワキには憧れてしまいますよね。

間違った脱毛方法がワキトラブルの原因?

多くの女性が悩むワキトラブルですが、その原因の多くは間違ったムダ毛処理といえるかもしれません。ワキ毛の代表的な処理方法といえば“カミソリで剃る”ですが、カミソリは肌にかかる負担が大きいので、肌がカミソリ負けしてしまったり、刺激から肌を守ろうと色素沈着を起こして黒ずみになってしまいます。
 
また毛抜きを使って毛を抜く方法は持続力が高いのが特徴ですが、毛を無理やり抜くことで毛穴が炎症を起こしたり、毛穴が皮膚に埋もれる「埋没毛」の原因となることも。
 
ムダ毛の処理以外にも、制汗剤の多用や皮脂汚れがワキの黒ずみにつながることがあります。ワキは汗や皮脂の分泌が多い部位でもあるため汚れが溜まりやすく、また衣服による摩擦で刺激を受けやすいのが原因と考えられています。

脇トラブルの予防方法&解決方法

ワキトラブルを防ぐ、あるいは解決していく方法は大きく分けて2つ。1つ目は肌への負担を減らすことです。例えば、肌への負担が少ない電気シェーバーで処理をする、カミソリで処理する場合には必ず専用のクリームを塗ってから剃るなどの方法があります。
 
2つ目はワキを清潔に保つこと。毎日お風呂でキレイにするのはもちろん、汗をかいたらこまめに拭く、1日に何度も制汗剤を使う場合はウエットティッシュなどでワキをキレイにしてからつけ直すなど、ちょっとした工夫でOK。
 
また黒ずみや毛穴のブツブツなどの症状がひどいという人は、専門家の協力を得るのも効果的な方法です。美容系の皮膚科の場合は、ワキの黒ずみをとるケミカルピーリングや、医療脱毛などワキトラブルを解決するための治療法が用意されていることが多いので、試しに相談してみるのも良いですね。
 
画像出典:菜々緒 Instagram

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。