美容スペシャリストな自分になるために

2016年6月20日更新

エステティシャン

食べるだけでキレイになれる!? デトックス効果のある食材


体に溜まった毒素や老廃物を排出するデトックスという健康法は、ダイエットや美肌のために効果があるため近年多くの人から注目を集めています。そこでは水分を多くとるようにしたり、腸内洗浄を行ったりと様々な方法が用いられていますね。
 
とはいえ中にはデトックスという言葉を聞いて難しそうだと感じて、手を出せないでいる人もいるはず。そんな人にオススメしたいのが、食べるだけでデトックスの効果を得られるデトックス食材です。ここではデトックス食材の数々を紹介するので、ぜひ日々の生活に取り入れて、お手軽にキレイになっていきましょう!

腸に良い食材

人の体に元々備わったデトックス機能の内、ほとんどが腸によって担われています。体に溜まった余分なものは75%が便によって排出されるとも言われているほどなので、腸を健康に保つことはとても大切なんですね。便秘解消の効果で知られる食物繊維には、腸内の毒素を吸着して排出しやすくしてくれるという効果もあります。
 
そのため腸内をキレイにしたいなら、食物繊維が多く含まれるゴボウやレンコン、こんにゃくなどを食べるように意識すると良いでしょう。また、ひじきには多くの食物繊維に加えて、新陳代謝を活発にしてくれるヨウ素も含まれています。デトックスだけでなく美肌にも効果があるのでオススメの食材ですよ。そのほかにもワカメなどの海藻や穀類、豆類も食物繊維が豊富で、腸のデトックスに役立つと言われています。
 

肝臓の機能を高める食材

腸と同様に毒素を取り除く機能を担っているのが肝臓です。肝臓は毒素を分解したり、有害物質が尿として排出されるよう、水に溶けやすくしたりする働きを担っています。肝臓の機能が低下すると、毒素が十分に分解されず肌荒れなどの原因になることも。肝臓をいたわることはデトックスにおいて必要不可欠なんですね。
 
そこで役に立つのはなんといっても亜鉛を含んだ食材。肝臓の毒素分解作用を活発にする亜鉛は豚肉(特にレバー)や牛肉、牡蠣といった食材に多く含まれています。また、しじみには亜鉛に加えて肝臓の働きを良くするオルニチンやタウリンも含まれているので、アルコールで肝臓が弱ったときなどに摂取すると良いでしょう。亜鉛は尿や汗によってどんどん失われていってしまうので、不足しないように意識して食生活を組み立てることをオススメします。
 
ほかにもワサビやラディッシュ、タマネギなどが肝臓で毒素を分解する酵素を手助けする食材として知られています。とくにワサビには解毒のほか、抗酸化作用や血流を促進する効果もあり、アメリカではサプリメントになるほど注目されていて、ワサビデトックスに夢中になる人が続出しているようです。
 

血液をキレイにしてくれる食材

毒素や老廃物は全身を流れる血液にも含まれています。そのため血液をキレイにして、よく流れるようにすることで、美容だけでなく健康にも高い効果が得られるんです。役に立つ食材の代表格は、たとえば大豆。大豆サポニンという成分が血中のコレステロールを減らして、血液をサラサラにしてくれます。そのほかニンニクやネギ、タマネギにも同様の効果があるのでオススメです。
 
また、サンマやサバ、アジやイワシといった魚類に含まれているEPAやDHAにも血液のデトックス効果が。EPAは血液中のコレステロール値を下げたり、血中の脂肪の代謝を促進したり、血栓ができるのを防いでくれる作用があります。サプリメントとしてよく見かけるDHAにも、血液中の脂肪を減少させてくれる効果があるので、さらに血液をキレイにできるんですね。とくにそういった成分が多く含まれるのは、魚のトロや目の周りに固まったゼラチン質なので意識して食べてみましょう。
 

抗酸化作用のある食材

ガンや生活習慣病、そして何より老化の原因になることで有名な活性酸素。デトックス食材には、その働きを抑えてくれる抗酸化物質が含まれているものがあります。抗酸化物質として最もポピュラーなのは、ビタミンCやβ-カロテンですね。ビタミンCは柑橘系のフルーツやバナナ、イチゴ、それにピーマンやカボチャ、ニンジンといった緑黄色野菜に多く含まれています。また、緑黄色野菜にはβ-カロテンも含まれているためお得ですね。さらに、サクランボやトマトに含まれるリコピンや赤ワインやカカオが含有するポリフェノール、大豆イソフラボンなどにも抗酸化作用があるとされています。
 
なお、野菜の栄養分には高温で加熱すると失われてしまうものもあるので、調理法にも気を遣うとさらに高い効果が得られるはず。活性酸素をデトックスすることで若々しくて美しい体を手に入れましょう。
 


 
 
普段口にしている食べ物に実はデトックス効果があったと知って、驚いた人もいるんじゃないでしょうか? デトックス食材は決して特別なものではなく、毎日の食生活に取り入れられるものなんです。正しい知識を身につければ、手軽に美しくなることができますよ。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント