美容スペシャリストな自分になるために

2016年6月22日更新

エステティシャン

肌本来の美しさを取り戻す! “ピーリング”の方法と種類


朝起きて肌の調子が良いと、化粧のノリが良くなって気分も上がりますよね。反対にシミやくすみが気になると、その部分を隠そうと思って厚化粧になってしまったり、鏡に向かうこと自体が憂鬱になってしまう…なんてことも。
 
肌をキレイに保つためには化粧品を変えたり、フェイシャルエステに通ったりする方法がありますが、肌のターンオーバーを早める“ピーリング”も一つの方法。今回はピーリングの方法や種類について見ていきましょう。

ピーリングとはなにか?

人間の肌は通常28日周期で生まれ変わると言われています。肌の生まれ変わりは年齢を重ねると徐々に遅くなってしまい、肌のターンオーバーのサイクルが乱れてしまうことも。すると古い角質が肌の表面に残ったままになって、ニキビや吹き出物、肌のごわつきなどの原因になってしまうのです。
 
この古い角質を取り除いて、肌のターンオーバーを本来あるべき状態に戻すのがピーリングです。ピーリングをすることで余分な角質が取り除かれるので、毛穴の詰まりや肌のくすみなどを取り除くことができます。また、ピーリングの種類によっては、ニキビ跡やシミなどの気になる部分を目立たなくすることもできるのです。ピーリングには様々な種類がありますが、大きく分けて「ケミカルピーリング」と「物理的ピーリング」の二つに分けることができます。
 

溶かして除去するケミカルピーリング

ピーリングの種類としてよく取り上げられるのが“ケミカルピーリング”です。これは化学薬品を皮膚に塗り、古い角質や汚れを溶かして取り除くピーリング方法。ピーリングは通常、エステサロンなどで行われますが、ケミカルピーリング用の化粧品はドラッグストアでも販売されているのでセルフピーリングが簡単にできるのが魅力です。
 
しかし、薬剤や商品によって効果や使用感が異なるため、化粧品と同じように肌に合う・合わないがあります。相性によっては、腫れや炎症などの肌トラブルを起こしてしまうこともあるので、セルフピーリングを行う際には注意が必要。使用する前にパッチテストを行い、異常がないか確かめてからピーリングするようにしましょうね。
 

古い角質や汚れを削り取る物理的ピーリング

その名の通り、物理的な方法を使って古い角質を除去するのが“物理的ピーリング”です。余分な角質や汚れを削ることで、肌のターンオーバーを促進します。ケミカルピーリングのように薬剤を使用しないので、敏感肌やアレルギーの人も施術が受けやすいのが特徴。基本的にはエステサロンや美容系クリニックでの施術となりますが、自宅用の器具も販売されています。

ダイヤモンドピーリング

ダイヤマンドの粒子がついた金属の棒を皮膚に当てることで、古い角質を削り落としていくピーリング方法です。肌表面の凸凹が均一になるので、メイクのノリが良くなると感じる人もいるよう。また、ニキビ跡や肌の黒ずみといった特定の部分を集中的に施術することができるのも魅力です。

クリスタルピーリング

非常に小さな粒子の酸化アルミニウムを肌に直接吹きかけ、それらを専用の器具で吸引することで、皮膚表面の余分な角質や汚れを一緒に取り除くのが“クリスタルピーリング”です。酸化アルミニウムの量や吸引力によってどれくらいピーリングするかを調整できるので、気になる部分を集中的にピーリングしたり、肌の状態に合わせたピーリングをすることが可能。クリスタルピーリングは他のピーリングと違い、施術後すぐにメイクができるのもうれしいところですね。

レーザーピーリング

レーザーピーリングは毛穴の開きや頑固な黒ずみ、ニキビ跡などの改善が期待できるピーリング方法で、“カーボンピーリング”と呼ばれることもあります。レーザーピーリングでは、皮膚の表面に非常に細かい微粒子を含んだ黒色のカーボンローションやカーボンクリームを塗布。すると毛穴の中の汚れや肌の奥に詰まった汚れがこれらのカーボンに付着するので、そこにレーザーを当てると光がクリームの黒色に反応してカーボンが飛散します。このとき、余分な皮膚や汚れも一緒に取り除かれるのです。また、レーザーは暗い色にだけ反応するので、シミやそばかすの元になるメラニン色素にも反応。正常な肌組織を傷つけることなく、新たなシミやくすみを予防することもできます。
 

ハーブを使ったピーリング

上記のほか、ピーリングの新たな方法として注目されているのが天然のハーブを使用したピーリング方法です。肌のターンオーバーを速めて、通常は28日程度かかる肌の生まれ変わりを3~5日ほどで行えるようにするのが“ハーブピーリング”。
 
ハーブピーリングではハーブや海藻から抽出された天然由来の成分を肌に塗ります。それからハーブ成分の浸透を高める施術やお肌のトリートメントを行い、最後に拭き取り。ターンオーバーが進むと、皮膚の表面が自然に剥がれて、数日で新しい肌に生まれ変わります。
 
サロンに何回も通ったりせずに新しい肌が手に入るという大きなメリットがありますが、人によっては施術中や施術後に強い痛みを感じることがあるようです。また、ターンオーバー中は肌がポロポロと剥がれていくので、仕事やイベントなどの人に会う機会が多いときは施術ができないというデメリットもあります。ハーブピーリングの施術を考えている人は、事前にしっかりとカウンセリングをしておきましょう。
 


 
 
ピーリングには自宅でできるセルフピーリングから、サロンやクリニックで施術してもらう専門的なピーリングまで様々な種類があります。どの方法を選ぶ場合にも、事前にパッチテストやカウンセリングを行うなどして、安全に施術してもらうのがオススメです。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント