美容スペシャリストな自分になるために

2016年4月30日更新

エステティシャン

エステの代名詞! フェイシャルエステの目的と種類


女性なら誰でも綺麗になりたいと思いますよね。今、そんな女性たちに大人気なのがフェイシャルエステ。自宅でケアをすることも出来ますが、やはりプロに手助けしてもらうと効果は格段に違います。
 
フェイシャルエステとは、顔を中心に行われるエステサロンの施術メニューの一分野です。しかし、フェイシャルエステの中にも種類がいっぱい。どのエステにどんな効果があるのか知っておきたいものです。今回は、フェイシャルエステの目的と効果をみていきましょう。

フェイシャルエステをするとどんないいことがあるの?

綺麗になりたいから、と受ける人が多いフェイシャルエステですが、実際にどんな効果があるのか知らずに受けている人はいませんか?

肌を整えることが出来る

フェイシャルエステを行うことで肌を整えることが出来ます。特に女性はいつも化粧をしていたりするので、日常的に肌に負担がかかってしまいます。肌自体のケアをすることで、負担がかかっていた肌を元の自然な状態、健康な状態に近づけていくことがフェイシャルエステの目的の一つ。フェイシャルエステにいくと、まずはクレンジングや洗顔をしてくれることも多く、プロにきちんと汚れを落としてもらい、さらにホワイトニングやイオン導入、ケミカルピーリングを行うことで肌が生き返ります。

筋肉をほぐして血行の促進

マッサージや微弱な電流を流すことで、固まってしまっていた顔の筋肉をほぐし、血行を良くすることでしわやたるみの解消、さらに顔やその周りの筋肉が活性化するので、新陳代謝が良くなるという効果も。新陳代謝が回復することで、老廃物の排出なども行われやすくなり、にきびやふきでものの防止にも効果的。また、顔は首の筋肉と繋がっているので、顔のケアだけでなく首や肩の疲れもすっきりするという効果もあり、いいことづくし。肩や首も痛いけどそのためだけにマッサージに行くのはもったいないな…なんて思っている人はフェイシャルエステにいってみてはいかが?
 
では、実際にこれらの効果を発揮するための施術方法として、どのような施術があるのか見ていきましょう。
 

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、顔の古い角質や表皮をはがして、肌の生まれ代わりを促す施術方法。にきびや吹き出物の原因は古い表皮や汚れが肌に溜まっておきてしまうので、その汚れをすっきりと落とすことで新しい肌が作りやすくなります。にきび痕やしわなどに効果を発揮しますが、自然な方法ではなく薬品を使って施術を行っているので、肌が本来持っている水分保湿機能やバリア機能に影響を与える恐れも。ケミカルピーリングの施術を受ける時は、きちんとした専門家のもとで行うようにしましょう。
 

イオン導入

イオン導入は、ビタミンC(L-アスコルビン酸)などの美肌効果のあるものを肌にぬり、微弱な電流を流すことで肌への吸収を促す方法です。電流を流すことで、ビタミンCが小さな分子となり肌の奥まで届くので、そばかすやシミの原因になるメラニン色素に直接働きかけることが出来ます。ビタミンCには肌の油を抑える作用もあるので、にきびの悪化防止などにも効果的。ただし、あくまでも症状緩和や悪化予防になりますので、他の施術と組み合わせて行うことでより高い効果を得ることが出来ます。
 

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルは光を使用した施術方法で、シミ治療に効果があり、特殊な光を当てることでシミの原因となる紫外線に含まれる物質・メラニンを撃退してくれます。また、フォトフェイシャルで使用する光は肌のコラーゲンを生成する細胞を活性化させる働きもあるので、肌の機能を取り戻し、きめ細かな肌に。この施術方法のいいところは、施術時間の短さと肌への負担の少なさです。短時間ですむので、仕事の休憩時間、デートの前などに行くことも出来ますよ。
 

リフティング

リフティングは、肌の筋肉や血行をマッサージして顔の本来の働きを取り戻すために行われる施術方法で、ハンドマッサージのみで行う施術と、特殊なマシンを使って行うものと大きく二つに別れます。ハンドマッサージには、顔に溜まった老廃物を流すことですっきりとしたフェイスラインにしてくれる「リンパドレナージュ」や、筋肉そのものの働きを活性化させることでリフトアップや引き締めを行う「リフトアップマッサージ」などがあり、顔自体の筋肉や血行をほぐしてくれるので、目の疲れにも効果があります。マシンの施術では、微弱な電流を流すことで肌を活性化させ引き締めを促進するもの、光を当てて筋肉を刺激し老廃物を流すことで筋肉の活性化を促してくれるものがあるので、人に触られるのが少し苦手…という人にはマシンの施術がオススメです。
 

ホワイトニング

美肌効果のあるローションや美容液を、マッサージと一緒に塗りこんでもらうことで、より効果的に肌に染み込ませる方法です。プロにマッサージをしてもらいながら行うことでローションや美容液も効率よく染み込ませることができますし、なによりゆっくりとマッサージを行ってくれるのでリラックス効果も。自宅で行うケアとは一味違うプロの施術を体験してみてはいかがでしょうか。
 


 
 
これらの施術方法を、一つだけでなく、何個も組み合わせて作られているのがフェイシャルエステ。自分に本当に必要なものを組み合わせることで高い効果が得られるので、なんとなくで選ぶのではなく、目的と効果をきちんと把握しておきましょう。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。