美容スペシャリストな自分になるために

2016年7月7日更新

エステティシャン

夏だけ日焼け止めを塗っても意味がない!? 季節ごとのUV対策で美肌を手に入れよう!


美肌や美白のために日焼け対策をしている女性は多いと思いますが、「紫外線は夏だけ気をつけていれば大丈夫」なんて慢心している人も中にはいるんじゃないでしょうか? ですが実は、UV対策は夏だけしていても意味がないものなんです!
 
紫外線の脅威は季節や場所に関係なく発揮されるもので、とくに紫外線の影響が強いのは5~9月頃までと、春からなんです。また、最も紫外線の少ない冬でもUV対策をしていなければ紫外線の影響を大きく受けてしまいます。季節に合わせたUV対策を心掛けましょう。

油断すると手遅れになってしまう“春”

紫外線は3・4月頃から徐々に増え始めるので、春にはしっかりとしたUV対策をしておかないと、夏になる前に日焼けしてしまいます。とくに5月は夏は7・8月と同じぐらい紫外線が強く、服装も薄着であることが多いので注意が必要です。
 
紫外線対策のため、春になったらまずメイクをチェンジしましょう。下地やファンデーションを塗る前に日焼け止めを塗る、もしくは日焼け止め効果のある下地にするなどしてメイクにもUV対策を取り込んでみてください。洗濯物を干すときやちょっと出掛けるときなども、必ず日焼け止めを塗っておくと安心です。服装もだんだんと薄着になっていくので、首やデコルテ、腕・足など肌が露出している部分には忘れずに塗るようにしましょう。また、日傘や帽子、アームカバーなどを使うのもオススメですよ。
 
さらに、春は季節の変わり目で花粉も多いので、肌が乾燥したり、花粉症の人はアレルギーで肌が敏感になっています。肌が敏感な状態だと、通常よりも大きく紫外線の影響を受けてしまうので、普段のスキンケアをしっかりして肌に潤いを保っておきましょう。
 

徹底したUV対策で“夏”を乗りきる!

夏は1年のうちで最も紫外線が強い時期なので、つねにUV対策が必要です。紫外線にはガラスを通り抜けてしまう種類もあるので、室内でもUV対策が必須。外出する予定がなくても、日焼け止めはしっかりと塗っておきましょう。
 
また、SPFやPAといった日焼け止め効果が高いものでも、水に濡れると落ちやすくなってしまいます。夏場は汗をかきやすいので、2~3時間おきに日焼け止めを塗るなど、こまめに対処していくのが良いでしょう。
 
そして、海やプール・野外イベントなど、水に触れたり汗をかくことが多い場面では、ウォータープルーフタイプの日焼け止めがオススメ。水に強いといっても時間が経てば日焼け止め効果もなくなってしまうので、こちらもこまめに塗り直しましょう。なお、日差しをいつもより多く浴びた日はその日の内にスキンケアをしておくのもポイント。パックや美容サプリなどで肌の保湿をしておけば、紫外線による肌トラブルのリスクを減らせますよ。
 

溜め込んだお肌の疲れを取り除く“秋”

秋になると紫外線は徐々に弱まっていきます。しかし、夏のあいだに強い日差しを受けた肌は紫外線の影響を蓄積しているので、日焼けで黒くなったり、お肌が乾燥気味になっています。秋からはUV対策をするとともに、スキンケアにも力を入れていきましょう。とくに保湿が大切なので、化粧水の後には乳液やクリームなどを使ってお肌にフタをして潤いを逃さないようにしてください。
 
肌は乾燥するとターンオーバーのリズムが崩れてしまいます。肌のターンオーバーのサイクルが乱れると、ニキビや肌のごわつきを引き起こしてしまうことも。肌本来の美しさを取り戻すピーリングで、古い角質を取り除いてあげましょう。
 
また、秋は過ごしやすい季節になるのでスポーツや行楽などを楽しむ人も多いですよね。外出するときには夏に引き続いて、日焼け止めや日傘、帽子などを利用して紫外線を浴びるのを防ぐようにしましょう。
 

“冬”は肌を保湿してUV対策

12~1月は1年のうちで最も紫外線の影響が少ないので、UV対策を怠ってしまいがち。しかし、冬でも紫外線は地表に降り注いでいるので、油断せずにUV対策をしておきましょう。また、お肌が乾燥していると紫外線の影響を受けやすくなるので、乾燥対策も大切です。
 
そして冬に気をつけておきたいのが、雪山でのレジャー。実は雪は紫外線の反射率が高く、新雪の場合には約90パーセントもの紫外線を反射してしまいます。肌の露出部分が少ないので体のUV対策はあまり必要ありませんが、油断していると顔だけ真っ赤に雪焼けしているなんていう悲惨な事態に…。スキーやスノボーなどのレジャーに出かけるときには、顔に日焼け止めをしっかりと塗って、紫外線に負けないようにしましょうね。
 


 
 
美肌や美白を保つためには、夏はもちろん、春からしっかりとした紫外線対策をして、秋と冬にはお肌のスキンケアをしておくことも大切です。外出するときだけでなく室内でもUV対策を行って、キレイな肌を目指してくださいね。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。