美容スペシャリストな自分になるために

作成:2016.07.29

エステティシャン

疲れも汚れも流れ落とせる! 女性にもうれしい“サウナ”の美容効果と入浴方法


水やお湯ではなく、熱気を使った蒸し風呂のことを“サウナ”と言います。熱した石に水をかけることで発生する蒸気の熱を使って、室内の温度と湿度を高めて、体を温める方法です。これは元々フィンランドで生まれた伝統的な入浴方法で、寒い地方に住む人たちはサウナで体を温めていました。
 
日本では銭湯やジムなどに設置されているため、男性を中心に人気のサウナ。ですが健康のためだけではなく、美容効果も抜群なので、本当は女性にもうってつけなんです。今回はそんなサウナの効果や入浴方法をご紹介します。

“蒸し風呂”のサウナの特徴

蒸気で室内を温めるサウナは、基本的に70~80度の温度に保たれています。ただし種類によっては40度以下の低温サウナや100度に近い高温サウナなどもあり、温度や湿度が違っているんですね。また、エステサロンで利用できる岩盤浴が鉱石を使って体を内側から温めてくれるのに対して、サウナは蒸気によって体を温めるので、息苦しいと感じる人も中にはいるよう。そのため、岩盤浴が数十分から1時間程度と比較的長時間の利用になるのに対して、サウナは5~15分という短時間での利用が基本になります。

女性にうれしいサウナの美容効果

余計なものを排出するデトックス

サウナに入るとたっぷりの汗をかくことができます。すると、体に溜まった老廃物や毒素を排出することができるので、体の内側からキレイになれるデトックス効果を得られるんです。余計なものを体外に出すことで、むくみやコリといった体の不調を改善することができるとともに、美肌効果も期待できます。
 
また、汗が出ることで、汗腺や毛穴に詰まった汚れや皮脂が流れ落ちていき、お肌が清潔になるというのもメリットの一つ。サウナを利用したときに、汗が目に入って沁みた…という経験をしたことがある人もいるんじゃないでしょうか? サウナに入ってすぐにかく汗には、老廃物や毒素が多く含まれているので、その汚れが入ると目に沁みてしまうんですね。そのためサウナを活用すれば、自分も他人も気になってしまう体臭を緩和することもできますよ。

冷え性の人にうれしい“血流アップ”

サウナでは高温の部屋にいることで、体が温まり、全身の血流が良くなります。冷え性は血流が悪くなることが原因で起こってしまうものなので、サウナは冷え性改善にもつながるんです。そして、血の流れが良くなることで、新陳代謝もアップ。代謝が良くなると、肌のターンオーバーが促進されるので、新しい肌に生まれ変わりやすくなります。さらにカロリーの消費量を上げることもできるので、ダイエットをしている人にはうってつけですね。
 

サウナに入るときはここに注意して!

サウナは高温多湿な室内での入浴なので、心臓が弱い人や持病がある人は高温サウナや長時間での入浴を避ける必要があります。とくに体に問題がないという人でも、利用方法を間違えるとのぼせてしまったり、最悪の場合気絶してしまうことも…。以下の点に注意して、正しい方法で入浴してください。

飲食後すぐのサウナはNG

食事をしてすぐや、お酒を飲んだ後のサウナは体の血行が良くなりすぎてしまうので、できるだけ避けるようにしましょう。サウナに入る予定があるときは飲酒はせずに、食事後1~2時間以上経ってから利用してください。

まずは髪や体を洗っておく

サウナに入る前に、まずは髪や体を洗って汗などの汚れを落としておきます。汚れを落とさずにサウナに入ってしまうと、高温多湿の部屋の中で雑菌が繁殖してしまい、体臭がきつくなってしまうことがあります。サウナを利用している他の人にも迷惑がかかってしまうので、必ず髪や体は洗うようにしましょう。

入る前と入った後は必ず水分補給する

サウナに入った後は体重が減るので、ダイエットの方法としてサウナを使う人もいますが、これは水分が汗として体外に出たことで一時的に体重が減っているだけ。その状態で何も飲まずにいると脱水症状を起こしてしまいます。サウナではたくさんの汗をかくので、かいた汗の分だけ水分を補給するようにしましょう。
 
サウナ室にはペットボトルなどのドリンクは持ち込めない場合が多いので、サウナを利用する前と後に分けて水分を補給しておきましょう。ミネラルウォーターでも良いですが、スポーツドリンクなどのほうが一層有効ですよ。

サウナビギナーの方は短時間からスタート

サウナは慣れていない人なら数分、長い人でも15分ほどと、あまり長い時間利用することができません。とくにサウナをあまり利用したことがないという人は、最初に5分サウナに入ってその後少し休み、落ち着いたらまた5分サウナに入るという風に慣らしていきましょう。
 
また、サウナ後は水風呂に入るという人もいますが、急に体を冷やしてしまうと負担がかかるので、少しぬるく感じる程度のお湯をシャワーでかけるなどに留めておくのがオススメ。その際、休憩中に水分補給をするのも忘れないでくださいね。
 


 
 
男性が利用するイメージの強いサウナですが、デトックスによる美肌効果や冷え性対策のための血流アップなど、美容にうれしい効果が盛りだくさん! エステティックサロンにサウナがあると思わず利用してしまうという女性も多いですよね。もしあなたがエステティシャンを目指すのであれば、ぜひサウナの知識を身につけておいてください。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。