美容スペシャリストな自分になるために

更新:2018.01.09

作成:2017.07.21

エステティシャン

エステティシャンのメイク方法について

皆さんは普段どんなメイクをしていますか。サロン指定のメイクをしている方も、自らサロンの雰囲気に合わせて工夫している方もいるかもしれません。

今回は、お客様に好印象を与えるメイクの方法についてご紹介します。

サロンの雰囲気に合わせた清潔感のあるメイク

メイクグッズ

お客様に好印象を与えるエステティシャンのメイクで大切なことは、清潔感です。清潔感のないエステティシャンが多いサロンでは、あまり気持ちよく過ごせません。

ただし、サロンが持つコースやご自身が受け持つコースによって多少のアレンジは必要とされます。

例えば、フェイシャルエステを中心に、まつげエクステのコースが一押しのサロンの場合は、エステティシャンもしっかりとしたアイメイクをするのがよいでしょう。

逆に、ボディコースでヒートマットやアロママッサージなどでエステティシャンもたくさんの汗をかく場合は、濃いメイクは崩れやすくなってしまうので避けたほうがよいでしょう。

ナチュラル美肌に見せることが清潔感の秘訣

では、清潔感のあるメイクとは、どんなメイクのことを指すのでしょうか。それはずばり「美肌」です。

いくらアイメイクをしっかりしていたり、トレンドを抑えたメイク方法をしたりしていても、肌が荒れていたりすると、不潔な印象を与えてしまいます。

エステに来るお客様は、美を求めている人が多いので、エステティシャンも内側から美しさを極めることが大切です。また、アドバイスをもらったときに、肌がきれいなエステティシャンと肌が荒れているエステティシャンでは、説得力が大きく違います。

ナチュラル美肌のメイク方法

ファンデーションを塗る女性

ナチュラルな美肌を作るためには、まず化粧下地がポイント。薄塗りでもきちんと肌をカバーし、化粧崩れを長時間防いでくれる商品がおすすめです。

お客様とたくさん接する場において、化粧崩れを気にせず、仕事に集中できますよ。

さらに、美肌に必要なツヤ感をプラスしてくれる色味やパールが入ったものもおすすめです。

下地を丁寧に肌に乗せたうえで、ファンデーションを薄く使うと、厚塗り感もなく自然に仕上がります。

マスク下の鼻や口回りの化粧崩れが気になる方は、その部分だけ脂性肌用または夏用の下地を使ったり、Tゾーンのオイルコントロール美容液をプラスしたりしてあげると崩れにくくなるので、ぜひ試してみてください。

エステティシャンの基礎化粧“ベースメイク”

肌の美しさが問われるエステティシャンにとって、肌を整えて守る“ベースメイク”はとても重要です。使用する化粧品の特徴を把握して、自分の肌に合ったメイクを心がけましょう
 
化粧下地は、肌のきめを整えたり、毛穴をカバーするために大切なポイント。肌のつや感を演出したいならパール入りのもの、乾燥が気になる肌にうるおいを持たせたいなら保湿系のもの等、目的に合わせて使い分けましょう。肌の色むらや透明感を補正するために使用する場合には、自身の肌色に合わせてコントロールカラーを取り入れた下地を活用するのがおススメ。皮脂吸収ポリマーなど機能的な成分が配合された下地もあるので、お肌の悩みに合わせて選ぶことを意識してくださいね。
 
実際の手順としては、額、あご、左右の頬、鼻の頭の5カ所に下地をのせて、人差し指、中指、薬指の3本を使って内から外へ向けて薄く伸ばします。ポイントは指先で伸ばすのではなく、指全体を使うこと。化粧下地には肌とファンデーションを密着させるという目的もあるので、伸ばした後は肌と化粧下地をしっかり馴染ませましょう。下地を塗る前に乳液をつけ、5分ほど置くと化粧乗りがよくなりますよ。
 

エステティシャンのためのファンデーション

次はファンデーションについて。ファンデーションは大きく分けて固形パウダータイプと液状リキッドタイプの2つに分類できます。ファンデーションを塗る時に注意したいのは、顔全体を均一に塗るとフェイスラインがぼやけて厚塗りに見えてしまうこと。ポイントによって濃さを変えるなどメリハリをつける工夫をしましょう。仕上げにはしっかりスポンジを使って、余計な油分を取り除くのも忘れずに。ファンデーションは、化粧下地が完全に乾いてから塗るようにしてください。
 
リキッドファンデーションを塗る順番は、下地と同じように額、あご、左右の頬、鼻の頭の5カ所から始めます。次に頬、額、あご、鼻筋の順にファンデーションブラシで内から外に大きく伸ばすように広げてください。ナチュラルに仕上げるためには必ずファンデーションブラシを使うように。ムラなく均一に広げられるうえ、ブラシの毛先についたファンデーションが毛穴を埋めてくれるのでツヤ感もアップ。フェイスラインと首の境目が目立たないように馴染ませたら完成です。最後に手で軽くおさえてあげると、ファンデーションと化粧下地が密着しやすくなりますよ。

清潔感のあるナチュラル美肌を目指しましょう

エステティシャンのメイクは清潔感のあるナチュラル美肌がポイント。下地やファンデーションを上手く選ぶ他にも、規則正しい食生活を心がけて体の中からも美肌を目指しましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。