美容スペシャリストな自分になるために

2016年9月10日更新

エステティシャン

小顔・スリムボディ・美肌までゲットできる!? よく噛むだけで得られる驚きの美容的メリットとは!


子どもの頃に「よく噛んで食べなさい」と怒られ、「なんでそんなに噛まないといけないの?」と疑問に感じたことのある人もいるのではないでしょうか。実はよく噛むことで得られるメリットは驚くほどたくさんあるんです。
 
とくに美しくなりたい女性にとっては、よく噛むことはとても効果的。消化が良くなるだけでなく、美肌や小顔などうれしいことばかりです。ここではよく噛むことで得られる具体的なメリットや、噛み方の注意点などをご紹介します。美を扱うエステティシャンにとってもよく噛むことのメリットを知っておくと仕事に役立てられますよ。

よく噛むと若々しく美しくなれる

パロチンの効果で美肌に

よく噛むことによって唾液がたくさん出ます。そしてこの唾液に含まれている成分“パロチン”は天然の美容液と言われているほど美肌に効果的なんです。パロチンは成長ホルモンの一種で、肌の新陳代謝を促してくれる働きがあるため、よく噛むことで肌を若々しく保てると言われているんですね。

肌トラブルの改善を助けるEFG

パロチンのほかに“EFG”という成分も分泌されるのですが、こちらはタンパク質の一種。肌の再生を助ける力があり、肌荒れやニキビなどの肌トラブルを改善してくれます。さらに新しい細胞を作る力もあるため、肌の生まれ変わりにも一役買ってくれるんですよ。
 

小顔とスリムボディが手に入る!?

小顔効果

実は顔の筋肉の7割は口の周りにあると言われています。よく噛むことで口周りの筋肉が引き締まるため、たるみ防止や小顔効果も期待できるんです。さらに食事中にしっかりと噛むと満腹中枢が刺激されて、少量の食事でも満足感が得られます。自然と食べすぎが防げるので、スタイルキープにはもってこいなんですね。

ストレス解消で心から美しく

よく噛むことは肌や体に影響があるだけでなく、心にも良い作用があるんですよ。咀嚼のリズミカルな運動によって、脳から「セロトニン」という“幸せホルモン”が分泌されます。セロトニンが出ることで、リラックス効果が得られたり、ストレス解消もできるんです。

よく噛むときの注意点

よく噛むことで美容効果や心理的なメリットがあると分かりましたが、注意しておきたいポイントもあります。その一つが、噛むときは左右の歯で均等に噛むということ。左右どちらか片方の歯で噛んでいると、片側の筋肉ばかりが発達してしまい、顔の印象が左右非対称になってしまいます。
 
また、張り切って噛みすぎると、顎の関節が疲弊して「顎関節症」になってしまうことも。そのため最初は1口30回程度の咀嚼から始め、慣れてきたら増やしていくようにしましょう。さらに、噛み締めすぎると歯への負担が過剰にかかり、歯がすり減る原因になるため、無駄に力を入れないようにしてくださいね。なお、普段よく噛む習慣がないという人は、なるべく歯ごたえのあるものを食べるようにするだけでも、よく噛む習慣が身についていきますよ。
 

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。