美容スペシャリストな自分になるために

2017年2月1日更新

エステティシャン

女性の憧れの仕事の1つ「エステティシャン」でWワークをするには

出典:ぱくたそ(www.pakutaso.com) [photo すしぱく/モデル 河村友歌]


人を美しくする美容の専門家・エステティシャンは、やはり女性の憧れの仕事の1つ。他人を綺麗にするだけではなく、その技術を活かして自分を綺麗にすることも可能なので、1度は経験してみたい職業ですよね。
 
しかし「エステティシャンって大変って聞くし専業にするには…」と悩む方も多いはず。そこで今回はエステティシャンのWワークについてご紹介。Wワークでエステティシャンとして働くメリットや、その働き方の実態について取り上げていきます。また、エステティシャンを本業にする人にオススメの副業も紹介しているので見ていきましょう。

Wワークとしてのエステティシャン

近年、副業としてエステティシャンを選択する人が増加傾向にあると言われていますが、そこにはどういった理由があるのでしょうか? そのことを知るために、以下では正社員ではなく副業でエステティシャンの仕事をするメリットを紹介していきます。
 
まず1つ目のメリットとして、「美容に詳しくなることが出来る」ということが挙げられます。たとえ副業でもエステティシャンとして働けば、ボディケアや美顔効果のあるマッサージなど、自分にも使える美容の知識やスキルを学ぶことができるでしょう。またサロンによっては新商品を試すことが出来るのも魅力の1つ。働きながら綺麗になれるということが人気を支えている秘密のようですね。
 
また、「副業ならやめた時のリスクが少ない」というメリットもあります。その背景としてはやはり倒産するエステサロンの多さにあるようです。現在美容業界は他店との競争が激しい業界と言われており、エステサロンもその例外ではないとのこと。特に個人経営のサロンは人材不足などの理由から、どうしても他の店と価格の差別化が出来ないらしく、せっかくエステティシャンとして採用されてもそのお店の客足が途絶え、閉店してしまうケースもあるそうです。
 

出典:ぱくたそ(www.pakutaso.com) [photo すしぱく]

Wワークってどんな働き方?

他の仕事をしながらエステティシャンとして働くには、正社員としてではなくアルバイトのスタッフとして働くのがオススメ。エステティシャンの求人を見てみると「Wワーク可」というところや、シフト制で希望する時間帯に働けるところもあり、Wワークを希望する人としてはありがたい条件の職場が意外と多いようです。

 
なかには研修を無料で行っていたり資格や経験が不問だったりと、未経験者の採用にかなり積極的なところも多く、将来的にエステティシャンを目指す人の勉強の場としてもぴったりですね。特に最近ではエステティシャンの人材不足が問題になっているので、アルバイトの採用に積極的なサロンも増えていくことでしょう。
 
また、派遣社員として働くのも副業でエステティシャンを始める1つの手段です。中には日払いOKのところもあり、職場の雰囲気が合わなければ気軽に勤務地を変えることが出来るところもあるとのこと。対人関係に悩む心配もないので、副業で働くには最適ですね。またエステティシャンの人材派遣会社の中には就業前に研修を受けることが出来るところもあるので、未経験者でも安心して働けるはずですよ。
 

出典:ぱくたそ(www.pakutaso.com) [photo すしぱく/モデル 河村友歌]

エステティシャンにオススメの副業は?

逆にエステティシャンを本業として働く人の中にも、急な出費などの理由から何か副業を始めたいという人がいるはず。以下では現役エステティシャンが副業にしやすいお仕事についても、紹介していきましょう。
 
まずエステティシャンの副業として多いのが、同じ美容業界の仕事を兼任しているケース。とくに本来はセラピストの職場として知られる「リラクゼーションサロン」などは、エステティシャンとして参考になることも多いのでオススメ。なかにはエステティシャンを歓迎してくれる店舗もあるので、自分のスキルを活かしやすいのも良いですね。また、短期で働けるところや研修制度が整っているリラクゼーションサロンもあり、副業で働きやすい環境になっているのも魅力的です。
 
他にはクラウドソーシングを利用した在宅のwebライターとして働く人も増えているようです。現在美容に関する記事を取り上げているWEBサイトが増えているので、エステティシャンの知識を存分に活用することが出来るでしょう。また、時間に関係なく「一記事〇〇文字:〇〇円」といった出来高制を採用しているところも多いので、自分のペースで時間が空いた時に働けるのも、副業にはぴったりですね。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント