美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.06.21

エステティシャン

エステティシャンの接客マナーとは

顔を隠す女性

「施術をしてお客様を美しくすることは好きだけど、初対面のお客様や苦手なお客様と接することが苦手」というエステティシャンの方もいるのではないでしょうか。

今回は、人見知りの人でも、相手に好印象を与える接客マナーをご紹介していきます。

難しく考えずに!

エステティシャンに限らず、お客様に接するサービス業全般において、接客マナーは何よりも大切です。ここでは、これさえやっておけば間違いなし!好印象を与える接客マナーをいくつか上げていきます。

笑顔

まず何より大切なのが笑顔です。口を開けて大きく笑うというよりも、口角を上げて上品な笑顔をつくることがポイント。笑顔は、人のリラックスさせる効果もあるので、お客様も自分も緊張をほぐすきっかけとなります。

挨拶

常に周りの状況に気を配り、誰よりも1番に挨拶できるよう、心がけましょう。いつも気持ちのいい挨拶をしていると、自ずとテンションをあげることができ、緊張を解くことができます。

近すぎず遠すぎずの距離感を保って

女性と手をつなぐ

さて、ここからは、さらに踏み込んだ接客術となります。

挨拶の後に「今日も暑くなりそうですね」などと、一言付け加えるだけ。そこから、思いがけず会話が盛り上がったりするかもしれません。お客様との沈黙が気になる人は、事前にトレンドや時事ネタ、スポーツや趣味の領域などもチェックしておくことをおすすめします。宗教や政治の話は、公の場では基本的にタブーとされていますので気をつけましょう。

お客様は美に関心のある方なので、お客様の外観を褒めることも大切ですが、無理に褒めると不快感を与えることもあります。お客様にしっかりと向き合い、本当に素敵だと思うところを発見してから、気持ちのこもった言葉で自然と褒めるように心がけましょう。

また、言葉のキャッチボールができているか、気を配ることもポイント。自分ばかりが話していないか、お客様が関心のない話に退屈していないかを見て、会話をふっていきましょう。

また、相槌を打つ場合は、「はい」だけでなく、「なるほど」「そうですね」「えーそうなのですか」などとバリエーションを持たせるだけで、話を聞いてくれているという好印象を与えることができます。

時には失敗も必要

女友達とおしゃべり

ある程度会話が弾み、距離が縮まってくると、今度はなれなれしくならないように、言葉遣いや内容に気をつけなければなりません。

真面目な人ほど、失礼にならないようにと考えすぎて、うまく接客できない傾向にありますが、失敗を積み重ねることによって確実にステップアップしていくことができます。始めのうちは、失敗してもチャレンジしていく気持ちが大切です。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。