美容スペシャリストな自分になるために

更新:2018.01.09

作成:2017.07.24

エステティシャン

エステティシャンの心構えとは

エステティシャンとして働くときに意識しておきたい心構えとは何なのでしょうか。

現役のエステティシャンとエステティシャンを目指す人の心構えについて、詳しく解説します。

現役エステティシャンの心構え

アロマエステを受けている女性

現役のエステティシャンが意識しておきたい心構えは、2つです。

一つ目は美しさをキープすること。エステティシャンはお客様に「美」を提供する立場であるため、まずは、自分の美しさをキープできるように心がけましょう。

最も気を付けなければならないのが、身だしなみ。髪型が崩れていたり、服装に清潔感がなかったりすると、お客様に不快な思いをさせてしまいます。お客様の前に立つ前には、しっかりと身だしなみを整え、立ち振る舞いに気をつけましょう。

自分を美しく見せるメイクも大切です。濃すぎるメイクや薄すぎるメイクは避けて、自分を美を引き出せるメイクを心がけましょう。特に、肌の美しさを出せるメイクをすると、お客様のお手本にもなれます。

もう一つの心構えは、努力を惜しまないことです。美容業界はどんどんと新しい情報が飛び交っています。その変化に伴い、知識を吸収していかなければならないため、基本的な施術ができるようになった後も勉強を続けましょう。

余裕がある人は、美容に関する生活習慣などの知識も勉強しておくとお客様から相談を受けたときに役立ちます。

エステティシャンがメイクに持つべき心構え

美容業界で働く以上は、お客様のお手本になるような美しい見た目を心がけたいですよね。中でも、「肌の美しさをみせるメイク」はエステティシャンにぴったり。特に肌の美しさを演出してくれるのが「ヌーディーメイク」です。ヌーディーメイクとは、作りこんだメイクとは違い自然で「抜け感」のあるメイクのこと。主張の強いカラーではなく肌の色に近いベージュ系など派手過ぎないナチュラルな色を使い、自然な印象を目指します。厚塗りにならないようにベースメイクを丁寧に行って、マットで透明感のある肌に仕上げましょう。
 
目元のメイクは、素肌との一体感をアピールするために馴染みやすいカラーのアイシャドウをチョイス。塗る量は控えめにして、アイラインを引く部分も限定して濃くなり過ぎないように調整してくださいね。
 
口元のメイクもナチュラルさが大切なので、リップの色は肌の色に合わせて選びましょう。中でもベージュ系や淡いピンクはおススメのカラーリング。グロスは派手になり過ぎないよう控えめに塗るのがポイントです。
 

素肌っぽさを活かしたメイクでお客様のお手本に

「ロースキンメイク」も肌の美しさを引き出すメイク方法。「生肌(ロースキン)」っぽさを重視したメイクで、濡れたようなツヤ感が特徴です。気になる部分を隠しながら、厚塗りではない自然な美肌に仕上げましょう。
 
生肌らしいツヤ感を出すためにも、ファンデーションは粉っぽく厚塗りに見えるパウダーファンデーションよりも、ツヤ・透明感をアピールできるリキッドファンデーションがおススメです。ロースキンメイクでは「そばかす」や「シミ」などのコンプレックスは厚塗りで隠すのではなく、コンシーラーをのせてカバーすることがポイント。リキッドファンデーションをしっかりと馴染ませてからコンシーラーを使うと、きれいに仕上がりますよ。
 
目元のメイクは、ヌーディーメイクと同じくナチュラルな色合いで。ブラウン系カラーのアイシャドウと、抑え気味のマスカラやアイラインを使って自然に仕上げてください。アイシャドウはツヤのあるクリームタイプがおススメです。

エステティシャンを目指す人の心構え

お客様を美しくしたいと考えて、エステティシャンを目指しているのであれば、とにかく美容に関して貪欲に勉強するにつきます。エステの効果について詳しく勉強しておくと、お客様への提案ができたり、即戦力として働けます。

また、エステティシャンはお客様とのコミュニケーションも大切です。施術中にする楽しい世間話だけではなく、お客様の心に寄り添って悩みを聞き出せるコミュニケーション能力があれば、お客様との間に信頼関係を築くことができるでしょう。

心構えを忘れず素敵なエステティシャンになろう

フェイシャルエステを受けている女性

エステティシャンは華やかに見えて辛いことも多いです。仕事が大変な時は心構えを思い出し、努力を続けて成長していきましょう。

身だしなみを整えたり、施術内容を詳しく勉強したりとコツコツと努力を重ねることで、素敵なエステティシャンに近づけます。

エステティシャンを目指している人も、努力やコミュニケーションが必要な職業であることを心構えておきましょう。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。