美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.07.24

作成:2017.07.20

エステティシャン

エステティシャンがマスク着用する理由とは

普段の施術中に何気なく着用しているマスク。なぜエステティシャンはマスクをすべきなのか、知っていますか。
また、マスクをしているとメイクも崩れてしまいますよね?

今回は、エステティシャンがマスクをする理由と、崩れないメイク方法についてご紹介します。

エステティシャンがマスクをする理由

マスクをつけた女性

お客様と近い距離で話をして施術をすることが多いエステティシャンは、呼吸がかからないようにするためにマスクをしていることが多いそう。さらに風邪などの感染症を防ぐ衛生的な理由もあります。

特にフェイシャルなど、特にお互いが密着していると、息がかかってしまったり、口臭を気にしたりと、施術に集中できないことも。そのため、施術に集中して行うためにも、エステティシャンはマスクをするのが通例となったそうです。

マスクをしていても崩れない下地

エステティシャンのようにマスクを長時間していると、鼻回りや口回りは、必ずと言っていいほどメイクが崩れてしまいます。メイク崩れを防ぐために、まずは下地を変えてみましょう。

汗や皮脂を抑える効果のあるものか、湿気に強いウォータープルーフタイプのものがおすすめ。特に、鼻回りや口回りは汗をかきやすい場所なので、部分使いしてみてもよいでしょう。

夏用や脂肌用のスキンケアを活用しよう

綺麗な唇の女性

施術中ずっとマスクをしていると、マスクの下の皮膚は梅雨時期や夏季のじとじとした環境と同じになります。そのため、普段使うスキンケアも夏用のものや、脂肌用のものを使うようにすると、サラサラがキープしやすくなります。

こっくりとしたクリームタイプのスキンケアではなく、さっぱりとしたジェルタイプや乳液タイプのスキンケアがおすすめです。

パウダータイプのファンデーションやチークは使わない

マスクとメイクがすれると化粧崩れがおきやすくなってしまいますので、パウダーファンデーションやチークは、あまりおすすめできません。肌にメイクが密着していればしているほどメイク崩れがしにくいそうですので、なるべく密着度の高い液体タイプのものを使うようにしましょう。

ファンデーションはリキッドタイプのものか、BBクリームやCCクリームを使うようにしましょう。

また、チークもパウダータイプではなくクリームチークを使いましょう。

こまめに外して外気にふれさせてあげましょう

マスクを長時間続けて使用していると、蒸れて毛穴が開きやすくなってしまいます。数時間に一度トイレに行ったときなどは、外して肌を外気にさらすようにしましょう。

また、開ききってしまった毛穴を、そのままにしておくと、メイク汚れがつまって炎症をおこしてしまうこともありますので、洗顔後の最後には冷たいタオルを鼻に置いたり、冷水で顔を洗ったりして毛穴を引き締めてあげましょう。

マスクを長時間着用して施術をする際は、夏用・脂肌用のスキンケアやリキッドファンデーションを活用して、メイク崩れを気にせず、施術に集中するようにしましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。