美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.08.22

作成:2017.08.16

エステティシャン

エステサロンを開業する時の立地

エステサロンを開業するときに、集客を見込めるか、安定した収入を確保できるかを決める「立地」。どのようにして決め、どのような立地に出店すればいいのでしょうか。

今回は、エステサロンの立地を決めるときのポイントを見ていきます。

出店予定の地域でするべき市場調査

おしゃれな方位磁石と世界地図

出店する際には、「市場調査」が必要です。その地域にはエステサロンの需要があるのか、どんな人がどのようなサービスを求めているのかを知らなければ経営は成り立ちません。

地域によって人口や世帯数は異なり、そしてそれによってどんなアプローチをすればいいのかも異なるので、人口や世帯数は必ず調べておきましょう。

また、周辺の施設をチェックすることもポイント。どのターゲットに向けてお店を展開しているかで、客層を判断することができ、価格設定など参考になることも多いはず。

例えば、オフィス街の場合は、仕事帰りのOLやサラリーマンをターゲットとなるので、平日の仕事終わりの時間はかきいれ時になります。しかし、その一方で土日祝日、長期休暇シーズンは客足が遠のく傾向があります。
また働いている人は、2時間・3時間と時間を掛けられない人が多いです。そのため、60分で施術ができるスピーディーなメニューがあると受けるでしょう。

住宅街に出店する場合は、主婦層や高校生以上の子どもが対象になりやすいです。そのため、昼間~夕方に集客できるようなサービスを用意しなければなりません。

大通りに面していれば、お客様からも目に入りやすくほうが集客しやすいというメリットも。

大型商業施設のオープン予定を調べる

大型商業施設がオープンすると、大きく人の流れが変わります。施設がオープンすることによって、客足は遠のくのか、逆に集客しやすくなるのか、施設内にできるショップと合わせてチェックしましょう。

人の多さだけで決めるとあとから大変なことに

都会の街並み

人口が多いというだけで立地を決めても、経営はうまくいくとは限りません。それだけお客様が来やすいといえますが、強力なライバル店も多いことも。そのため、大々的なアピール、強みを出していかなければなりません。

また、家賃が高いということも多く、一定の客数と売上を出し続けなければならないということも。

なので、まずは来てほしいお客様像を具体的に描き、それに合わせて顧客単価を仮定し、採算が取れる範囲で立地を決めましょう。

エステサロンの立地はいろんな条件を配慮して決めよう

エステサロンの立地は、人口の多さだけできめるのではなく、さまざまな条件を配慮して決めることがポイントです。出店する前には、実際にシュミレーションして、経営が成り立つのかを確認しましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。