美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.08.17

エステティシャン

エステティシャンの高齢者のお客様の対応

エステは若い女性だけが利用するといった傾向が強かったのですが、最近では高齢者がエステを利用し、美意識を高めるようになることが当たり前になってきました。元気で美しいシニアが増えてきたことで、エステティシャンが高齢者に施術をする機会ができます。

エステティシャンが高齢者のお客様に対してどう対応すれば良いのか、しっかりと技術や方法を学ばなければいけません。

シニアエステが大人気

運動する高齢女性

シニアエステという言葉を聞いたことがありますか。シニアエステは、高齢者向けのエステサービスのことです。女性の平均寿命は2017年現在で85歳を超えています。年齢を重ねるごとに、それぞれの美意識を求めていきます。

エステは若い人向けというイメージもありましたが、シニア専用のエステサロンも続々とオープンされています。中には、年齢に応じた割引サービスもあるようで、70歳なら70パーセントオフ、80歳なら80パーセントオフといった、とてもユニークなサービスもあるようです。

今後高齢者のお客様を接客する上で、エステティシャンも高齢者のお客様に対応できるスキルや力を身につけなければいけません。

エステティシャンに求められる対応

高齢者のお客様へ特に気をつけなければいけない対応や配慮はたくさんあります。特に高齢者だから配慮しなければいけないポイントを、一部紹介していきます。

まずは健康への配慮です。年齢を重ねると、どうしても足腰が弱くなってしまったり、トイレが近くなってしまったりする場合があります。

そのため、休憩時間をこまめに取ったり、姿勢やポジションを変えたりしましょう。最初は短めの施術時間によるコースをお試ししてもらうと良いかもしれません。もちろん、現時点で抱えている持病や健康状態などもしっかりと考えなければいけません。

次に十分な説明をすることが必要となります。難しい言葉を使用したり、小声や早口だったりすると、うまく聞き取れない場合があります。何度も説明を行い、大きくはきはきとした声で接するようにしましょう。

最後に一番重要なのは、高齢者だからという差別をしないことです。高齢者への配慮や気をつかうことはエステティシャンとして当然するべきこととなります。高齢者だからというマイナスな対応は最もNGとされています。

高齢者の美意識がより高まる時代へ

ネイルする高齢者の手

ここまで、高齢者のお客様に対するエステティシャンの対応ポイントを簡単に説明していきました。寿命ものび心も体も若々しい人が増えていくことで、どんな年齢でも美意識を追い求めることが当たり前の時代になってくるかもしれません。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。