美容スペシャリストな自分になるために

2016年5月30日更新

アイリスト

アイリストになるためには“美容師免許”が必要!? プロのアイリストを目指す人のための勉強方法!


まつ毛エクステやまつ毛カールなど、まつ毛に関する美容は若い女性を中心に近年人気が高まっています。そのため、まつ毛エクステやまつ毛パーマを行うアイリストは求人の数が増えてきており、女性の間で人気の職業になっているのです。
 
アイリストを目指して専門学校に通う人もいれば、転職先としてアイリストを目指す人もいるでしょう。そこで、今回はアイリストになるための勉強方法をご紹介。必須となる資格もあるのでしっかりと確認しておいてくださいね。

美容師免許を持っているかが大きなポイント

アイリストに必須の資格はただ一つ、美容師免許です。「まつ毛の仕事なのに、なんで美容師免許が必要なの?」と思う人もいるかもしれませんね。以前はアイリストとして仕事をするために必須となる資格はなかったので、なろうと思えば誰でもアイリストになることができました。しかし、中には正しい知識や専門のスキルを持っていない人もいたので、まつ毛エクステやまつ毛パーマに関するトラブルが続出。これを受けて、アイリストの仕事をするためには美容師免許が必須となる旨を政府が発表しました。
 
元々、首から上の美容に関する施術には美容師免許が必要という法律はありました。政府発表によって、まつ毛に関する施術もそうした美容行為の一環として考えられるようになったため、美容師免許が必須に。そのため、現在アイリストになりたいという人はまず美容師免許の取得を目指さなければならないのです。
 

美容師免許を持っていない人にオススメ

美容師免許を取得するためには、サロンで働いた経験がある場合を除くと最低でも2年以上の年月がかかります。時間的な負担以外にも、十数万円以上の費用が必要になるため手軽に取得できる資格ではありませんが、自分に合った勉強方法を見つけていきましょう。

アイリストの勉強ができて、美容師の免許も取れるスクール

アイリストを目指すからには、やっぱりアイリストの勉強を専門的にしたい! と思う人が多いですよね。そんな人にオススメなのが、アイラッシュスクールです。アイリストを目指す人のためのスクールなので、アイリストとしての知識やスキルの勉強を中心に、美容師免許を取得するための試験対策を行ってくれます。費用は2年間で150~200万円程度というところが多く、就職支援や独立・開業のサポートを実施しているスクールやコースの場合はさらに高くなります。
 
またスクールの場合は、事前に決められた曜日や時間帯のレッスンに参加するクラス制と、自分の都合の良い曜日や時間帯のレッスンを選んで受講するフリー制のどちらかのスタイルを取っていることが多いので、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶと良いでしょう。

美容の専門学校

専門学校の場合は、2年以上の就学で国家試験の受験が可能になります。国家対策のサポートが充実している学校が多く、合格率も高いのが特徴です。アイリストになるための勉強時間は少なく、エステやメイク、ネイルといった授業の中の一つとして学ぶ程度。しかしその分、美容全体に関する豊富な知識を手に入れることができます。学費は200~250万円程度。

美容学校の通信制度

通信制度を利用して美容師免許を取得する場合は、就学期間が3年以上必要です。そのため、
他の勉強方法よりも時間がかかってしまいますが、3年間で70~130万円程度と学費を安く抑えることができます。美容師免許を取得するための勉強とは別に、アイリスト検定のための授業を用意している学校が多く、そうした勉強時間の長さによって学費にも差が出るようです。

 

美容師免許を持っている人&アイリストのための勉強をしたいという人

すでに美容師免許を持っているという人は、アイリストとしての知識やスキルを身につけていくのがオススメです。アイリストのためのスクールや講義は数多く開かれているので、その中から自分に合うものを探していきましょう。
 
たとえば、基本的な知識や施術だけを学びたい場合なら10万円程度で受講できるものもあります。他にも、プロのアイリストとして働くための実践的なレッスンを行うコースや、就職までサポートしてくれるコース、独立・開業を支援してくれるコースなどもあるので、自分がどんなことを学びたいのか考えて選んでみましょう。
 

美容師免許があればこんなことも…

一見華やかに見える美容師の世界ですが、実は長時間の労働時間や下積みの長さ、また年齢が上がるにつれて仕事が少なくなるという理由から、離職や転職を考える人も多いようです。そこでアイリストへの転職という選択肢も出てきますが、忙しくてスクールに通う時間がないという人も多そうですね。
 
そんな人は、思い切って未経験からアイリストを目指すのも一つの手。アイリスト未経験の場合でも美容師免許を持っていればOKという求人も多く、入社後の研修や講習でアイリストとしての知識やスキルを身につけることができます。スクールや講習に参加する余裕がないという人は、最終手段としてチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。
 


 
 
アイリストになるには美容師免許が必要なので、一から目指す場合は道のりが長く感じられることもあるかもしれません。ですがそれも、お客様に安心・安全な施術をするためには必要なこと。お客様に喜んでもらえる仕事をするためにも、正しい知識やスキルを身につけていきましょう。

アイリストの関連求人

アイリストになるための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント