美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.05.29

アイリスト

タレ目・ナチュラル・デカ目… なりたい目元を作るアイシャドウテクニック

タレ目やキャットアイなど、アイメイクのスタイルには様々な種類があります。マスカラやアイライナーに力を入れがちですが、なりたい目元を作る肝となるのは“アイシャドウ”。そこで今回は自分のなりたい目元を作るための“アイシャドウテクニック”をご紹介しましょう。

キュートで甘い印象のタレ目は下まぶたの目尻側が重要

まずは、キュートで甘い印象を作れる“タレ目”を作るテクニックです。色は自然で優しい雰囲気になれるブラウン系がオススメ。上まぶたは縦幅を狭めにとり、目尻側を少し長めに塗るようにしましょう。目頭から目尻側に向かって濃くなるようにグラデーションをつけるとよりタレ目が強調されます。そしてタレ目メイクで最も大事なのが下まぶたのアイシャドウ。下まぶた全体にのせると“クマ”のようなくすみ感が出てしまうので、あくまでも目尻側3分の1にのせてくださいね。タレ目をもっと強調したい時は、白やパール系の光をキャッチするアイシャドウを目頭に塗るとGOOD。目尻のアイシャドウとのコントラストで、よりタレ目度がアップしますよ。

大きな目元を作るなら濃い色の使い方がポイント!

人を引きつける大きな目元を作りたい場合は、濃いめのブラウン系かピンク系のアイシャドウを使うのがオススメ。パレットの中で一番薄い色をアイホール全体にのせます。上まぶただけでなく、下まぶたの際に入れるのもポイント。次に濃い色を上まぶたの際に入れましょう。少しパール感のあるアイシャドウを使うと、目全体が立体的に見え、目力アップに効果的。

ベースをしっかり作ってナチュラルだけど存在感のある目元に

ナチュラルだけど存在感のある目元を作りたいなら、まずはシャドウを乗せる前のベースづくりが大事。シャドウの色がのりやすくなるのに加え、くすみが取れるため透明感がグッと上がります。アイホール全体にアイシャドウベースをムラなく伸ばすだけでいいのですが、このひと手間で仕上がりは大違い。
 
ベースを塗り終わったらアイシャドウを乗せていきます。色は、素肌に近いベージュ系、少し華やかにしたいならゴールド系のアイシャドウがベスト。上まぶた、下まぶたの際にパレットの中で一番濃い色を入れます。この時に上・下ともなるべく幅を狭めにとるのが大事。濃い色の幅が太いと一気にナチュラルから遠ざかるので注意が必要です。続けてパレットの中間色をアイホールの下半分に、一番薄い色をアイホール全体にのせ、最後に指の腹でぼかしたらOK。涙袋には濃い色を乗せず、白か、白に近いピンクを入れると、自然でも存在感のある目元を演出できますよ。簡単にマスターできるアイシャドウテクニックで、なりたい目元をゲットしましょう!

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。