美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.05.30

アイリスト

時代は男女ウケ抜群の“ほどほど目力”!? ちょうどいい目力を作れる「ジリサンメイク」とは

ぱっちりデカ目に憧れるひとは多いですが、実際に目力が強い人にとっては良いことばかりではないようす。むしろ実は“ほどほど目力”こそが男女ウケも良く、理想的だと言えるのかも。今回はちょうどいい目力を手に入れるためのメイク方法をご紹介していきます。

目力が強い人にありがちなこと

目が大きいと意志が強く見えるものですが、それが仇となって人から“性格がキツイ”と思われてしまうこともあるようです。ネット上では「目が合っただけで怖がられるのがつらい…」「普通に話してるだけなのに、睨まれたっていちゃもんつけられる!」「怖がられるから、つねに笑顔でいないといけない」といった悩みが投稿されていて、中には「目力が強いと怖がられるから、優しげな目に憧れる」という人もいるほど。
 
そんな“ほどほどの目力”が欲しい人におすすめなのが、「ジリサンメイク」というテクニックです。自分のまぶたをよく見ると、目尻のキワが三角形のような形で開いているのがわかるはず。この三角形の部分にアイラインを施すのがジリサンメイクで、目の印象がキツくならない程度に目力アップを狙えます。
 
具体的なやり方としては、アイシャドウ・アイラインを施すところまでは普通のメイクと一緒。そこから上まぶたの内側にアイライナーで“インサイドライン”を引き、さらに目尻から数ミリだけラインを伸ばします。後はアイライナーを寝かせて目尻のキワを塗り、ブラシでぼかせばOK。たったそれだけで目尻が伸びた優しげな目元を作りつつ、目を大きく見せることができるでしょう。

ちょうどいいアイメイクのポイント

他にも“ほどほど目力”を作る際のポイントがいくつかあるのでご紹介します。目が大きい人の場合にはアイシャドウの重ね塗りをしたり、下まぶたにアイライナーを施すと化粧が濃く見えがち。アイラインで目を囲むのは避けて、上まぶたに細めに施すか、インサイドラインだけにしておきましょう。また色はカラフルなアイシャドウや黒系のアイラインは使わずに、目立たないブラウン系をチョイスするのがおすすめです。
 
また眉メイクも顔の印象を大きく左右するもの。眉の輪郭をしっかり描きすぎると、目元の印象が強くなるのでNGです。とくに眉頭はナチュラルに処理して、眉の中央から眉尻へのカーブもゆるやかに描くこと。さらに眉マスカラを使って淡いブラウンに色を変えると、より優しげな印象の目元を作れますよ。
 
画像出典:Maria Morri / tupareita 1 (from Flickr, CC BY 2.0)

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。