美容スペシャリストな自分になるために

アイリストは通信講座でどこまで学べるのか


 

アイリストになるには、まつ毛の施術に必要な技術と知識を身につけなければなりません。近くにスクールが無かったり、スクールに通う時間が取れなかったり様々な理由があると思いますが、スクールの他に通信講座で勉強する方法があるのです。ですが、本当に通信講座での勉強だけでアイリストになれるのでしょうか。

アイリストの勉強は資格取得を目指して

まず、はじめにアイリストとしてサロンで施術を行うには、「美容師免許」が必要です。

 

その他、「JEA(日本アイリスト協会)」や「JLA(日本まつげエクステンション協会)」など、民間で取得できる資格は数種類あります。これらは試験の合格だけでなく、スクールでの受講を完了すると同時に取得できる資格もあるのです。

 

サロンに就職するのであれば、こうした資格を取得している方が有利となります。お客様へのアピールにもなりますが、なにより専門的な知識を身に付け、技術を持っているアイリストの方がお客様からの信頼も獲得出来るのです。

 

また、アイリストが施術を行うのは「目」の周りであり、技術や知識が不足していると、思いがけないトラブルを起こす場合もあります。安心して仕事をするためにも、資格取得を目指して勉強するべきでしょう。

通信講座でも勉強や資格の取得ができる


 

アイリストの勉強は対面式のスクールに通うのが一般的で、サロンの中には採用後に通わせるところもあります。けれども、近くにスクールが無かったり、スクールに通える時間が確保できなかったりする場合もあるでしょう。

 

そんな時は、「通信講座」で技術と知識を身につける方法があります。スクールに通う必要がなく、自分のペースで勉強ができるのです。費用は、DVDとテキストだけなら1万円台、これに専用の道具や施術用のマネキンが付属しても5万円くらいです。

 

通信講座の多くは、自分自身や友人にまつ毛の施術ができるようになる程度のレベルですが、完了するだけで「ディプロマ(資格証明書)」を発行するものもあります。受講期間の目安はおおよそ3~6か月程度です。スクールに比べると費用も時間も節約できますね。

通信講座で学べる基本的な内容

具体的に、通信講座ではどんなことが学べるのでしょうか。自分や友人への施術を目標としたレベルのコースで、好きな場所・タイミングでエクステの手入れができる“まつ毛エクステ”の習得を目指しています。

 

まつ毛エクステの講座では、まつ毛エクステの技法・スタイル・デザインを学んで、エクステの基礎知識からツイーザーなど用具の使い方を確認。DVDやテキストで学んだ内容を、マネキンを使って練習していきます。受講期間は3カ月ほどで、テキストや用具の代金を全て合わせて卒業までの学費は3万円ほど。

 

一方で、アイリストとして勤務しているスタッフがスキルアップを目指して受ける講座も人気です。カウンセリングから仕上げまでの流れをテキストで学習したり、衛生面や技術面、細かなコツも習得可能。ある講座では、10回ほどの添削指導と4回のチェックシートで技術の習熟度を確かめながら進めていきます。こちらのコースは1年ほどの受講期間を想定し、受講料は約8万円。

 

これらの通信講座では、受講後の試験に合格したり、レポート課題の提出などの条件を満たせばディプロマが発行されます。資格とは別種のものですが、実力のアピールにはひと役買ってくれるはずです。また、勉強に使うエクステなどの消耗品は開講しているスクールのネットショップで購入すると値引きが適用されるケースもあるので確認すると良いでしょう。

 

通信講座でアイリスト向けの民間資格を取る

プロのアイリストとしてさらなる活躍を目指すのなら、アイリスト向けの民間資格に対応している講座がおススメです。「まつ毛エクステンション技能検定」に対応している講座では、まつ毛エクステンションの歴史や目の構造などの理論を15万円程の学費で受講可能。

 

同講座の上級者向けのコースでは、26万円台の学費でデコレーション技術や、施術時間の短縮テクニックなど実際にサロンで役立つ能力が身につきます。修了者が「アイデザイナー技能検定1級」を取得したケースも見られました。

 

さらに実践的な技術力を身につけるコースでは、デザイン力やスピーディーかつ確実な技術の習得を狙います。カウンセリングからクレーム対応まで、アイリストに必要な技能を幅広く学んでいきましょう。

 

ちなみに、日本まつ毛エクステンション認定機構が発行している「まつ毛エクステンション衛生管理士資格」では、オンライン講座を受ける事も出来ますのでチェックしてみてくださいね。

対面で勉強する機会も必要

いくら教材があっても通信講座は基本、独学です。分からない時にすぐ確認できず、自己流で覚えてしまう恐れがあります。いざ就職しようとしても、技術や知識が通用しない事もあるかもしれません。それ以前にモチベーションが続かず、挫折してしまう可能性もあるようです。

 

理想としては、通信講座だけでなく、対面のセミナーにも参加するのも良いでしょう。1日から数日で修了する短期集中講座を実施しているスクールもありますので自身が必要とする技術セミナーを探してみましょう。

プロのアイリストを目指すなら

まつ毛エクステ比較
 

近年まつ毛の施術に関するトラブルが相次いだことから、消費者庁喚起の元、業界全体で技術や知識の向上が急がれています。そのために十分な教育が必要なのは言うまでもありません。

 

まつ毛の施術をするための勉強は通信講座でも可能ですが、サロンへ就職したり、お客様から信頼されたりするには、時間と費用をかけることも大切です。プロのアイリストを目指すのであれば、対面で指導を受けながら技術や知識を身につけるのが望ましいでしょう。

この記事に関連するキーワード

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。