美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.06.09

アイリスト

その洗い方が老け顔を作る原因になってるかも!? 目元の“色素沈着”を防ぎたければクレンジングをマスターせよ!

アイメイクを毎日していると、気づかないうちに目の周りがくすんでくるもの。目の周りのくすみは“色素沈着”が原因なのですが、アイメイクの濃い、薄いにかかわらず普段の手入れで起こってしまいます。老けて見える原因にもなる色素沈着はどうすれば防げるのでしょうか。

一気に老けて見える! 目元の“色素沈着”の原因とは?

ネット上を見ると「目の周りに色素沈着が起こってる。アイメイクがっつりやりすぎなんだろうか」「毎日しっかりめにメイク落としてるのに、色素沈着してきたんだけど!」といった声が上がっており、メイクが落とし切れていないせいで色素沈着が起こると思っている人が多い様子。
 
確かにメイクが肌に残ることで色素沈着が起こる場合もあるようですが、大きな原因は肌への外的刺激だと言われています。目の周りは皮膚が薄く、乾燥や刺激ですぐに肌がダメージを受けてしまうもの。そして肌がダメージを受けることで、メラニンが大量発生し、色素沈着が起こるパターンが少なくありません。ダメージの主な原因として考えられるのは、メイクやクレンジングの際の“摩擦”。特にクレンジングの際に摩擦が起こりやすいのですが、SNSなどには「アイメイクをガシガシ落として色素沈着を防ぐ!」といった声も見られます。しっかりクレンジングするのは大切ですが、その結果色素沈着が起こるなんて悲劇ですよね。色素沈着を起こさないためにも、適切なクレンジングをしっかりとマスターしておきましょう。

アイメイクの落とし方の極意は“とにかく優しく”

まず気をつけたいのは、アイメイクを落とすためには顔全体を洗うクレンジングではなく、目元専用のクレンジングを使うということ。アイメイクリムーバーを使用し、優しく落とすのがポイントです。
 
まずアイメイクリムーバーを含ませたコットンでまつげを挟み、マスカラがリムーバーに馴染むのを待ちましょう。数十秒待ったらまつ毛を引っ張らないように気をつけながら、マスカラをふき取ってください。その後、リムーバーを含ませたコットンを瞼にのせ、アイシャドウを上から下に向かってそっとふき取ります。この時に「しっかり落とさなきゃ!」とゴシゴシしてしまうと老け顔まっしぐら。力を入れたい気持ちをぐっとこらえ、優しくコットンを滑らせるのが大原則ですよ。下まぶたも同様に優しくコットンでふき取ったら、目元のクレンジングは完了。その後顔全体にクレンジングをしたら、化粧水や乳液で肌を整えます。さらに目元専用のアイクリームなどを塗ると、乾燥による色素沈着を防げます。
 
デリケートな目元をいつまでも綺麗に保つには、刺激の少ないクレンジングが必須。すっぴんを見て「老けた…」と落ち込まないためにも、正しいアイメイクの落とし方を覚えておいてくださいね。
 
画像出典:Karolina Mis / Shaving Cream in My Hand (from Flickr, CC BY 2.0)

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。