美容スペシャリストな自分になるために

2016年6月7日更新

アイリスト

セルフまつ毛エクステで思い通りのまつ毛を手に入れよう!


人工のまつ毛をつけることで、目元を華やかにしてくれるまつ毛エクステ。化粧の時間短縮にもなるので、まつ毛エクステの施術を受ける女性はすごく多くなっていますよね。でも、サロンに行くと大体1回で5,000円以上かかりますし、サロンに行く時間がないという人もいると思います。
 
そんな人のために、今では自宅でできるセルフまつ毛エクステというものがあるんです。セルフまつ毛エクステなら、自分の思い通りにまつ毛をつけることができますし、一度必要な道具をそろえてしまえば何度も施術することができるのでサロンに行くよりも金銭的にお得! 今回はそんなセルフまつ毛エクステについて紹介していきます。

セルフまつ毛エクステのメリット

自分でやるには安全面が怖いし難しそうだから…となかなかチャレンジしにくいまつ毛エクステですが、メリットもたくさんあります。そこでまず、セルフまつ毛エクステのメリットについて見ていきましょう。

サロンに行くより断然安い!

サロンでまつ毛エクステをしてもらうと、大体1回5,000円~1万円がかかります。まつ毛エクステをキレイに保つには1カ月に1回程度はサロンに行った方が良いと言われているので、多ければ年間で10万円以上かかってしまうことに。
 
ですが、セルフまつ毛エクステなら、道具をそろえてしまえば何回でも施術できます。その上、必要な道具をそろえるのにかかる金額は1万円前後で済むので、消耗品のエクステやグルーなどを買い足していくとしてもサロンより断然安くエクステができますよ。

自分好みの目元にできる

サロンで施術を受けるとき、どうしてもイメージに違いが生じてしまって自分の想像通りのまつ毛にならないことがありますよね。ですが、セルフまつ毛エクステなら自分の理想のエクステをつけることができます。エクステの種類も自分で選べますし、ボリュームが足りないと思ったらつけ足したり、気に入らなければやり直したりすることも簡単です。慣れるまでは多少難しいかもしれませんが、できるようになれば自分の思い通りの目元を手に入れることができるでしょう。

好きなときにまつ毛エクステを楽しめる

セルフでできるようになればサロンに行かなくていいので時間の短縮になりますし、自分のスケジュールに合わせてつけたり外したりできるようになります。最初は施術に慣れないので時間がかかるかもしれませんが、慣れてくれば両目に60本ずつエクステをつけるとしても30分くらいで施術できるようになりますよ。
 

セルフまつ毛エクステの方法

次はセルフまつげエクステの方法についてご紹介! ネイルやエステなどの施術に比べて複雑ですが、慣れてしまえば簡単。専用のキットなども売っているので、気軽にチャレンジできるはずです。

1.まつ毛エクステをつけるための準備をしよう

まつ毛エクステをするために必要な道具を用意します。今はセルフエクステ専用のキットが販売されているので、初めて挑戦する人はセルフキットからチャレンジするのがオススメ。そのほかにも、鏡や綿棒を用意しておきましょう。化粧をしている場合は化粧を全部落とし、グルーがつきやすくなるようにあぶらとり紙などでまつ毛や目の周りの油分を落としておきましょう。

2.サージカルテープでまぶたを固定

目の周りの皮膚にグルーがつかないように、サージカルテープを貼っておきましょう。また、目の上にサージカルテープを貼ってまぶたを引っ張り、まつ毛の根元を見やすいようにするというやり方もあります。
 

3.まつ毛エクステをつけていく

自まつ毛の根元から少し離れた部分にエクステをつけていきます。目は体の中で最も弱い部分の一つ。とにかく慎重に施術を進めていくようにしましょう。

4.まつ毛を乾かす

まつ毛をつけ終わったら、乾かしていきましょう。このとき、エアーブロワーがあれば効率が良いですし、なければドライヤーの「冷風・弱」などでも代用可能です。あまり勢いよくやりすぎるとズレてしまうので気をつけてください。エクステをつけてから、きちんと乾くまでグルーによっては4時間以上かかることも。その間なるべく目を触らず、水もつけないようにすることが長持ちさせるためには大切です。

オフの方法

つけるだけではなくまつ毛エクステのオフも自分で行うことができます。まずは、薬剤が目に入らないように、オフしないほうのまつ毛の上にコットンを置き目を閉じます。グルー台などの上に出しておいたリムーバーを綿棒につけ、エクステ部分を数回やさしくなでると、グルーが溶けてエクステが取れてきます。もし取れない場合は、そのまま1、2分放置してからなでると自然に外れるはずです。
 
最後に精製水などをなじませたコットンでグルーをきちんとふき取りオフ完了。完全に取り切れていないと感じた場合は無理やりオフせずサロンに行くようにしましょう。無理なオフはトラブルの元になるので要注意!
 

セルフで行うときに注意すること

サロンでは美容師資格を持っている人しか施術できないまつ毛エクステ。自分で施術するときには細心の注意が必要です。ツイーザーやエクステ、グルーが目に入らないようにするのはもちろんのこと、道具の衛生管理などにも気を配るようにしておきましょう。
 
また、慣れるまでは難しいのでゆっくりと丁寧な施術を心がけること。もし、セルフまつ毛エクステを行い、なにか目に違和感を感じたらすぐにオフして病院で診てもらうようにしてください。まつ毛エクステで大きなトラブルにならないように、慎重に行動しましょう。
 


 
 
セルフまつ毛エクステは、練習したり何回もチャレンジすることで慣れていき仕上がりも良くなっていくもの。ですが、本来は美容師資格がなければ施術できないほど危険性も孕んでいるものなので、もし挑戦する場合は注意点をしっかりと守って慎重に行いましょう。

アイリストの関連求人

アイリストになるための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。