美容スペシャリストな自分になるために

2016年6月8日更新

アイリスト

アイリストも知っておいて損はない! まつ毛エクステのセルフケア方法を覚えて、美しい目元を長持ちさせよう!!


まつ毛エクステをした際、1カ月はキレイな目元が保てる! と思ったら短い時間でエクステが取れてきたり毛先がバラバラになってしまった…なんて経験をしたことのある人もいるはず。まつ毛エクステはケアを怠ってしまうと長持ちしないことがよくあるんです。
 
髪の毛や肌と同じように、まつ毛エクステもケアをしてあげることが大切。自分のまつ毛をケアするのとは違った方法が必要になるので、まつ毛エクステに適したケアの方法を覚えておきましょう。

まつ毛エクステをケアするとどんな良いことがあるの?

まずは、まつ毛ケアを行うことでどんなメリットがあるのか紹介していきます。ケアは毎日欠かさずに行うことで、より効果が発揮されるもの。サボらずにケアを続けて、美しい目元を手に入れましょう。

より長い期間まつ毛エクステを楽しめる

ケアをするとエクステの持ちが良くなり、より長い期間まつ毛エクステを楽しむことができます。サロンに行く回数が減るので、予定を開けたり時間を作ったりする面倒を省くことができるのも魅力の一つです。

美しいまつ毛を保てる

エクステをつけている期間中、ずっと美しいまつ毛を保つことができるのも大きなメリット。まつ毛エクステはケアをせず放っておくと、新しいまつ毛が生えてきたり、接着が弱くなってまつ毛の向きがバラバラになってしまうことがあります。そうしたことが起こらないようにするためにも毎日のケアが大切です。

トラブル防止につながる

目への施術であるまつ毛エクステは大きなトラブルの原因になることも。毎日ケアを行えばグルーやエクステが目に悪影響を与えないようにしたり、トラブルになる前に対処したりすることができます。体の弱い部分に手を加えている、ということを意識して丁寧にケアをするようにしましょう。
 

まつ毛エクステのケア方法・当日編

まつ毛エクステをした当日にも、注意しなくてはいけないことがあります。そこで大切なのは、洗顔を控えるということ。まつ毛エクステの接着剤・グルーは完全に乾ききるまで4~5時間が必要になると言われています。グルーが完全に乾くまで湿気を避けたり水がつかないようにしたりすることで、グルーがキレイに固まりエクステの持ちが良くなるので、当日は洗顔を避けてお風呂やシャワーなども次の日の朝にするのがオススメです。施術もメイクを完全に落としてから受けるようにしましょうね。
 

まつ毛エクステのケア方法・日常編

次は、毎日のケアで大切なことを紹介していきます。きちんとケアすることでまつ毛エクステの耐久期間は断然変わってきますよ。

絶対に濡れたままにしない

グルーはとても水に弱いもの。濡れたまま放置してしまうと、接着部分がはがれやすくなってしまいます。上向きでキレイなまつ毛を維持するためには、すぐに乾かすことが大切です。まつ毛を乾かす際にはドライヤーを使用すればいいのですが、グルーは熱にも弱いので温風は避け、冷風でゆっくりと乾かしていきましょう。

目をこすらない

当たり前ですが、目をこすらないこともとても大切。触ったりこすったりしてしまうことで、エクステが取れやすくなるだけでなく瞼や目元のたるみにつながってしまうことも。クレンジングや洗顔をするときも、こするタイプのものでなくジェルや泡タイプのこすらずに落とせるものを使用するのがオススメです。

うつ伏せ厳禁!

うつぶせで寝るのはなるべく避けるように気をつけましょう。エクステがこすれて取れやすくなりますし、まつ毛エクステに寝癖もついてしまいます。もし寝癖がついてしまった場合は、ホットビューラーで直すようにしてください。挟むタイプのビューラーはエクステや自まつ毛の接着部分にダメージを与えてしまうので、使用を避けたほうが良いでしょう。

オイル入りのクレンジング剤は使わない

エクステをしているときは、オイル成分の入ったクレンジング剤はNG。エクステは油に弱いので、オイルが含まれたものを使うと外れやすくなってしまいます。また、アイメイクを落とす際にも、綿棒を使ったり、コットンにリムーバーを浸み込ませ化粧を浮かせてから落とすなど、なるべくエクステに触らないように気をつけるようにしましょう。

まつ毛も毎日とかして整えよう

髪の毛と同じようにまつ毛も毎日とかすことで、まつ毛同士が絡まってしまったり向きがおかしくなったりすることを防げます。見栄えもキレイになりますし、絡まってまつ毛が痛むこともなくなります。眉毛用のコームを利用してまつ毛を整えることを、毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。
 


 
 
今回は、まつ毛エクステのケア方法について紹介してきました。自分なりのまつ毛ケアの方法があるなら、それと組み合わせればより効果的かもしれませんね。キレイなまつ毛を維持するためには毎日の積み重ねが大切。ケアを怠らず、美しい目元を手に入れましょう。

アイリストの関連求人

アイリストになるための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。