美容スペシャリストな自分になるために

2017年2月3日更新

アイリスト

美容師免許を活かして働く! Wワーク、副業としてのアイリストの働き方やアイリストにおすすめの副業


まつげエクステの流行とともに増えているアイリストのお仕事ですが、実はほとんどのサロンが人手不足で困っているそう。「なりたいけどハードルが高い…」という人もいるかもしれませんが、アイリストは美容師免許とまつエクの知識があれば就ける仕事で、Wワークとしても人気があります。
 
今回は、Wワークとしてのアイリストのお仕事や働き方についてご紹介していきます。現在アイリストとして働いている方向けに、アイリストを本業としたときのおすすめの副業も取り上げていますので、収入アップや新しい経験がしてみたくて副業を探しているという方は、是非参考にしてみてくださいね。

Wワークとしてのアイリスト

アイリストを副業としている人の多くは、美容師やネイリストなど他の美容系のお仕事を本業としています。美容師免許を持っているのだから、副業でもそれを活かした仕事がしたい、と考える人が多いんですね。また、子育て中であったり専業主婦であったりする人が、家庭の副収入としてアイリストになるというケースもあるみたいですよ。
 
アイリストとして施術を行うには、美容師免許を所持していなければいけないと法律で定められています。ですが正社員ではなく、あくまでアシスタントという立場であれば、サロンによっては美容師免許を持っていなくても働けるところがあるようです。美容師免許を取得するまでの間、美容に関わるお仕事がしたいという方にもうってつけなので、そういったサロンの求人を探してみてはいかがでしょうか。
 

副業としてのアイリストの働き方

アイリストの求人自体は、短時間勤務のものから週2日休みのものまで、様々な勤務体系のものがあります。業務委託や派遣という雇用形態もあるため、本業や自分のライフスタイルに合った働き方が出来るサロンを探してみましょう。Wワーク歓迎としているところなら、本業との兼ね合いについてオーナーと相談してみるのもいいでしょう。
 
ところで、美容師免許を持っていてもいきなりアイリストとして働けるというわけではありません。まずはまつげエクステについての正しい知識や技術の習得が必要です。働き始めてから研修を受けられ、まつげエクステについて学べるサロンもありますが、副業としてのアイリストを目指すなら面接を受ける前にアイリストのセミナーや講座を受講しておくことをおすすめします。
サロンによっては、研修に力を入れているところもあります。就業時間後になることもありますが、きちんとカリキュラムを組んでアイリストとしての知識・スキルをレクチャーするところもあるので、チェックしてみましょう。

アルバイトやパートとしての採用の場合、あまり店に出られないと研修期間がそれだけ長くなってしまいますし、そもそも未経験だと採用時にも不利になってしまいます。短時間・短期間のセミナーもいくつか開催されていますので、仕事終わりや休みの日などに通ってみてはいかがでしょう。
 

アイリストにおすすめのWワーク

現在アイリストとして働いている方にも、美容師免許を活かせるおすすめの副業があります。美容師としての知識が充分備わっているなら、アルバイトを募集しているサロンで美容師を兼業することが出来ますね。こちらも探せば「未経験OK」や「Wワーク歓迎」という条件のサロンは多くあります。美容師だけでなく、ネイリストやヘアメイクのお仕事も、同じように副業にできるんですね。
 
また、在宅でできるお仕事で稼ぐという選択肢もあります。ブログを開設して広告収入で稼ぐ「アフィリエイト」という方法なら自分の時間があるときに出来ますし、ブログで働いているサロンのことやアイリストとしての自分のことを上手く紹介すれば、本業での集客にもつながるかもしれません。
 
美容のお仕事にこだわらなければ、24時間営業の店やナイトビジネス、WEB関係の在宅ワークなど様々な副業が選べます。副業をすれば、限られた時間の中であっても新しい知識や経験が身につく上、収入も増えて生活をより良いものにできるはず。さらに自分に合った副業が見つかれば、アイリストとしてのスキルアップも目指せるかもしれませんね。
 
画像出典:Andy Rennie / Mascara (44/365)(from Flickr, CC BY 2.0)Maria Morri / mascara chanel de volume 1(from Flickr, CC BY 2.0)Jessie Jacobson / getting all girl’d up(from Flickr, CC BY 2.0)

アイリストの関連求人

アイリストになるための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。