美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.03.25

作成:2017.02.16

アイリスト

マツエクのラッシュリフトアップ!どんなもの?おすすめは?


 

みなさんは、マツエクのラッシュリフトアップはご存知でしょうか?「ケラチンラッシュリフト」とも呼ばれています。ヨーロッパ生まれの「ケラチンラッシュリフト」はLAの海外セレブやハリウッド女優などの間で注目されたのをはじめとし、日本にも入ってきた技術なのです。

 

施術方法はケラチン配合の溶液を自まつげに塗布し、根元から立ち上げるトリートメント。タンパク質のひとつであるケラチンは、傷んだ髪の毛や自まつげ部分に塗布をすると内側から修復し、健康に導いてくれる働きが期待できます。

 

個人差はありますが、8~12週間と効果があり比較的モチが良いのも嬉しいですね。何度もメンテナンスに行かなくてもよいところがケラチンラッシュリフトの特徴でもあります。

ラッシュリフトアップで目元が明るくなる!

まつ毛の長い女性の画像

 

マツエクのラッシュリフトアップと聞いても、「どんなものかイメージがわかない」という人もいるでしょう。マツエクのラッシュリフトアップとは、「つけたマツエクを上向き」にすること。

 

その仕上がりの美しさは驚異的で、まるでビューラーであげたばかりのような、上向きのまつ毛が手に入ります。まつ毛パーマをかけるときに比べて自然な仕上がりになること、薬液を使わずにつくれることから、現在注目を浴びているものです。

 

このラッシュリフトアップには、ケラチンというたんぱく質を使って行われます。そのため、目にダメージが行きにくく、安全な施術方法でもあります。

下向きまつ毛さんにオススメの施術です

まつ毛の長い女性の画像

 


 

ラッシュリフトアップは、「ビューラーを使うのがヘタで、なかなかまつ毛が上がってくれない」「長くはあるけれど下向きまつ毛。寂しそうな顔になってしまう・・・・・・」「ビューラーであげているのになかなかカールしなくて困っている」という人におすすめの方法です。

 

また、「まつ毛パーマをかけたけれど、どうにもできあがりが不自然…」「まつ毛パーマの薬液が不安」という人にとっても力強い味方となります。しかし、ラッシュリフトアップは特殊な技術であるためマツエクプランを扱っているお店であっても、「ラッシュリフトアップはやっていない」というところがあります。そのため、ラッシュリフトアップを希望するのであれば、ちょっと調べなければなりません。

 

また、ラッシュリフトアップは「マツエクにプラスして行うプラン」であるため、通常のマツエク料金に加えて追加料金が発生します。料金はサロンによって異なるかもしれませんが、「両目の施術で、マツエク料金プラス2160円、片目の場合は1080円」というプランを提示しているところがありますので、これが一つの指標となるでしょう。

 

ラッシュリフトアップはアメリカで生まれた技術だと言われていますが、現在では日本のマツエクサロンでも扱われるようになりました。マツエク業界は日々進歩しているので、10年後にはまた、現在では考えもつかないような新しい技術が出てきているかもしれませんね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。