美容スペシャリストな自分になるために

目元を美しく見せる写真の撮り方

目の写真を撮ったとき、想像以上に上手く撮影できなかった経験はありませんか?
 

「購入したカラコンの色をキレイに写したい」「アイメイクが上手くいったから可愛く写したい」「初めてマツエク付けたからボリューム感を写真に写したい」など、お洒落をしたときには人に見せたくなるもの♪

 

けれど、実際に写真を撮ってみると「あれ?なんか違う」と思うことも。ただカメラのシャッターを押すだけでは、キラキラと輝き、人を惹きつける魅力のある瞳にはなりません。

 

目元を美しく見せる写真の撮り方にはコツがあるんです。そのコツをまとめているので、目元の写真の撮り方が知りたい人は参考にしてみてくださいね。

 

誰でもできる!美しい目元を撮影するコツ

カメラの露出を高めに設定する

デジカメやスマホなら、カメラの設定でプラス・マイナスのマークがあります。その数値を少しずつプラスに上げてください。あまり露出の数値を上げすぎると白飛びしてしまいます。しかし、少し飛ばすくらいであれば目尻のシワやくすみが消えて綺麗な目元を写すことができますよ。

 

ホワイトバランスの設定を変える

ホワイトバランスとは光の色温度のこと。デジカメやスマホの場合「WB」と書かれているか、蛍光灯や電球のマークがあります。その設定を変えると青っぽく写ったり、赤っぽく写ったりします。どんな印象の目元に見せたいか決めて、ホワイトバランスを調整しましょう。

 

「色白の肌にミステリアスな瞳」というイメージで撮りたいならホワイトバランスの数値を上げる、「夕日を浴びているような優しい目元」のイメージで写真を撮りたいならホワイトバランスの数値を下げてください。

目に光を入れる

キラキラと輝くアイドルのような瞳を撮影したい方向けの方法です。

手持ちのライトを直接当てても良いですし、目の中にラメを散りばめたように見せる「キャッチライト」というものを使ってみるのもアリ。目に光を入れて撮影できるようになれば、目元の撮影のバリエーションが広がりますよ。

あえて目を閉じる

上手くいった目元メイクを撮影したい人は、目を閉じたまま撮影するのも1つの手。

 

無理に目を開けて撮るのではなく、あえて目を閉じることで、撮影に不慣れな人でもリラックスしてシャッターを押せます。写真を撮るのに手ブレをしてしまう人は、セルフタイマーにして目をつぶっておくと、ブレずに目元の写真が撮れるようになりますよ。

 

カメラアプリケーションを使用してみるのもおすすめ

 

生活に欠かせない携帯電話。今ではデジカメや一眼レフカメラなどを持ち歩くより、普段から使用する携帯電話についているカメラ機能が大活躍していますよね。

 

携帯電話に付属するカメラ機能も、デジカメ等に引けを取らないレンズを使用しており十分キレイに写せるのですが、カメラアプリケーションが多く出ています。無料でダウンロード出来るものも多く、自分の好みの仕上がりで選べるのも嬉しいところです。

 

ほとんどのカメラアプリは、加工ができるものが多く、撮った写真に調整を加えながら保存ができる優れもの!

 

中には、色味を変えるだけでなくシェイプ機能やスキン機能など実際の体形を絞ったりお肌をきれいにしてみたり思い通りの写りを実現できるのです。他にも、モザイク加工をしたり文字やイラストも追加が出来て様々な用途で使えます。

 

 

まとめ

目元をアップで撮る場合、鏡を置いて写りを確かめながら撮影すると良いです。

鏡は卓上タイプで角度が調整できるものが使いやすいです。写真を撮るときは窓側を向いて、自然光があると肌が明るくキレイに見えるのでおススメです。

 

目元を撮るときは、なるべく鏡に近づいてアップで撮ってみましょう。

写真を撮るときに離れて撮ると、トリミングした時に画質が粗くなってしまいますので、できるだけ鏡に近づいて撮ることをおススメします。

 

この時、ピント調整をしたほうが良いのですが、オート調整の場合、自動で調整してくれて便利なのですが、思ったところにピントがあってくれない事も多く、目元がぼやけてしまうのでピント調整はマニュアルを使うと良いかもしれません。

 

目元をタップすれば自動でピントが合いますので、操作も難しくありません。

 

写真を撮るときに正面から撮るよりも少しだけ下向きに撮ったほうがアイシャドウやまつ毛の流れがキレイに見えるので、鏡の角度を調整して一番良い角度にしてみましょう。

 

あとは、目に自然の光を取り入れるために、目線はカメラの少し上に置くといいです。日の光が目に入ってきやすいので、目がキラキラして見えます。

 

また「眉を軽くあげる」のもおすすめ♪伏し目がちになってしまう人は眉をあげることを意識してみてください。眉がたった数ミリ上がるだけで、目が劇的に大きく見えるようになります。眉を軽く上げてみてください。

 

そのあとは目元だけを際立たせるため、周りをトリミングすれば完成です。

これで、あなたも思い通りの目元写真が撮れるようになります♪

女性の目元

アイリストの関連求人

アイリストになるための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。