美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.02.27

アイリスト

なぜアイリストはヘルニアになりやすいのか

手鏡を見る女性
美容師からアイリストに転職する理由として、ヘルニアを原因にあげる人もいます。なぜ美容師の方に多くヘルニアに悩まされている方がいるのでしょうか?今回はアイリストも知っておきたいヘルニアの原因と対処法についてお伝えします。

ヘルニアとは?

腰椎椎間板ヘルニアとは、いわゆるぎっくり腰のかたちで発症する、腰付近の激しい痛みをともなう症状のものです背骨の間にある椎間板という部分の中身が、膨張やはみ出すことにより、その後ろにある神経を圧迫し、痛みやしびれなどを生じさせます。

ヘルニアは美容師に多い?

美容師のアイテム
椎間板ヘルニアの原因は、背骨に継続的なストレスが掛かることで発症しやすくなります。美容師の場合、シャンプーの腰を曲げた姿勢や、カットやパーマのときは無意識に腰に負荷のかかる体制になってしまうことが多いようです。立ちっぱなしでの仕事も、原因の1つですね。

アイリストのヘルニアの危険性は?

立ちっぱなしや無理な体制の多い美容師と比較すると、アイリストは座っての施術、腰を曲げる動作もそんなに多くはないので、比較的心配はしなくて大丈夫です。ですが、作業に集中しすぎるあまり、体制が崩れてしまうことはありますので気を付けましょう。
 
もしヘルニアが悪化してしまうと、施術が行えないのはもちろん、出社自体もできない可能性があるため、油断は禁物です。ヘルニアが原因で美容師からアイリストに転職された方も、一度ヘルニアになってしまうと、再度痛みを伴うほどの症状まで悪化してしまうケースもあります。
 
アイリストとして働いている場合でも、普段の体制には気を付ける必要がありますね。

ヘルニアにならないための予防方法

ヘルニアにならないためには、日々のお仕事で腰へのストレスを減らすことがとても大切になってきます。
 
美容師やアイリストのお仕事は、一定の体制を保った姿勢で長時間集中することがとても多いと思います。そんな状態でいる時は、片方の足に体重を乗せたり、悪い姿勢にならないように正しい姿勢を意識しましょう。
 
また歩く機会を増やすことで腰へのストレスを減らすことが出来ます。立っている姿勢で体をねじらずに、前後に手を振るだけでも腰へのストレス軽減には効果があります。
 
腰に大きなストレスが掛かりやすいのは、施術中のまつ毛に集中している時など、前かがみの状態です。頭は体の中でも重たい部分になるので、それを腰より前に出る、前かがみの体勢は腰への大きなストレスとなります。
 
こういった姿勢には注意が必要です。こまめにストレッチをはさみましょう。ここでも腰を反らせるなど軽いストレッチは、腰へのストレスの軽減になります。
 
また、重たい物を持ち上げる時など、中腰の前かがみも要注意です。そんな時は、腰と一緒に膝を曲げて持ち上げることで腰への負担を減らす事が出来ます。

アイリストも油断は禁物という事

腰痛に悩む女性
日頃のちょっとずつストレスの軽減を意識することで、ヘルニアの予防になります。
 
ご紹介した通り、美容師は比較的ヘルニアになりやすいと言われていますが、決してアイリストへ転職したからと言ってヘルニアを発症しないとは限りません。
 
ヘルニアの原因を知り、そうならないための対処法や知識を身につけましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。